英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

今日から英検1級

今日から英検一級

○リスニング編

1級のリスニングには4つのパートがあります。

二つ目のパートでは、まとまった長文が読まれて、その後、質問が二つ流れます。

内容が、割と科学的な論文で合ったりします。

たとえば、最新の問題では、こんなものが出ました。

気象変動とマスコミ、というテーマです。

まず、アメリカのマスコミでは、客観的な報道が求められる。

したがって、アメリカのジャーナリストたちは、自分の意見を抑えて、事実を客観的に述べようとする。

ある問題に二つの解釈がある場合には、双方の解釈に対して同じように時間をかけようとする。

ここで一つの弊害が生じる。

気象変動に関しては、98%の科学者の間では、人間に責任がある、という結論が共有されている。

ところが、のこりの数パーセントの意見も、対等の時間をかけて報じる。

そこで、アメリカ人の多くの人は、異常気象について、人類に責任がある、という考え方が、多くの科学者の間で認められていることについて、知らない人が多い。

と、論旨がそこまで進んだところで、

だから、マスコミは、もっと現実を反映した報道の仕方をすべきだ。

という結論に落とし込んでいくわけです。

そして、これに関する2つの質問。

アメリカ人の多くが持っている、異常気象に対する考え方は?

そして、マスコミとしてはどのように対応すべきか?

選択肢の問題なので、取りつきやすいとはいえ、これだけの内容の英文を、きっちり聞いて、性格に回答するのは、なかなか難しいものがあります。

このレベルの英文を聞き慣れる必要があります。

おそらく、一番、よい教材は、1級のリスニング問題です。

ですから、同じ教材でも何度も聞いて、意味を頭の中で整理する必要があります。

できるだけ、頭の中で訳をするのではなく、そのまま、英文を聞いて、理解していくことが大切です。

Posted at 2018年09月14日 18時29分45秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*