英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
2013-01 の記事

英検1級2次対策

英検1級合格では定評のあるエブリ・イングリッシュ・サービスでは、2月2日(土)午後4時30分より、人数限定の1級2次対策講座を開催します。

日程:2月2日(土)午後4時30分―5時30分
内容:英検1級2次試験の傾向と対策:実践演習
料金:5000円 定員:4名 最低最高人数:1名
要予約:前日までにお電話・ファックス・メールにてご予約ください。
   定員に達しましたら、申し込みを終了させていただきます。

Tel & Fax 052-934-1030
メール:webmaster@every-es.jp

Posted at 2013年01月29日 11時49分26秒  /  コメント( 0 )

英検1級2次試験攻略法

2次試験では、1分間の準備で、2分のスピーチを行い、そのあと、数分間の質疑応答があります。

英語を話すのが苦手な人は、1次試験が終わったら、すぐに2次の準備をしたほうがよいです。

ある程度まとまった内容を即興で話すのはとても大変。

おすすめの方法は、英字新聞から、あるていど内容の分かっている記事をピックアップして、それを読んだ後、要約すること。

できれば、1分程度で読める長さの記事。

これを、読み終えてから、自分なりの表現で説明します。

最初は、2分間は、ほとんど沈黙になってしまうかもしれません。

でも、繰り返しているうちに、ある程度、即興でも要約ができるようになってきます。

英検1級に強いエブリ・イングリッシュ・サービスのホームページは
こちら

Posted at 2013年01月25日 23時59分24秒  /  コメント( 0 )

準1級問題攻略!

長文の選択肢でのダミーの外し方。

こんな例があります。

ペットに対する治療法。

ある治療法を行ったら、ペットが驚くほど回復した、といいます。

その選択肢は、次のポイントが含まれていました。

なぜ、この治療法は人気が出たのか。
1. この治療法のおかげで、よくなったペットの話を聞いた。
2. この治療法で、ペットの体も心も健全になる。
3. この治療法で、ペットが深刻な肉体・精神の病になることを防ぐ。
4. この治療法が、もっと大きな動物の健康状態を向上させた。

ペットは話をしないので、精神的によくなったかどうかはわかりません。
したがって、2,3の選択肢は答えとしてはふさわしくないようです。

すると事実上、選択するのは1か4かだけですね。

エブリ・イングリッシュ・サービスのホームページはこちら!

Posted at 2013年01月25日 23時57分32秒  /  コメント( 0 )

英検準1級を攻略する!

長文選択肢問題は、ここがポイント!
選択肢は、かならず中心になる部分を選んで、そこだけを考えよう。

たとえば、
She was told that there was a chance the new English learning method would allow slow learners to improve their ability.
だったら、
冒頭のShe was told thatというのは、ある意味で余分なので無視。
着目点はslow learners to improve their abilityです。

つまり本文の中で、あまり得意でない人たちが力を伸ばす、という記述がなければ、この選択肢はパス、ということ。

こういう見方をすると、4つの選択肢の中のダミー問題が一発でわかります。

準1級対策なら、エブリ・イングリッシュ・サービスのホームページを!

Posted at 2013年01月25日 23時55分49秒  /  コメント( 0 )

英検1級に出る!英文法

比較級

ちょっと意外な比較級表現がこれ。

...such produce has never been more bountiful or cheaper. (平成10年第1回)

そのような農産物は、そんなに豊かに、あるいは安くなったことはない。

not ~moreAという形で、この後にはthan todayとかthan nowを補って考えるとわかりやすいですね。

その場で思いつかないと悩んでしまう表現がこれ。

エブリ・イングリッシュ・サービスのホームページはこちら

Posted at 2013年01月23日 22時45分54秒  /  コメント( 0 )

英検1級に出る!英文法!

動詞

英語には自信のある、1級受験者の方でも悩んでしまった長文の一部がこれ。

(平成10年第1回筆記より)
...It is imperative that the government implement contingency plants to ensure a stable food supply should economic, environmental, or political crises occur.

1行目のimplementが「実行する」という動詞だと気付かないケースがあり、これだと、なかなか正しい意味にたどり着きません。

that以下が節であることはわかっていても、mentという部分に気を取られてしまい、わからなくなってしまうことも、試験会場では起こりがちですね。

エブリ・イングリッシュ・サービスのHPはこちら

Posted at 2013年01月23日 22時34分37秒  /  コメント( 0 )

英検1級に合格するため...

長文選択肢の攻略法

おなじみの英語長文,英問英答の問題での選択肢の選び方です。

選択肢の全文を記憶しておこうとすると、何が何だか分からなくなってしまうことがよくあります。

そこで、選択肢を読み取る方法は、文の主語と述語動詞に着目すること。

たとえば、the judges came to the conclusion that the trial should be declared invalid because the information that jurors accessed on the Internet should not be accepted as evidence. という文があったとします。

全体像をとらえるのはとても難しい。

そこで、the judges came to the conclusionだけ拾い上げて記憶しておきます。

まあ、だまされたと思って、困ったときの「提言頼み」でやってみてください。

エブリ・イングリッシュ・サービスのホームページは

Posted at 2013年01月23日 22時24分52秒  /  コメント( 0 )