英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
2016-12 の記事

検閲否定論

あわせて、否定の立場に立つ論を掲載します。

(Introduction)
Under any political form, censorship is wrong in principle. However harmful, violently, and sexually, we should not take the freedom of expression.
For this principle, I would like to claim against censorship in any form.

(The first reason)
Advocates of censorship often point out the link between sex, violence and crime on screen and real life.
I would like to point out the fact that only those who originally have tendencies to violence will enjoy watching excessive violent movies or reading that kind of books.
Each individual's taste and personality is formed first.

(The second reason)
No evidence has proved that the relation between playing violent games and being violent in real life. What people see, enjoy does not turn out to be their reality. Many people accept that two-hour mystery dramas are healthy stress release for citizens.

(The third reason)
The fact is that censorship does not change the number of people who use pornography. It is not pornographic films, DVDs, and pictures that turn people into criminals but not well-balanced people's minds. Domestic violence, unstable family condition, and poverty will be the cause of crimes.

(Conclusion)
The laws dealing with self-control and self-regulation will keep the society safer and stable. State censorship is not the expected way.

(序論)
いかなる政治形態であっても、検閲は認められない。 たとえ、暴力的であれ、性的であれ、わたしたちは他の人の表現の自由に干渉すべきではない。したがって、国家による検閲には反対する。

(第1の理由)
検閲に賛成する人たちは、見たものの影響が行動に及びとしている。しかし、ポルノを買うのは、もともとそうしたものを愛好する人たちであり、暴力的な映画など好むのは、もともとそうした傾向を持っている人たちだ。検閲によって、そうした人たちの好みが変わることはない。

(第2の理由)
暴力シーンの多いゲームをしていることと、暴力を好む人間になることとの間の関連を実証する証拠はない。むしろ、犯罪を扱うことの多い2時間ドラマが、視聴者にとってはストレス解消になっているのは、多くの人が認めるところだ。

(第3の理由)
性犯罪や暴力を生み出すのは、メディアではなく、個人の嗜好である。むしろ家庭内暴力や、貧困、不安定な家族関係が生み出すのだ。

(結論)
自己コントロールや、自制心をもつことが犯罪などが起こらない社会を作る。大切なのは、検閲ではなく、きちんとした生活を自重して送ることだ。

ここでの意見は、英作文の練習として書かれたもので、個人の考え方にかかわるものではありません。

→自分の意見をはっきり、明確な英語で述べられるようになることに興味のある皆さん。ぜひ、エブリ・イングリッシュ・サービスのレッスンにご参加ください。

Posted at 2016年12月30日 09時33分18秒  /  コメント( 0 )

検閲肯定論

セミナーで実施させていただいたトピックで、最後のものがCensorship つまり「検閲」です。

例によって、教材リスニング、文章教材の解釈のあと、ディスカッションをして、最後にスピーチでまとめていただきました。

Censorship is necessary

(Introduction)
In democratic nations, censorship is wrong in principle. However, there are cases we can permit censorship to protect innocent children. I would like to discuss this matter because of the following three reasons.

(The first reason)
Freedom of speech is never an absolute right. It is right unless it causes harm to others.
We often see young children playing games where people are killed just for fun. For kids, I think they are harmful. The government should decide which is good and which is not.

(The second reason)
Children below a certain age should not be exposed to inappropriate scenes of sex, violence or crimes. Pornographic magazines, for instance, should not be available to kids under 18.

(The third reason)
Also, we need censorship in the case of excessive pornography, violence scenes, and brutal crime scenes as well. The government should have a duty that citizens should be protected from the seedy, unhealthy and disturbing attitudes to women.

(Conclusion)
The government's censorship is needed to protect innocent children, ordinary citizens, and sensitive generations. These types of censorship are acceptable and necessary.

検閲は必要である。

(序論)
民主主義国家において、原則としては検閲は禁止されるべきである。しかし、無垢な子供たちを対象とする場合には、必要とされる場合がある。

(第1の理由)
言論の自由は絶対的に認められるべきではない。他人に対して害を及ぼさない範囲でのみ認められる。
わたしたちは、人間が楽しみのために殺害されるようなゲームを、 年少者が行っているのを見かける。政府はそんなゲームは検閲すべきだ。

(第2の理由)
ある年齢に達するまで、児童(少年)は、ふさわしくない内容の出版物や、メディアに接するべきではない。ポルノ雑誌なども、そうした少年には手に入らないように規制すべきだ。

(第3の理由)
過剰なセックス、暴力、犯罪場面なども規制すべきだ。女性に対する、害悪の多い、過剰な性的描写なども検閲されるべきだ。

(結論)
政府による検閲は、いたいけな子供や、良識ある市民、影響を受けやすい世代の人たちを守るために存在すべきだ。

以上は、英語作文技術の向上のためのもので、個人の考え方を反映したものではありません。

→このような、タイムリーな話題についての記事を読み、ディスカッションを行い、最終的にスピーチまたは英作文を実施するクラスを企画しています。ご興味をお持ちの方は、エブリまでご連絡ください。

Posted at 2016年12月30日 09時08分06秒  /  コメント( 0 )

検閲肯定論

セミナーで実施させていただいたトピックで、最後のものがCensorship つまり「検閲」です。

例によって、教材リスニング、文章教材の解釈のあと、ディスカッションをして、最後にスピーチでまとめていただきました。

Censorship is necessary

(Introduction)
In democratic nations, censorship is wrong in principle. However, there are cases we can permit censorship to protect innocent children. I would like to discuss this matter because of the following three reasons.

(The first reason)
Freedom of speech is never an absolute right. It is right unless it causes harm to others.
We often see young children playing games where people are killed just for fun. For kids, I think they are harmful. The government should decide which is good and which is not.

(The second reason)
Children below a certain age should not be exposed to inappropriate scenes of sex, violence or crimes. Pornographic magazines, for instance, should not be available to kids under 18.

(The third reason)
Also, we need censorship in the case of excessive pornography, violence scenes, and brutal crime scenes as well. The government should have a duty that citizens should be protected from the seedy, unhealthy and disturbing attitudes to women.

(Conclusion)
The government's censorship is needed to protect innocent children, ordinary citizens, and sensitive generations. These types of censorship are acceptable and necessary.

検閲は必要である。

(序論)
民主主義国家において、原則としては検閲は禁止されるべきである。しかし、無垢な子供たちを対象とする場合には、必要とされる場合がある。

(第1の理由)
言論の自由は絶対的に認められるべきではない。他人に対して害を及ぼさない範囲でのみ認められる。
わたしたちは、人間が楽しみのために殺害されるようなゲームを、 年少者が行っているのを見かける。政府はそんなゲームは検閲すべきだ。

(第2の理由)
ある年齢に達するまで、児童(少年)は、ふさわしくない内容の出版物や、メディアに接するべきではない。ポルノ雑誌なども、そうした少年には手に入らないように規制すべきだ。

(第3の理由)
過剰なセックス、暴力、犯罪場面なども規制すべきだ。女性に対する、害悪の多い、過剰な性的描写なども検閲されるべきだ。

(結論)
政府による検閲は、いたいけな子供や、良識ある市民、影響を受けやすい世代の人たちを守るために存在すべきだ。

以上は、英語作文技術の向上のためのもので、個人の考え方を反映したものではありません。

→このような、タイムリーな話題についての記事を読み、ディスカッションを行い、最終的にスピーチまたは英作文を実施するクラスを企画しています。ご興味をお持ちの方は、エブリまでご連絡ください。

Posted at 2016年12月30日 09時08分01秒  /  コメント( 0 )

人工知能は人間にとっ...

この冬のセミナーの課題の英作文のご紹介をしています。

今回は「人工知能」です。

果たして、人工知能は人間にとって代わるのでしょうか?

(Introduction)
Recently, CNN reported the mechanic device called "Watson" created a trailer for a movie, a dress for supermodels, and published a cookbook.

Basically, artificial intelligence was developed to help and assist human beings. But will it take the place of them?

Well, I am rather pessimistic about our future. Yes. AI will do almost everything we are doing now.

(Reason 1)
AIs can do a lot of things for us. Taking care of handicapped people, the old, and the sick people. AI will teach, drive, plan. We can hardly find jobs.

(Reason 2)
AIs can do things quickly. Calculation, making things, playing chess. AIs outperform almost everything under the sun. Many people will lose their jobs.

(Reason 3)
AIs can do many things at the same time. Drivers would have accidents if they were playing Pokemon Go while driving. On the contrary, AIs can easily control these two things or more.

(Conclusion)
For the reasons I mentioned above, I am rather pessimistic about our future. Rich people use AIs while poor people will have difficulty finding jobs. Still I think AIs will take the place of human beings simply because they are safer, more speedy, and accurate.

(序論)
ワトソンという人工知能が映画の予告編を作り、ドレスをデザインし、本を書きました。
人工知能は、人間を助けるために作られましたが、実際には、人間より優れているので、近い将来、人間にとって代わるでしょう。

(理由1)
AIは多くのことができます。人は仕事を失うでしょう。

(理由2)
AIは、多くのことを素早くできます。人間はかないません。

(理由3)
AIは、同時に多くのことができます。人間であれば、ポケモンGOをしながら運転すれば、事故を起こしてしまうでしょう。

(結論)
将来については悲観的にならざるをえません。財産のある人はAIを利用し、貧しい人は職を失ってしまうでしょう。

(以上の作文は、作文執筆の練習として書かれたもので、個人の意見や考え方を反映したものではありません)

→ぜひ、こんなクラスにチャレンジしてみませんか?ご連絡はメールまたは電話(052−934−1030)まで!

Posted at 2016年12月29日 09時07分59秒  /  コメント( 0 )

死刑反対論

死刑賛成論に続き、反対論をご紹介します。

(Introduction)
What is the purpose of punishment? To teach and retrain a criminal not to commit crimes again. It means the punishment is not killing but rehabilitation.


(The First Reason)
The government strictly forbidden murder by individual. It is illogical for the state to kill person.

(The Second Reason)
The real victim is not criminal but workers in prison. In fact, they will kill the criminal. They have to endure the bitterness and pain of killing a person.

(The Third Reason)
Human makes mistakes. DNA examinations have revealed that innocent people had been sent to gallows. Once a person supported to have committed a crime was executed, there is nothing we can do for him.

(Conclusion)
We should do away with capital punishment. Instead, we should introduce a lifelong imprisonment.

(要約)
刑の目的は殺害ではなく、更生である。

殺人を法律で禁じている国家が、個人を殺害するのは論理的ではない。

本当の被害者は、死刑を執行させられる刑務所の職員だ。望んでもいない、人殺し体験を強制される。

人間は間違いを犯す。DNA検査でも、今までに無実の人が処刑台に送られてしまったことを示している。処刑されてしまったら、私たちには、冤罪を受けた人に対して何もすることができない。

結論として、死刑は廃止すべきである。

(英語の作文の練習として実施したもので、個人の考え、意見とは全く関係ありません)

Posted at 2016年12月28日 09時16分49秒  /  コメント( 0 )

死刑賛成論

今回、実施させていただいている英検対策セミナーで、取り上げたテーマの一つが死刑制度肯定・否定論でした。

まず、基本的な、肯定、否定の立場に立つ文章に目を通していただいて、英語で要約、次は、同じテーマによるリスニング。

そのあと、英語でのディスカッションをしたうえで、今まで見てきた内容、表現を生かしつつ、英文を書いていただく、というレッスンです。

賛成論では、こうした作文になりました。

Capital Punishment is necessary

(Introduction)
In a democracy and any other systems, the government should punish those who committed some wrongdoings.

Especially, killing or murder is the most terrible crime.

Therefore, the government should decide how to punish these people.

The basic idea of Capital Punishment is: Those who take life from others, they should compensate it with their own lives.

(The First Reason)
Capital Punishment prevent criminals from committing crime again, because they are no longer alive.

(The Second Reason)
Capital Punishment is financially solid, because the cost is limited and the government has to pay just once and all.

(The Final Reason)
Capital Punishment fulfills the emptiness of victimized people. The government cannot permit revenge by individuals. Instead, the government itself has to something for these people.

(Conclusion)
Capital Punishment is necessary. I support this system.

(要約)
死刑は必要だ。他人の命を奪ったものは、自分の命で償うべき。

死刑は、再犯を防ぐ。犯罪者は、この世からいなくなってしまうのだから。

死刑は経済的にも安く上がる。必要な経費は一度しかかからない。

死刑は被害者親族の空虚感をうめることができる。個人の復習を認めないのであれば、政府が何らかの処置をすべき。

死刑を支持する。

(これは、英語作文能力を身に着けるための練習で、個人の思想とは全く関係ありません)

Posted at 2016年12月28日 08時59分49秒  /  コメント( 0 )

日本人から仕事につい...

超過時間労働が叩かれて、日本式労働習慣の悪い面が噴出している最近の報道ですが、ニューヨークタイムズにちょっとうれしいこんな記事が載りました。

What Japan can teach us about work 「日本が、仕事について私たちに教えられること」

数週間前のこと、この記事のライター、John Lanchester さんは京都の天ぷら屋さんに来ています。

A few weeks ago, in a Kyoto tempura bar, I watched a lone chef, a man in late middle age, cooking behind a counter for his 11 customers.
「数週間前、京都の天ぷら屋でわたしは孤独なシェフを眺めていた。かれは中年で、カウンターの向こうで、11人の客のために料理をしていた」

The set menu had 15 items on it. That meant that at any given moment, he was keeping track of 165 pieces of food, each subject to slightly different timing and technique.
「コースはそれぞれ15品目だった。ということは、常に彼は165の品目を注意していなくてはならず、それぞれは、品ごとに若干違った時間で上げ、また違った方法で扱わなければいけなかった」

その料理人は、何もメモを取ることもなく、特に努力している風もなく、着々とその技を示していきます。

It was a demonstration of total mastery. 「これこそが、名人の業だった」

この姿は、仕事が人生という風には見えなかった。むしろ、彼の作業は、彼の存在そのものだった。

That's a thing you notice in Japan, the deep personal investment people make in their work.
「これが、日本に来ればすぐ気付くことだ。仕事に対しての深い全人格的な打ち込み方」

そのあと、「職人」という日本文化について作者は説明している。

さらに、その「職人魂」は、こと職人、と呼ばれる人たちだけにみられるものではない、さまざまな職業の人たちの間でも見られる、一種の仕事に対する姿勢なのだ。

といい、5人の作業員が、ひとりの作業員が土を掘る作業をじっと見つめている例を挙げて、他事をしないで、作業している一人に対して、残りが集中している様を描いています。

さらに、車掌が、列車に入るとき、そして出るときにあいさつをすることや、デパートで働いている人たちが、フロアに出るとき、そして引っ込むときにあいさつをすることを、こうした仕事への取り組み方の例として挙げています。

It is clear that there are deep cultural differences at work here, not all of them benign.
「ここには、深い文化の違いが職務の中にあることは明らかであり、そうした違いの中には手厳しいものもある」

そして、
the reason Japanese has a word for "death from overwork" is because it needs one.
「日本人に過労死という言葉がある理由は、そうした姿勢が、こういった犠牲を必要としているのだ」

すこし、意訳しすぎているのかもしれませんが、ライターの方は、こう受け止めているようです。

この後にも、とても面白い考え方が紹介されているのですが、今日はここまでといたします。

→エブリ・イングリッシュ・サービスでは、こうした興味深い新聞記事などを利用したレッスンを実施しております。ご興味がおありの方は、tel 052-934-1030 あるいはメールでお問い合わせください。また、12月26日から英検準1級、1級対策セミナーもあり、この中でも、こうした記事を取り上げてディスカッションしていきます。ご期待ください。

Posted at 2016年12月22日 13時46分52秒  /  コメント( 0 )

本当にアメリカが偉大...

ジャパンタイムズのオピニオンの欄の記事から。

Climate change is the single biggest challenge facing humankind.
「気象変化は人類が直面している最大の難問である」

Yet the next president of the United States--the world's second largest greenhouse-gas emitter and a critical actor in climate policy--does not believe it is happening, or at least that humans have a role in driving it.
「しかし、アメリカー世界で二番目の温室効果ガス放出国であり、貴重問題に関する重要なぢゃくわりを背負った国ーの次の大統領は、気象変化が起こっていることも、そして人類がそれを変えられることも信じていない」

If Donald Trump actually wants to "Make America Great Again," as his campaign slogan declared, he will need to change his attitude and embrace the climate agenda.
「もしドナルドトランプが、選挙キャンペーンのスローガンで言っていたようにアメリカを再び偉大な国にしたいのなら、考え方を変えて、気象問題に取り組む必要がある」

So far, the situation does not look promising.
「今までのところ、状況は将来の見込みがあるとは思えない」

Despite a mountain of scientific data, Trump claims that there is no evidence that humans contribute to global warming.
「山ほどの科学的なデータがあるにもかかわらず、トランプ氏は人類が地球温暖化を引き起こしている証拠はない、と主張している」

つい、全文書き写してしまいそうな勢いで書いてしまいましたが、シンガポールのVinod Thomas さんという、国立大の客員教授を務める方のエッセイです。

英文は、ご覧いただいたとおり、サクサク読みやすいタイプのもので、問題もはっきりしており、わたしたちが、自分たちが書く英文として、参考になります。

Just as US President George W. Bush's refusal to sign the Kyoto Protocol on climate change in 2005 initiated a spiral of rising emissions, a decision by Trump not to fulfill America's commitments under the Paris agreement could spur others to follow suit.
「2005年にアメリカ大統領、ジョージ・W・ブッシュが、地球温暖化に関する京都議定書に署名することを拒んだことは、温室効果ガスの排出を増加させ、トランプの、パリ合意のもとでのアメリカの参加をしない、という決定は、さらにほかの国々がその後に続いてしまう事態を招くだろう」

タイトルで言われているのは、実際にトランプ氏が語っている、中国陰謀論や、アメリカが不当に利益を奪われている、という考え方は、間違っている、というものです。

すくなくとも、トランプ氏がいう、難民と、他の国の自然保護対策がアメリカの利益を奪っている、というのは的をえた意見とはとてもいえないようです。

ここで問題になっているのは、地球温暖化が、いわば、政治的な謀略の産物で、実際には起こっていないのに、あたかもそうした事実があるように報じられている、というトランプ氏の考え方にあります。

Vinod Thomas 氏は、最後に
Trump already wants to invest in energy and infrastructure. If he does so in a climate-friendly way, the US will reap enormous benefits--and so will the rest of the world.
「トランプ氏はすでにエネルギーとインフラに投資するつもりでいる。もし温暖化にもそのように環境にやさしい方向で投資してくれれば、アメリカは巨大な利益を得る。そして、世界も」

と締めくくっています。

もしこうした形で収まってくれれば良いのですが。

ちなみに今日のニューヨークタイムズのトップ記事は、シロクマが、氷が解けてきたために、だんだんと人間のいる地帯にやってくるようになってきた、というものでした。

→エブリ・イングリッシュ・サービスの英語クラスでは、こうした記事を利用して、ディスカッションやライティング、スピーチメイキングを指導しております。ご興味を持たれた方は、ぜひお問い合わせください。TEL 052-934-1030 (セミナーもあります!)

Posted at 2016年12月21日 19時32分04秒  /  コメント( 0 )

Seminar

As I have already announced, my school "Every English Service" will give Winter Seminar Classes for people who wish to pass Eiken 1st Grade Test and Pre-1st Grade Test.

This winter's programs are bit unique, for it will be done in English.

Why? It is because I have a special plan for them.

Actually, I think this year's seminar is a challenge.

For instance, in the lesson aiming at development of listening comprehension, students will listen to a news program.

Then they will paraphrase what they have listened.

Here, paraphrasing means explaining in English.

In this way, we can learn a lot about words, phrase, expressions used in the news statement.

Through this practice, we learn to listen to English carefully, and also, how to use English-English dictionary.

Some English teachers use the expression "Thinking in English," and they just pick up some articles.

These teachers often point out important parts and then go to another material.

When we think in English, in my opinion, we should make the meaning of each sentence clear and understand it.

I would like to try it by myself.

Doing this, I believe we can brush up our speaking.

At the same time, we will see the nature of explaining things in English.

For instance, when you explain your ideas in detail, you begin with telling your standpoints.

I would like to support this idea, because of the following reasons.

When you see other people's facial expressions, sometimes you can understand they are not following you.

In this case, you had better give easy examples.

You know, many Japanese do not ask you even if they do not understand you.

Then you can write.

Your experience will tell you how to write better.

I believe you can enjoy the class!

See you at the Winter Seminar!! Call 052-934-1030.

Posted at 2016年12月19日 22時07分54秒  /  コメント( 0 )

マッカーサー秘録

マッカーサー元帥、といえば、日本が戦争に負けて、アメリカの支配下にはいっったとき、日本に駐留した軍の総司令官として有名な人物です。

天皇陛下と並んで、胸を張った写真とかが有名なのですが、実は、アメリカ人の間では、頑固で、プライドの高い、たたき上げの軍人として知られています。

そして何よりも、朝鮮戦争の当時、中国を攻撃、粉砕してしまおうと、大統領に進言した人物なのです。

タイム誌が、Booksの欄で紹介しているのが、The General vs. the President at the Brink of Nuclear War.というこのあたりの事情を描いた本。

もともとダグラス・マッカーサーという人物は、自分を押し通すタイプだった。

1932年、当時の大統領、ハーバート・フーバーからアナコスタ川周辺に集まっている退役軍人とその家族を追い払え、という命令を受けた。

もともとこの退役軍人たちは、政府が彼らの給料の支払いを遅らせたために、生活苦から集まった人たち。

川の岸辺にテントを張って、給料の支払いを求めていた。

当時、若き陸軍参謀長のマッカーサーは、勝手にこの命令を読み替えて、大規模な大虐殺にしてしまう。

数百人の兵士は、マッカーサーの命令で、キャンプを焼きはらい、幼児を射殺し、ウサギを追いかけていただけの少年を銃剣でついて殺してしまう。

カメラマンたちは、この惨劇を記録に残した。

そして、一般の人たちの目に、この光景は焼付いた。

これを耳にしたフーバーの再選の対抗馬、フランクリン・ルーズベルトは、「これで、おれの勝利は確定した」と友人に語ったと伝えられる。

おそらくこれが、ルーズベルトがのちにマッカーサーを、アメリカで最も危険な男として認識することになるきっかけでもあった。

こうした事実が明らかになったのは、1950年代になってからのこと。当時、マッカーサーは、朝鮮戦争の司令官として韓国にいた。

トルーマンの命令を無視して、当時「レッドチャイナ」と呼ばれていた中華人民共和国を、先制攻撃をして叩き潰してしまおう、という計画を持っていた。

この計画は、言うまでもなく危険なもので、アメリカにとっては、そんな必要もなければ、むしろ自殺行為に近いものだった。

大統領は、国家の絶対権力者である。

マッカーサーは、軍のトップにすぎない。

しかし、彼にとって、シビリアン・コントロールという、一般人が軍の最終的決定権を持つという考え方は、とても理解できないものだった。

最終的に、トルーマンは、マッカーサーをクビにしてしまう。

それでもマッカーサーは中国つぶすべし、の主張を変えない。

次の大統領になるアイゼンハワーに接近して、自分の主張を唱え続ける。

幸か不幸か、アイゼンハワーは、アナコスタ川の悲劇の時の副官を務めていた。

マッカーサーがどういう人物かわかっていたため、彼の主張には耳を傾けなかった。

タイム誌によると、特にトルーマン対マッカーサーの暗闘を通じて、生き生きとこの歴史の流れを描いているのがこの本だ、ということだ。

まさにマッカーサー秘録というにふさわしい本と言えるでしょう。

→このような「隠された真実」の記事を取り上げることの多い名古屋英語クラブは、隔週水曜日午後1時―2時30分実施。参加ごとに3000円。ぜひ、お問い合わせください。

Posted at 2016年12月17日 19時18分58秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ