英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

2次試験対策(1級)

2次試験対策(1級)

英検1級の2次試験対策です。

これからは、今までに出題された過去問題を見ながら、対策を考えていきたいと思います。

いま、わたしの手元にあるのが2018年版の英検1級過去問題集です。

この40ページに、2017年度第2回の試験問題が出ています。

A日程の最初の問題を見てみましょう。

Can the consumption of meat be morally justified?

肉食は、倫理的に正当化されるか?

「動物実験は倫理的に許されるか」「動物園は動物にとって幸せか」といったような出題がされてきたことがあります。

いずれも、倫理的に、動物を人間より下級の生き物として考えることに対して、疑問を呈している問題です。

そこで、考え方としては、

賛成の立場であれば、

/祐屬蓮肉食により必要な栄養分を確保できる。

肉食は、今までの人類の歴史で欠かせないものであること。

狩りや、遊びで殺すのではなく、必要悪として殺すのであるから、やむを得ないものであること。

などが考えられます。

, easing meat is essential for human beings. Meat contains very important nutrients for human beings.

Eating meat has a long history. Our culture based on the tradition of eating meat and we cannot survive without meat.

Killing animals to eat is not like hunting or killing for pleasure. We do not kill them cruelly.

こうしたアイディアをベースに、倫理的には、やむを得ないのだ、というスタンスで書いていくことが考えられます。

ほかに、

「動物実験」であれば、薬品製造上の動物実験を例に挙げて考えてみましょう。

計算上、理論上では大丈夫と思えても、実際に生き物で実験してみると、思いがけない結果になることがある。

人間のサイズでは、どのていどの量を飲めばよいのかわからない場合に、動物実験である程度の目安を知ることができる。

これも、趣味や、遊びのための犠牲ではなく、人間ではできない段階の実験であるので、やむを得ないものであること。

こうした説明が考えられるでしょう。

また、「動物園」では、

ー尊櫃棒犬ている動物を目の当たりにすることで、動物そのものに親しみをもつ子供が増える。ひいては、生物学に興味をもって、動物保護の道に進む人が多く出る可能性が高い。

動物園で、親しみを持っていた象や、虎が死んでしまうと新聞にも報じられる。こうしたことが、「生きているもの」に対する愛情をうむ。動物だけではなく、さまざまな生命に対して尊敬の念を持てる子供が育つ。

F以園での体験が、豊かな人間性をもつ青少年を生み出す。

い泙拭動物たちも、自然界での弱肉強食とはちがった、安全で、食料もきちんと与えられる生活で、それなりに幸せな生活を送ることができる。

なども考えられるでしょう。

Posted at 2018年10月09日 19時16分08秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*