英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
2018-05 の記事

初対面の4分間

初対面の4分間

What makes people become friends or not?

Many people point out the first impression is important.

They say people depend on the impression when they get the first meeting.

That's why we have to be careful about what we wear, how we look and how we talk.

According to Dr. Zunin, the first interaction between strangers is significant.

Especially, the first four minutes.

When we were introduced to each other, we spend a few minutes talking.

Dr. Zunin observed a lot of people talking each other for the first time.

His observation tells that after the first four minutes, people decide whether they will stay with the person or not.

If they are interested in the person whom they are talking with, they will continue talking.

If they are not, they just greet and leave.

Then what should we do during the four minutes?

Zunin's theory says, you have to be confident, happy, and friendly.

But, some of you may think, if these are not my personality, then am I telling a lie to him?

No, says Dr. Zunin, you are not born self-confident or shy,

The point is you can choose which way you live.

Pretend as if you are self-confident, then, you can live that way.

Don't you think it is worth trying?

Posted at 2018年05月31日 08時25分34秒  /  コメント( 0 )

英検2級直前対策!(...

英検2級直前対策!(長文問題)

だれもが頭を抱えることの多い長文読解問題。

でも、実は、英検の長文読解問題は、解きやすいのです。

なぜか。

まず、長文には質問がつきものですが、この解答は、順番に出てきます。

たとえば、一つの長文に対して、3つの質問があったとします。

長文は3段落ある、としましょう。

1番の質問の答えは、最初の段落、2番はその次、そして3番目は最後の段落。

これが英検の性質です。

4パラグラフあったとすると、最初の二つの段落、たいていは二つ目の段落に、最初の質問の答えが出てきます。

これはかなり自信の持てる傾向です。

まず問題を読み、最初の1つ(または2つ)のパラグラフの中から答えを探せばよい。

そして、答えが見つかれば、次の問題を読んで、その答えを2番目(ないしは3番目)の段落から探すことになります。

かなり効率の良い読み方ができますね。

この法則は、全部の級を通じて変わりません。

センター入試にしても、TOEFLやTOEICにしても、ここまでかっちりした構成にはなっていません。

残された数日間の間にやっていただきたいことは、過去問題を、飢えのことを考えながら解いてみること。

頑張ってください。

最後に一つだけ。予想問題集ではなく、あくまで過去問題集を使ってください。

予想問題集では、こうした原則が成り立っていないことが案外あります。

では、検討を祈っています。

Posted at 2018年05月30日 16時39分28秒  /  コメント( 0 )

英検準1級直前対策!(...

英検準1級直前対策!(リスニング)

リスニングを試験直前に実力アップするためにおすすめなのは、耳慣らし。

直前まで、毎日丸ごと1回分のリスニングテストを聞いてください。

この時、毎日、違った回のリスニングテスト問題を聞こうとすると、大変です。

一回、一回、違った内容で、得意な人なら良いですが、そうでなければくたびれてしまいます。

そこで、毎回、同じものを聞く。

そうすることで、英語の表現や、スピード、そしてナレーターの声の質、というものに慣れていくことができます。

また、ひとつひとつの問題が、すこしずつですが、聞き取りやすくなったりします。

準1級のリスニングは次の3つのパートからできています。

最初は、普通の会話を聞いて、その後に読まれる質問の答えを、選択肢の中から選ぶもの。

これは、特定の熟語があって、それが聞き取れているか、ないしは、ある状況が理解できているかのどちらかがポイント。

事前に選択肢を見ておくと、どういう会話が読まれるのか何となくつかめるし、末尾に読まれる質問だけ聞いても、答えの想像がつくこともあります。

リスニングで高得点を狙うなら、筆記試験を少しでも早めに終えて、最低でも5分程度かけて、問題文を読むこと。

この予習がしてあるのと、してないのでは、まるで成績が違ってきます。

パート2が一番の難関。ある程度まとまった科学的(であることが多い)長文を聞いて、それに対して読まれる二つの質問に対して回答する、というもの。

ただ、全体としての流れが明確なので、音を聞き慣れれば、全体像をつかむのはそれほど大変ではなりません。

毎日、1回分のテストをやれば、6つずつ聞くことになります。

これは、かなり勉強になります。

少なくともここだけでも、今日から毎日繰り返してください。

パート3は、多分リスニング問題では一番各問題の得点が高い。

10秒間、書かれている状況と質問とに目を通し、電話の録音や、まとまった連絡事項を聞いた飢あと、質問に対してふさわしい解答をします。

この状況の内容は事前に読んでおくことをお勧めします。

それによって、読まれる内容がかなり想像がつき、それによって、正解をする確率も大きく上がります。

リスニングでは事前に予習をしておくこと、そして、できれば残された毎日、同じ問題を繰り返し聞いて、耳慣らしをすること。この二つが何より大切です。

Posted at 2018年05月30日 16時29分09秒  /  コメント( 0 )

英検1級直前対策!(英...

英検1級直前対策!(英作文)

さあ、いよいよ英検1次試験の日が近づいてきました。

今回は、1級の直前対策についてお話ししたいと思います。

英作文は、1次試験全体の三分の一のウェイトを占める大きな部分です。

今回は、作文のプランを立てるための考え方のポイントをご紹介しましょう。

どんなタイトルであれ、次の3つのポイントで考えると、肯定、否定の双方に当てはまるエッセイが思いつきやすいのでは?

それは次の3つ。

手間、暇、お金。

手間は effort です。あるいは、You have to work hard to realize ・・・でもいいですね。

暇。これは time です。It takes much time to do ・・・としていただくとよい。

そしてお金。It takes much money to ・・・で考えればよい。

どんなものでも、手間、暇、金はかかりますから。

英語学習で考えてみましょう。

まず、手間。If you want to study English, you have to work hard to realize your dream of becoming a fluent speaker of English.

あるいは、Learning English is a tough work. Still once you muster it. you can earn a lot of money.

暇。肯定だと、Everybody knows it takes much time to master English. For instance, you have to memorize a lot of words and phrases, grammar rules and so on.

否定だとすると、People often say that we spend 10 years studying English, but most of us do not think we are good speakers of English. Do you think you can still get a lot from learning English?

最後にmoney ですが、English works once you master it. You know, almost all the schools in Japan, there are English classes, and they need a lot of English teachers. English guarantees your life.

In order to master English, you have to spend much money on textbooks, lessons, and reference books.

とりあえず、手間、暇、金の3つをキィワードにしておくと、作文のネタには困らないのです。

Posted at 2018年05月30日 16時15分16秒  /  コメント( 0 )

海外ドラマが分かりま...

海外ドラマがわかりません!

「シャーロック」がわかりません!

こんな叫びが聞こえてきます。

お気に入りの海外ドラマが原語で味わいたいのに、ちっともわからない。

どうしたらよいですか。

「シャーロック」は難しいです。

イギリスBBCのテレビドラマですが、英語が速くて、そのうえ、表現が日本語で言われているのとまるで違う。

正直言って、わたしにもわからないところは非常におおい。

おそらく20年位前の話だと思うのですが、あるとき、海外の(特にアメリカの)映画やドラマの英語が一気に難しくなった時期があります。

それより前のドラマは、今聞いてもわかりやすい。

たしかに、一部の表現とか難しいものはあるのですが、それは名詞の問題だったり、先日この欄で述べたように、考え方のずれ、の問題だったりします。

ところが、この20年前の「異変」以来、難しいドラマが増えた。

トピックが分かりにくいのはあきらめがつきます。

悔しいのは、スピードと表現、音について行けないこと。

なぜか。

たぶん、リアリズム、という考え方です。

現実に使われている表現になるべく近づけようという考え方。

それまでは、アメリカファーストではないにせよ、この映画を世界に売るんだ!というスピリットがあったせいか、映画の英語もそこまでわかりにくくありませんでした。

ただ、ある時、特定の大学を舞台にした恋愛ドラマがあり、これが、その大学で使われているスラングや、言い方などを大量に脚本に使いました。

そのため、その大学に留学していた人には懐かしい映画になりました。

ただ、そうでない人たちにとっては、英語で話されているのに、わからない表現の多い映画になったのです。

それでも、自分の母語による映画であれば、2,3わからないところがあってもあまり苦になりません。

実際、わたしたちでも週刊誌など読んでいて、わからない表現が出てきても気にしない。

それとおなじて、母国語になじんだ人にとっては気にならない。

ところが、わたしたち外国人にとっては、かなり難しい表現の多い映画になってしまいます。

だから、あまり気にしないで、スルーしてください。

気に入った回、気になる表現は調べてみて、わからなかったら、どこかでネィティブにあった時に尋ねてみましょう。

それでも、「わからないな」と言われたことは何度もあります。

全体の流れが分かっていないと、意味が取れないことだってありますからね。

というわけで、悔しかったら、原作を参考に、何度も何度も見てみましょう。

とりあえず、それしか方法はなさそうです。

Posted at 2018年05月29日 19時48分04秒  /  コメント( 0 )

英語と日本語の間には...

英語と日本語の間には、暗くて遠い川がある

私の手元に、フランス語から英語に訳した「星の王子さま」があります。

なかなかの名訳に思えます。

でも、実際には、フランス語の原文を、ほとんどそのまま、英語に置き換えたものらしい。

ドイツ語の勉強をしていた時、英独辞典を手に入れて、出てくる単語をすべて英語に置き換えました。

ほとんど英語の文章になり、試験は簡単に乗り切ることができました。

ところが、日本語と英語との間は、こんなに簡単なものではありません。

残念ながら、一語一語の入れ替えでは、とても意味を成しません。

これは、文法構造が違うということが一番大きい。

ヨーロッパ系のたいていの言語や、中国語は英語の文法がかなり使えます。

実際、高校の時に使っていた漢文の教科書の文法のページを見ると、SV,SVC,SVO.などが縦書きになっているだけ。

ドイツ語と同じ方法が使えそうです。

日本語と英語の場合には、そうはいきません。

私は学生です。I am a student.

はいけますが、

明日は学校です。Tomorrow is school. では意味が解りません。

I have to go to school tomorrow. としなければ、読んでもわからない。

おそらく、文法だけではなくて、考え方が違います。

この部分を理解していくことが英語と日本語との間にはあって、それがどこまで広がっているのかわかりません。

解決するための方法としては、できるだけ多くの英文例を頭にいれて、それを必要に応じて取り出すしかなさそうです。

私たちが「英会話××日」では英語ができるようにならない理由はこのあたりにありそうです。

Posted at 2018年05月28日 19時37分42秒  /  コメント( 0 )

基本的な英会話力を身...

基本的な英会話力を身につけるために

まず、自分のレベルから考えて、簡単だな、というレベルの教材を選びます。

大人の方なら、講談社の「英会話・ぜったい・音読」(標準編)がおすすめ。

これは、中学校3年生のテキストのレッスンを集めたもので、CDもついています。

これをできるだけ毎日音読します。

できれば、CDと聞き比べて音読するとよいです。

1日30分。

1週間、毎日おなじトラックを読みます。

意味が解らないところがあれば、辞典で調べて、意味が確実になったら、何度も何度も読んで、見ないで言えるようにしましょう。

このとき、あわてて、暗記しようと思って練習しないこと。

繰り返していれば、だんだんといえるようになります。

学習の仕方は、この本に詳しく書いてあるので、できるだけそれに忠実に従ってやってみること。

次に英作文。

これは、先ほどの本をトラック10まではきっちりやってからやってほしいのですが、自分の生活で、音読教材と重なったようなところを、英文で書いてみる。

複雑にしない。

I went to school. I met Mr. O and talked about the book. I told him about a mystery story. I like this one. It was written by Seishi Yokomizo.

というような簡単なものでまずは十分。

ほかに、リスニングのやさしいものを繰り返して聞くとよいです。

できれば、こうした方法で、毎日自宅で30−60分やると、すこしずつですが、だんだんと英語ができるようになります。

エブリでも、こうしたレベルのコースを開講しています。

ご興味ある方はお問い合わせください。

Posted at 2018年05月27日 19時27分54秒  /  コメント( 0 )

最近、運動不足なんだ。

最近、運動不足なんだ。

海外ドラマをよく見ます。

ときどき英語を聞きつつ、日本語字幕で見たり、また英語字幕、英語音声にしたり、たまには英語音声のみでのチャレンジをしていますが。

最近、見たドラマのあるセリフがこれ。

「最近、運動不足なんだ」

ほんとによくある表現。

さて、英語だったらどういいますか。

答えはほんとにびっくり。

発想の転換です。

"I need to exercise."

たしかに。

Posted at 2018年05月26日 19時27分23秒  /  コメント( 0 )

わたしはこうしてやっ...

わたしはこうしてやってきました。

シャーロック・ホームズのベスト作品「まだらの紐」の依頼人との話が続いています。

"I have come on this morning with the one object of seeing you and asking your advice."

「わたしは、ホームズさんにお会いして、アドバイスをいただくことだけを目的に、今朝、こうしてやってきました」

"You have done wisely, " said my friend. "But have you told me all?"

「あなたのなされかたは賢明でした」と友人(=シャーロック・ホームズのこと)はいった。

「でも、全てをお話になりましたか」

"Yes, all."

「はい、すべてを」

"Miss Roylott, you have not. You are screening your stepfather."

「ストーナーさん、そうではありませんね。You are screening your stepfather.」

screening とはどういう意味でしょう。

動詞の screen のいちばん最初に、待望の意味が出てきました。

「・・を(光、熱から)守る、覆う、・・を(視野から)隠す、(危険から)かばう」

ですから、この部分は、

「あなたはあなたのお父さんをかばっていらっしゃいますね」

このセリフを受けて、ストーナー嬢は、こう答えます。

"Why, what do you mean?"

ここでwhyというのは、「なぜ」というより、驚いたことを表す言葉かもしれません。

だとすれば、

「ええ?どういう意味でしょう?」

さあ、なぜホームズは、彼女が義父をかばっている、というのでしょうか。

Posted at 2018年05月23日 21時08分16秒  /  コメント( 0 )

「腑に落ちない」「う...

「腑に落ちない」「うかつに判断できない」をどう英作する?

シャーロック・ホームズの物語は、上品な英文で書かれており、しかも、表現がとても豊かなので、英作文にもとても参考になります。

「まだらの紐」のお話の中で、依頼人のストーナー嬢が、さらに説明を続けます。

"I do now know whether the spotted handkerchiefs which so many of them wear over their heads might have suggested the strange adjective which she used."

「わたしには、(姉のことばが)多くの人たちが頭にかぶる水玉のハンカチのことなのかもしれない。よくわからないのですが。ちょっと変な形容詞の使い方ですけれど」

Holmes shook his head like a man who is far from being satisfied.

ホームズは、首を横に振った。まるで、とても納得できないと思っているように。

ここの far from being satisfied は日常的にも様々な使い方が考えられます。

たとえば、He was pale like a man who is far from being healthy.

まるで、健康からほど遠い人物のように、彼は真っ青だった。

さて、お話に戻ります。

There are very deep waters, " said he; "pray go on with your narrative."

ここのdeep watersを調べてみました。(齋藤秀三郎「熟語本位 英和中辞典」)

be in hot water (苦境に陥る) 

be in deep waters (窮境に陥る) 

be in smooth water (困難(など)を脱した)

このあたりから考えるに、「これは困った状況ですね」くらいの感じだと思われます。

そして、prayについては、以前、別のコラムで書きました。pleaseのような意味でしたから、

「話を続けてください」というような状況のようです。

というわけで、さらにストーナー嬢のお話が続きます。

Posted at 2018年05月22日 20時50分30秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ