英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
2011-12-25 の記事

「ギラギラ☆落語ボーイ...

落語小説。
と書いても何のことやらわからないかもしれません。

いうなれば、落語版「巨人の星」パロディー、といえば通じる人には通じるかもしれません。

二つ目になったばかりのピョン太という落語家。
受けない。
仕事がない。
金がない。
三拍子そろって、それでも、おれはプロの落語家だ、というプライドはある。
うまくなくても、自信とプライドはあるから、結構な大ネタを寄席でやる。
あげくに、自己満足の落語をやってんじゃない!としかられる。

ある日、「商店街のお祭りで落語をやって」と頼まれる。
金になるなら何でもやるさ、というわけで、参加するものの、ここには、もう一人出演者がいた。
豆家小三郎。
落語協会に属さず、したがって寄席にも出られない豆家系。
だから、こうしたチャンスにかける熱意はすごくて、端から爆笑をとる。
ピョン太の出来は最悪。

こうした屈辱などから、だんだんとピョン太のやる気にも火がつき始める。

それでも、自信とプライドは邪魔をするのだけれども、だんだんと謙虚さが生まれてくる。

商店街のじいさんばあさんにしごかれ、場を与えられて、それでもちょっとずつ進歩していくピョン太。

この後もまだまだ修行は続くわけですが、たぶん「巨人の星」のパロディーだという意味はご理解いただけたのではないでしょうか。
好きなんです、こういう話。泣けますね。

Posted at 2011年12月25日 23時14分41秒  /  コメント( 0 )