英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
2016-04 の記事

エブリでできること(...

英検は、日本の英語試験でも、長い歴史を持つもので、それなりの実績もあります。

てっとり早く合格するためのノウハウというものはなく、地道に努力するしか方法はありません。

では具体的には何をすべきなのか。

音読です。

最近は、英語の学習法としての音読が高い評価を受けるようになり始めています。

いままでが、ほとんど注目を浴びてこなかった音読なので、そういう意味では、初めてきちんとした評価を受け始めた、といってよいでしょう。

音読では、身体の幾つもの期間を同時に利用します。

まず、口。発音するためには、舌や、唇、息のコントロールなど、いろんな部分を細かく使います。

つぎに、目。英文を読まなくては話になりません。

耳も大切です。自分の口から出ている音が、はたして、わかりやすい英語になっているのか。

くりかえして音読しているうちに、自分の声ではなく、本来のネイティブの英語が耳に残るようになります。

こうして練習していくと、すこしずつですが、確実に英語が自分のものになっていきます。

英語の表現のストックが増えていくと、文法が分かりやすくなります。

もともと文法は、毎日特定の言語を使っている人たちが、どうすれば、その言語を、整理して、使いやすくできるか、を考えて作り上げたシステムです。

英文を知れば知るほど、文法が整理されて頭に入ってきます。

以前、ラジオ英語会話講師をされていらっしゃった松本亨さんは、毎日の通学時に、中学校からの英語の教科書をワンレッスンずつ音読していき、3か月で、全て暗誦できるようになられたそうです。

こうすることで、今までに自分の知っていると思っていたことばが、本当に覚えこんだ言葉になってくれます。

単語や文法、幅広い問題を研究することも必要なのですが、このように自分の体の中に英語をしみこませることで、本当に困ったときでも創り出すことのできる表現となります。

この段階を乗り越えると、いちいち訳さなくても英文の理解ができるようになりますし、英文を書く場合にも、自分の知っている範囲から、与えられた意味に対応する英文を見つけ出すことができます。

もちろん、この勉強法で1級レベルまで安定させるというのは大変なことで、毎日のゆまず、たゆまずの練習が必要です。

Posted at 2016年04月03日 17時17分30秒  /  コメント( 0 )

音読からの英語力増強...

エブリでは、高校3年生の方には、時事問題などを扱ったテキストを暗誦用に使用させていただくことがあります。

DHCから出されている、「ニュース英語のリスニング」もそのうちの1つです。

これは、タイトル通り、内容は全て実際のニュースです。

リスニング用の教材ですが、エブリでは暗誦用に使っています。

この本の良い点は、次の通りです。

^譴弔離縫紂璽垢、6-8行程度でまとまっている。

関心のあるニュースを選ぶことができる。

CDには、普通のスピード、速いスピードの二つの音声が録音されている。

まず、“屬任后

いままでも、この「音読を通じての英語力増強」では、ストーリィにこだわった教材選びをしていることにお気づきでしょう。

なぜ、ストーリィなのか?

わたしたちは、代名詞や、冠詞の使用に対し、あまり敏感ではありません。

代名詞は、ときどき複数なのか、単数なのかわからなくなってしまうし、冠詞に至っては、a なのか、the なのか判断するのは、大変難しい。

これは、おそらく、日本語には、ぴったりと対応するものがないからでしょう。

暗誦用テキストとして、「文法別例文集」などを利用しないのは、このことがあるからです。

ひとつひとつの独立した英文を覚えても、先ほどふれた、代名詞や冠詞の問題は全く解決されません。

でも、まとまったストーリィであれば、この部分に対して、具体的な例がたくさん出てきます。

音読を繰り返していくうちに、「なるほど、こういうときにはこうした言い方になるのか!」ということが、自然におぼわっていきます。

△砲弔い討蓮△いΔ泙任發覆い任靴腓Α

は、普通レベルとされている音声でも、多くの方にとっては、速い、という印象があるはずです。まして、速いレベルの音声は、かなりのもの。

この音声を通じて、スピーディな、ニュースの音声に慣れていただくことができます。

こうした点が、この書籍をお勧めしている理由なのです。

Posted at 2016年04月03日 11時58分02秒  /  コメント( 0 )

音読からの英語力増強...

音読を学んだ方の英語力は、ある程度、保証されます。

なぜかというと、

\気靴ど集修魍个┐討い襪里如英語を話す・書くときにためらいがない。

音読・暗誦の段階で、文法的に確実に整理されているので、応用の幅が広い。

3人称単数のs、過去形、そのほかの文法的事項について、あまり意識しなくても正しく情報を処理できる。

じつは、今後大切になっていくのは、三番目のポイントです。

いままでも、英検2級、準1級の2次試験では、英語で、即興で、ある状況を説明する作業がありました。

このとき、2級であれば、全部過去形で表現しなくてはなりませんし、準1級であれば、時として、仮定法や、過去完了を使わなくてはならない場面もあります。

こうした試験のときには、時間もある程度制限があるため、それほどのんびり作文する余裕はありません。

でも、暗誦をきちんとやってくださった方のほとんどは、2次試験に関しては、あまり心配せずに済みました。

中学2年生で2級を合格された方も、きちんと過去形で表現することができていました。

あと、2級以上であれば、時事的な質問に対して、即興で答えることが要求されます。

こうしたことについても、ストーリィで学んでいると、知識さえあれば、上手く解答できるのです。

さらに、新年度2016年度からは、2級以上には、従来1級で出されていたような形の、時事問題に関する自由英作文が要求されます。

もちろん、今までの1級に出されていたほどの難度ではありません。

でも、長文の英作文というのは、学校でも実施するチャンスが少ないため、かなりの負担になることは確かです。

こうした問題に対しても、音読から英語を学んだ方は、対処のコツがわかります。

Posted at 2016年04月02日 11時44分06秒  /  コメント( 0 )

音読からの英語力増強...

高校生編なのに、小学生の話が出てしまいました。

でも、音読することで、

 ̄冓犬髻雰り返し)見る。

英文を(何度も)声を出してよむ。

1冓犬髻憤嫐とともに)頭の中にストックする。

け冓庫,砲茲蝓▲好肇奪された英文が整理される。

という働きがあるのは、ご理解いただけたと思います。

これによって、英語を使っていくうえで、最も重要な、

「いつ、どんな時に、どのような英語を発信すればよいのか」

という回路が頭の中に形成されます。

いままでに、何人もの学生さんがエブリで学んでくれましたが、経験的には、エブリ専用の音読教材を使い続けることが一番、効率が良いようです。

つまり、「毎回、同じテキストで音読、暗誦学習を続ける」ということです。

なぜでしょう。

学校で使っている教科書を使って、音読したかたも多くいらっしゃるのです。

でも、エブリ用のテキストを使っている方に比べて、どうしても効果がいまひとつでした。

理由として考えられるのは、次の2点です。

ヽ惺擦竜憶と結びついている。
したがって、学校での英語について、あまり良い記憶(イメージ)がない場合、そちらと結びついてしまう。

中間、期末などの定期試験ごとに、暗誦する部分が変わってしまい、せっかく覚えたことが、徹底的に定着するひまがない。

そこで、現在では、エブリのテキストを選ばせていただいて、それについて、完全に覚えてしまうまで繰り返す方法を取っています。

ですから、ご希望に応じて、先ほど例に出させていただいた小学6年生の生徒さんについては、中学レベルの教材をマスターした後、「クマのプーさん」の英文版をつかいました。

また、以前、東大に行かれた方たちの出た高校生クラスでは、「星の王子さま」の英訳版を利用しました。

好きな作品を音読していくと、だんだん、全体のどこまで征服した、という達成感もありますし、また、毎回の暗誦がとても楽しみになってくる、というのもあります。

「プーさん」の暗誦では、最初のストーリィを暗誦するだけで、30分近くかかってしまいますが、本人はとても喜んで毎回、声を出してくださったので、とても効果が上がった、と言えると思います。

Posted at 2016年04月01日 11時28分44秒  /  コメント( 0 )

音読で身に着ける英語...

何より大切なことは、、自分の体の中に、英語の音を保存すること。

子供の時に見たテレビ番組の主題歌って、頭の中に鮮明に残っていませんか。

その残っている音、歌はオリジナルを記憶してますよね。

英語も同じです。

英語の音を思い浮かべたときに、自分の声が出てきてしまう人が多いのです。

これだと、自分の声がモデルなので、なかなかうまくなりません。

練習していても、何がモデルなのかよくわからなくなります。

オリジナルの音声が頭に残っていれば、それを再生して聞けば、いつでもオリジナルに触れられるわけで、頭の中でくりかえし、口で言ってみるだけで、発音練習ができるのです。

このためには、まずオリジナルを繰り返し聞くこと。

頭の中に、CDを吹き込んだネイティブの息遣いまで、とらえられるようになったらしめたものです。

私も子供時代に、くりかえしある語学教材を聞いていました。

イントロの曲、日本語のあいさつとナレーション、そして実際の英語のやり取りまでが、頭によみがえってきます。

これができるようになれば、かなり英語は聞き取りやすくなります。

少しずつ覚えていくと、頭の中に、英語のかたまりができてきます。

この英語のかたまりは、文法が分かるようになると、きちんと分類されて、簡単に取り出すことができるようになります。

この「簡単に取り出して、いつでも言える」というのが英会話をする状態です。

毎週、英会話クラスに通っても、表現をきっちり覚えないと、なかなか使えるようになりません。

ネイティブの先生のクラスでも、もちろん繰り返し練習はします。

ただ、ネイティブの先生は、ご自分の中に、生まれてから今日までに蓄えた膨大なストックがありますから、そのストックの一部だけ入れ替えた新しい表現を身につけることにそんなに努力は要りません。

わたしたちは、そうしたストックがないので、慣れるまでは、ずいぶんくりかえさないといけない。

だから、レッスンごとに、同じ文を繰り返すことをお勧めするのです。

Posted at 2016年04月01日 10時33分26秒  /  コメント( 0 )