英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

英検2次試験対策(準1級)

英検2次試験対策(準1級)

1次試験、お疲れ様でした。

さっそく2次対策、というのは、気が早すぎる、と思われるかもしれません。

でも、実際には、合格通知を受け取るのは、2次試験の10日から1週間まえです。

今から取り組んでも、時間が足らないくらいです。

しかも、2次試験の方法は、変わりません。

いくらでも今後、利用できるのです。

さて、それでは、まず、2次試験の方法をおさらいしておきましょう。

会場に出かけると、受付で、面接カードを渡されます。

その後、順番に、試験を受ける部屋に案内されて、そのまえで自分の順番を待つことになります。

係員の指示に従って面接室にはいります。

このとき、"May I come in?"といって、試験官からの"Yes, please."を確認してから入りましょう。

すぐに”Please sit down."とか”Please be seated." などといわれますから、"Thank you."と言って着席します。

試験官が、あなたの名前と、受験級の確認をします。

"Please tell me your name." "Are you taking pre-1 examination?"

そのあと、ごく簡単な会話をして試験開始です。

"What's new?" "How did you come here?" "Do you use English at your workplace?"

イラストのついた問題カードが渡されます。

指示文を黙読して、4コマのイラストのナレーションを考えます。時間は一分です。

時間になると、”Please begin." などと、ナレーションを始めるように指示されます。

問題カードに、この文で始めること、という指示が(英語で)書いてありますから、その文で始めてください。

時間は2分です。

できるだけ4つのイラストを2分間で説明し終えるように、練習をしておくとよいです。

そのあと、試験官の質問に答えます。

質問は4つあります。

最初の質問は、直接イラストに関係するもので、登場人物のうち、ひとりの気持ちを尋ねるものです。

2つ目以降は、直接関係しない、関連問題なので、イラストのカードは裏返して答えます。

2,3,4の問題は、受験者の意見を問うものなので、賛成か反対か、できるだけはっきりと、具体的な例や説明を使って答えます。

試験が終わったら、カードを返却して、退出します。

このとき、試験官へのあいさつをして、部屋を出ます。
”Thank you very much.””Good bye."

英検のホームページからも、模擬試験の仕方が分かります。

また、エブリでも、2次試験まで、入会金不要、割引価格でマンツーマンの面接指導を行っています。ご興味があればお問い合わせください。tel 052-934-1030

Posted at 2018年10月09日 18時53分28秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*