英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

今日から英検1級

今日から英検1級

○リスニング編

パート4は、5分程度のインタビューを聞いた後、二つの質問に答える形式。

まず、インタビュー自体がかなり長いので、事前に問題に目を通しておく必要がある。

つぎに、このインタビューは、結構専門性が高いので、問題点は何かを、早めに理解しなくてはならない。

こうした性質から、イングリッシュ・ジャーナルのようなインタビュー中心の雑誌などで、耳慣らしをしておかないといけない。

このインタビューは、ある程度は打ち合わせがなされているけれど、即興的な部分もあるようで、言いよどみ、無駄な繰り返し、言い換えが、他のパートに比べて起こりやすい。

そういう意味では、最も厳しい問題かもしれない。

5分程度のインタビュー、ということを目安にして、いくつか、社会的な問題に関して、職業として活躍している人の話を聞くとよい。

特にメモの取り方。

細かな年号とか、人数、費用の価格などが出題されることはまずない。

むしろ、考え方の流れ、いくつか出てきた例や、説明の論理、などに注目する必要がある。

たとえば、講義のようなスタイルのまとまった話をきいて、流れをまとめる練習などは有効。

実際には、講義ほど、整然としているのではなく、わきにそれたり、途中で話が消滅したりすることもある。

逆にリアルな録音と言える。

先ほど例に挙げた、English Journal などが最適ではないかと思われる。

Posted at 2018年09月16日 18時49分12秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*