英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
2017-02 の記事

英検準1級FULL-ENGLIS...

Those who wish to prepare for pre-1st English Step test all in English!

英検準1級対策のレッスンをすべて英語で実施します!

毎回、1級、準1級で合格者を輩出しているエブリ・イングリッシュ・サービスの英検講座英語版です。

授業内容

|姥譽謄好函畚爍欝藉出単語を、英語で意味を説明した問題を通して、英語の定義とともに身につけます。

(出題具体例)
 cui( ) = a style of cooking, food cooked in a certain way
ある調理法、または特定の方法で調理された食べ物、ということで、正解は「料理」cuisine

para( ) = an absurd or contradictory statement or proposition
ばかげた、または矛盾した発言、提案 正解は「逆説」でparadox です。

音読、暗唱=準1級程度の英文を、繰り返し音読して、暗唱できるところまでスラスラ読めるようになることを目標とします。

 エブリで使う音読の文章は、内容的にまとまったものなので、英作文を書いていくうえでも、参考になります。

F媛髻甕冓犬琉嫐も、一文一文、正確に内容を取ったうえで、全体としての理解を目指します。

通常、よく使われる「英語で考える」ということばは、実際には、本当に難しいところをとりあげないことがあります。

こうした、「わかった気にさせる」のではなく、「一文一文を別の英語に置き換えて理解する」ことにより、正確な理解を心掛けます。

(具体例)
Her warm and outgoing personality soon won her many fans, but her fame also threw the spotlight on another issue.

She was kind and socialized person and many people liked her. At the same time, since she was a famous woman, many people began to be aware of another fact about people like her.

上が原文で、下が、英文解釈の例です。

ご覧いただくと、原文だと、英語らしい、(つまり日本語としてはわかりにくい)状態の文が、意味の取りやすいものに変えられていることに気が付かれると思います。

ぅ螢好縫鵐

これは、通常のリスニングと同じです。ただ、解説が英語でなされるということです。

ケ兀酳

英検準1級では、あたらしく、テーマ英作文が導入されました。もともと英検1級では、ずでに導入されていたものですが、それが準1級の受験者にも要求されるようになりました。

いままで、非常に多くの英作文の添削をおこなってきました。

きっと参考にしていただけるアドバイスを差し上げることができます。

3月中は、無料見学を実施しています。お問い合わせは、エブリ・イングリッシュ・サービスまで。(地下鉄「新栄町」駅より、徒歩3分。セブンイレブンのビルの6階です。ご連絡、お問い合わせは、052−934−1030(電話)またはこのホームページから。

Posted at 2017年02月28日 10時11分58秒  /  コメント( 0 )

英検1級フルイングリ...

帰国子女、留学生、あるいは、英検1級レベルを徹底的に英語で学びたい方むけに、全部英語のクラスを開始します。

We are going to start Full-English Step 1st Course!!

For those who wish to study "Eiken 1 kyuu" in English, the instructor speaks all in English.

The course consists of the following activities;

First, the class begins with a vocabulary test. We focus on the words and phrases in the previous examinations.

The style is like this;
ren( ) = a performance or interpretation, esp. of a dramatic role or piece of music

The answer is rendition, which means a visual representation or reproduction.

In this way, we try hard to memorize the meaning of the words in English.

Second, reading aloud and recitation.

We pick up the 1st grade level reading material and read it aloud over and over again, until we will be able to recite.

In this way, we feel into the material and will be able to use the expression we memorized.

Third, interpretation. English teachers often use the expression, "Think in English," but it often means that pick up some sentences easier to understand and summarize the whole.

We think what thinking in English means to make clear the message of each sentence and then understand the whole.

We check all the meaning of difficult words, and see what the writer wishes to say.

In so doing, we use English dictionary (Not English Japanese Dictionary).

Finally, we cover listening test.

During this March, we demonstrate how the class will be organized.

Those who wish to take the class please contact us; Tel 052-934-1030 or Mail!

全部英語で実施する、英検1級対策講座です。ご希望の方はぜひ、お試しを体験してください。

電話052−934−1030 会場は、地下鉄新栄町より徒歩3分、エブリ・イングリッシュ・サービスです!

Posted at 2017年02月28日 09時45分28秒  /  コメント( 0 )

面接1級対策ぅローン...

1級の面接によく登場する「科学物」のトピックです。

果たして、人間のクローンを作ることは認められるべきなのか。

実際にこの問題を考える場合に、陥りやすい危険は、「神」の意志を認めてしまうことです。

「神の意志」に反する行いだ、と言い切ってしまえば、話は単純です。

ところが、これを英作文してみても、なかなか説得力のある意見になりません。

だとすれば、それなりの工夫が必要になります。

Should human cloning be banned?

まず結論を出しておきます。

I do not think human cloning should be accepted for the following reasons.

そして、ひとつひとつ、可能性を考えてみます。

親が、自分の子供の資質を良くするために、スポーツ選手のDNAを利用するということができないように、クローン操作は認められない。

First, controlling genes will create an ethical problem. For instance, some parents will use some great athlete's gene to make a gifted child or a designer child. This is against the ethics because we should not control life. Suppose you have a human clone which has the same DNA, the same potential of body, you may have a storehouse of any of your body part. This is not a human being, but a controlled robot!

ふたつめに、クローンには生まれながらの脆弱性があるようです。

Secondly, vulnerability of clone humans is a serious matter. Some experiments have already show that cloned humans are rather weak. For instance, they are rather weak even when they were born. According to some scientists, clones lack homeopathy. This proves that cloned humans are not exact copy of the original. In fact, they are, somewhat lower level of copy. We should not let parents have such a child.

そして最後、三つ目です。

Finally, human clones are the inferior copy of the original. Several years ago, the International Herald Tribune featured Dolly, a cloned sheep. Then it was proved that clones were lower-level copy. They have color-blindness, and are easy to catch cold.
The unchangeable fact is that we should not control clones.

そこで、簡単にまとめておきます。

For the reasons I mentioned above, I strongly claim that we should not manipulate parts of our body.

調べてみて、クローンが、意外に多くのミスコピーを生み出してしまうのだ、ということは驚きでした。

まだ、形としてはっきりした事実は現れてきていませんが、「遺伝子組み換え」食品も、こうした秘められた「問題」が隠れているのかもしれません。

Posted at 2017年02月16日 16時27分53秒  /  コメント( 0 )

英検1級面接対策へそ...

2月18日まで、英検2次試験対策のレッスンを実施しています。
1級=60分、6000円(別途消費税がかかります)
準1級=60分、5000円(同上)
2級=60分、4000円(同上)

今回は、英検1級の面接試験の対応のスピーチ作りで、こんなトピックを選んでみました。

「核兵器は世界をより不安定にする」
(Do Nuclear Weapons Make The World Less Secure?)

当然、普通のかたでしたら、そのとおり!とお答えになる問題です。

そこで、今日は、「そんなことはない!」という英文を考えてみました。

Do Nuclear Weapons make the world less secure?

No, I don't think so. In fact, nuclear weapons will keep the world peace.

As we have seen in Hiroshima and Nagasaki, nuclear weapons will do terrible damage to the city, people and the nation.

Nobody wants to use it.

Still, there are a lot of nations owing the weapon.

Why?

It is because they are quite useful in protecting your nation.

When a nation is attacked, nuclear missiles will be launched and destroy your country.

Who than can have courage to attack your country?

One good example is North Korea.

This nation announced that it had a nuclear weapon several years ago.

The UN, neighboring nations, China, America, and any other nations repeatedly warned that they will start sanction against the nation.

In fact, some economic embargo against the nation have been done, but not effective attack against the nation has never been done.

Why not?

Nuclear weapons are fearful and no nation want to be attacked with them.

It means nation with nuclear weapons will get a safer position.

Producing nuclear weapon will guarantee your nation's safety and the world safety.

とりあえず、このような考えを組み立ててみるのも面白いものです。

→面接指導、そのほか、スピーチやディスカッションを楽しむコースもあります。お問い合わせはエブリ・イングリッシュ・サービスまで。

→エブリ・イングリッシュ・サービスは地下鉄「新栄町」下車、北へ徒歩2分。セブンイレブンのビルの6階、605号室です。

Posted at 2017年02月14日 16時01分03秒  /  コメント( 0 )

英検1級面接対策⊃洋...

英検1級2次面接のセミナーを開催しています。(60分6000円。2月18日まで)

前回取り上げた、「テロと飢餓、どちらが人類にとってより大きな脅威か?」を手直しました。

ご覧いただいた、前回の英文は、2分でアウトラインを作ったので、まとまりに欠けていました。

そこで、メッセージを明確にして、リライトしてみました。

テロリズムがより大きな脅威、というスタンスは変えていません。

テロは憎悪を、飢餓は協力的な態度を生み出す、というラインも同じです。

話すことに的を絞って、工夫してみました。

Which is the greater threat to humankind, terrorism or world hunger?
by NT

I think terrorism is the greater threat for us.

World hunger will create international cooperation, while terrorism hatred.

Let me explain in detail.

In order to help the starving people, we have to contribute surplus food, such as rice, wheat and leftovers. Each nation thinks carefully and develop better food distribution system. As a result, each of us develop the cooperative spirit. World hunger has some potential to create chances for nations to hand in hand together.

Terrorism, on the contrary, creates hates among different religions, races and nations. Basically, the difference of thoughts, discrimination, and interpretation of God will trigger the violence feelings. Terrorists will realize their aim at the sacrifice of a lot of innocent people's lives.

I know today far more people are victimized by world hunger, still terrorism will do more damage to us. That's why I say the latter is the greater threat to us.

量は少ないですが、これなら、2分間でのべることができます。

面接試験のスピーチは、1次の英作文と違って、完全に整ったものでなくても大丈夫です。

「理由は3つあります」と言って、実際には、二つしか触れなくても、大切である、と試験官が受け取れば、スピーチの後に、相手が質問してくれます。

冒頭で、語る内容を、おおざっぱにまとめると、質問する側にとって、とてもわかりやすい。

というわけで、スピーチの始めに、自分が何を言いたいのかを言っておくことにしましょう。

聞きやすいスピーチ、メモの取りやすいスピーチというのは、実は、きちんとまとめてあるスピーチです。

→英語で語るレッスンがあります。火曜日午後6時ー7時30分。「英語の視点で世界を見る」お問い合わせはエブリ・イングリッシュ・サービスまで。このホームページからのメールでも、お電話(052−934−1030)でも結構です。エブリ・イングリッシュ・サービスは、地下鉄「新栄町」駅下車、“崕亳から北へ徒歩2分。セブンイレブンの入っているビルの6階、605号室です。

Posted at 2017年02月14日 15時27分51秒  /  コメント( 0 )

英検1級面接対策/洋...

いよいよ次の日曜日に迫った英検2次試験です。

1級の2次対策のスピーチを考えてみました。

植田一三先生の著作からのテーマです。

"Which is the greater threat to humankind, terrorism or world hunger?"

「テロと世界飢餓、人類にとってより大きな脅威はどちらか?」

です。

飢餓とされる方が多いだろうと考えて、テロを解答とするほうで組み立ててみました。

I think terrorism is the greater threat to us for the following reasons.

It is true that world hunger has created far more victims. According to UN report, more than 8 million people die because of hunger. I think, however, terrorism is the greater threat because it creates hatred among people while world hunger develops friendship. Let me explain this in detail.

Let's think about the cause of world hunger. Famine, the gap between the poor and the rich, conflict, and so on. In order to decrease the number of victims, we have to cooperate. We put together extra food, leftovers, then divide them into groups of hungry people. We need the spirit of cooperation and working together.

On the contrary, the cause of terrorism is difference of race, religion, and political matters. These differences will create misunderstanding and hatred among people. For instance, it is said that IS consists of extreme group of religious people. They will not get together with people with other ideas. They cannot see eye to eye. Hatred continues and terrorism will not stop.

That's why I say, terrorism is the greater threat to us. Thank you very much.

テーマとしては、非常に単純で、テロは憎悪を生み、飢餓は協力を生み出す、というものです。

さらに、詳しくテロについて述べることもできますが、できるだけ限られた時間内に話すことを考えてみました。

英検1級2次試験に臨もうというみなさんは,ぜひ、英字新聞を読み、その要約と、英語によるスピーチ作りを心掛けてください。

→英字新聞の記事を読み、そのあとディスカッションするコースを実施しています。毎週火曜日
午後6時ー7時30分「世界を英語で読む」ぜひお問い合わせください。
お問い合わせは、メールまたは電話052−934−1030エブリ・イングリッシュ・サービスまで!

Posted at 2017年02月13日 22時32分09秒  /  コメント( 0 )

Think Fast! Speak Fa...

やさしい英語で、日常的な問題を話してみると、いかに自分がThink Fast できないかが、よくわかります。

実際に、試してみましょう。

Before telling people about how to learn English, I would like to tell you how I acquired this language.

Our Japanese deep rooted in our brain and in our daily life.

How then did we learn our language?

We learned Japanese listening to my parents speak it.

When my father said, "Good morning!" I said the same thing over and over again.

I began to think that this was the phrase I would use when I met someone in the morning.

In this way, we mastered our mother tongue.

When I entered Junior High School, first of all, I learned ABC.

Nothing wrong with it, but we have to remember that people in America, in England, and other English speaking countries do not learn English with ABC.

Then my teacher told me that ABC is just a sign representing a sound or sounds.

"In fact, A has several ways of pronouncing, like "a" in "lake,""a book," and so on."

This was quite new to me.

自分としては、英語にかなり興味があったつもりでしたが、おなじ文字が、いろんな読み方をされる、というところが、わからなくなりました。

あとになって、英語を学んでいくうえで、何より大切なことは、英語そのものを覚えていくことだ、と教わりました。

英語に関しては、松本亨先生(お年を召された方なら、ご存じだと思いますが、ラジオの英語会話を長年にわたり担当された、英語の巨人といってもよい方です)に大変お世話になりました。

そのお話は、また別の機会に。

Posted at 2017年02月11日 20時45分15秒  /  コメント( 0 )

紙の辞典の有効利用

書店でもすっかり影の薄くなってしまった、紙の英語の辞典。

私たちの青春時代には、英語の勉強は、辞書を覚えていくこと、という神話もありました。

教室では、一人一人の生徒が、自分で見つけてきた辞典を見せ合って自慢していました。

「手ざわり最高!」とか「こんなことまで書いてあるんだ」なんて。

授業中に単語を調べる場合、他の辞典には書かれていない情報があると、鬼の首を取ったようなもの。

やがて、辞書は各学校の指定のものになりました。

たぶん、授業で「辞典の使い方」を指導するからでしょう。

いまは、学校指定の電子辞書になっていますからね。

本屋さんに聞くと、高校や中学の入学式では、教科書・参考書の販売があります。

そこでよく売れるのは電子辞書だそうです。

紙の辞典は重い。科目によって何冊も持っていかなきゃならない。検索も速い。

ページをめくって探さなくてはならない紙の辞典に対して、必要な語をクリックするだけですぐ、目的の単語が飛び出してくるのはありがたい。

そのうえ、単語の発音も教えてくれる。

ボタンひとつで、音声が出ます。

古い世代の私などは、ちょっとさみしくなります。

苦労して覚えた発音記号も、いらなくなりそうだけど。

でも、紙の辞典じゃないと、できないことがある。

電子辞書ではわからないけれど、紙の辞典だと、同じ単語を何回も引いていると気付きます。

一度単語を引くと、横に小さく、コンマのような印をつけておきました。

おぼえられなかった単語は involve で、横にはコンマが10個以上、ずらっと並んでいました。

この単語と自分は「相性」が悪いんだ、と思ってあきらめたものです。

(意識しなくなったら、覚えました)

古本屋さんに出かけると、安くなっている英和辞典や和英辞典を買ってしまうときがあります。

売れないせいなのかな。とても安く売っている場合があります。

使われていない、きれいな状態のものが結構あります。

持ち主にかわいがってもらえなかった(らしい)辞典にもう一度チャンスを与えてあげるのが、好き。

辞典君もちょっと喜んでいるようにも思えます。

みなさんも、たまには古本屋で辞典を探してみてください。思いがけない出会いがあるかも。

Posted at 2017年02月09日 15時06分47秒  /  コメント( 0 )

Think Fast! Speak Fa...

わたしたちがめざすべき目標は、まさにこのThink fast, Speak Fast だと思います。

現在、英検1級のプライベート指導をしていますが、これが達成できるかが中心になります。

Think Fast するためには、かなりのスピードで「英語を理解する」必要があります。

私たちは、よく「英語は読める」といいます。

実際には「訳せる」にとどまっている方が多いのです。

「訳す」には、時間がかかります。

文章の骨組みを理解し、単語もチェックする必要があります。

「英語が読める」とは、英語の語順を変えず、書かれた通り理解できることです。

英語を眺めているだけでは、この状態にはなりません。

「音読」して、意味を体感し、そのうえで、[暗誦]できるようになることが欠かせません。

音読することで、英語そのものの順番で、英語を受け入れることができるようになります。

音読して、描かれている状況を想像することで、内容をそのまま英語で理解することができるようになってきます。

このためには、ひとつひとつの単語の意味を日本語で考える作業をしていては追いつきません。

ひとまとまりの英語、at the station などは、すっと画像が浮かぶようにならないといけません。

そうした文を一行ずつ増やしていく作業が、暗誦です。

暗誦できる英語は、頭の中で映像化できる英語です。

こうすれば英語は、自分の中に浸み込んで、言葉を変えることで自分の考えていることを表現できます。

音読のすごさは、こうした「自分の中に浸み込んだ英語」を定着させることができるところです。

すると英語で発信するときに、最初から英語で考えをまとめていくことができるようになります。

これが、Think Fast であり、Speak Fast の状態に近づいていきます。

Posted at 2017年02月06日 22時36分43秒  /  コメント( 0 )

1級面接対策◆

英検1級の面接対策のつづきです。

4.聞いている人にわかりやすいスピーチ!

エブリではよく、まとまった英語のスピーチを要約する勉強をします。

要領のいい人は、こんな話し方をします。

「いまから○○の話をします。○○には3つの分野があります。△△と、××と、□□です。
 では、まず、△△についてです。△△は・・」

こういう話し方をしている人のスピーチは、わかりやすい。

わかりやすい、というのは、「メモが取りやすい」ということです。

全体の地図が、最初に示されるので、今がスピーチのどの部分なのか、よくわかります。

2分間スピーチなら、試験官も、頭の中で、メモを取っているので、流れがつかみやすい。

質問も楽で、

「最初に△△について伺います。あなたは、△△は・・だ、とおっしゃいましたが、そうでない場合もあるのではありませんか。たとえば・・・」

スピーカーも、全体像を考えて話していますから、聞かれているポイントがすぐわかります。

質問に対して、的確に答えることができるかどうか、が重要なのは言うまでもありません。

ディベートでは、質問がなされなかった点は、承諾されたものと考えてゲームを進めていきます。

これほど、質問は大切です。

また、質問に対する答えも、イエスかノー、あるいは「わからない」のか、明確にすることです。

時には、「その質問は、このスピーチの本題とは関係ありません」という答え方も可能です。

(「でもお答えすると・・」と、自分の得意な分野に持ち込んだ剛の者もいますから、一概にはいえませんが・・)

5.試験官の役割?

,任發佞譴泙靴燭、準1級までと違って、試験官が二人いらっしゃいます。

この役割はどうなっているのでしょうか。

正確にはもちろんわかりません。

内容について、主に質問されるのがおひとり、もうおひとりはメモを取っていることが多いようです。

あまり質問をされない方が、発音や文法をチェックしているのではないでしょうか?

内容に集中すると、細かな発音や文法ミスはあまり気にならなくなってしまうことがあります。

他の級は、スピーチほど、即興的なものではなく、発音、文法、内容を確認することは、それほどむずかしくありません。

これに対して、1級では、どのトピックを選ぶか、によって、質問も大きく変わってきます。

そういう点で、1級は難しいですが、即興スピーチの力を磨くには最高の試験でもあります。

試験を受けられた方が、口をそろえて、やりがいのある、受けてよかった試験だとおっしゃいます。

こんな試験は珍しいと思います。

みなさんも、ぜひチャレンジしていただきたいと思います。

→より詳しく英検1級2次試験について知りたい方、また面接指導を受けたい方は、2月18日まで、セミナー実施中。1級は、1回60分プライベートレッスンで、6480円です。要予約。

→お問い合わせ、お申し込みは、エブリ・イングリッシュ・サービスのホームページ、または電話あるいはファックスで、052−934−1030 まで。

Posted at 2017年02月04日 19時59分52秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ