英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

今日から始める英検1級

今日から始める英検1級

単語習得(その1)

まず、最新の英検過去問題集を用意する。

最初の問題が単語問題なので、これだけを、1問30秒、全部で25問なので、13分で回答できるか挑戦してみる。

ほとんどの方にとって、これはとても大変な苦行であるはず。

準1級に合格した後、あまり勉強してこなかった、という人にとっては、1級の問題は、取りつく島がない、と言ってもよいと思う。

知らない単語は全て、できれば大辞典を使って意味を調べる。

この時、単に意味だけではなく、英語の意味や、例文などで、できるだけ詳しく、自分が納得できるようなところまで、調べていく。

作業としては大変なので、単語問題の最初のページの7問の選択肢だけをしらべてみる。

これでも28語あり、これについては、次のようにノートに記述していく。

pitiless = 無慈悲な showing no pity
これは、わかりやすいので、必要がなければ記入しなくてもよい。

irascible = 怒りっぽい becoming angry very easily;irritable
これも、irritableが同義語として出てくればわかりやすいので、簡単なメモでよい。

frugal = つましい、倹約する ex. She is frugal with her money.
= simple and plain and costing little: using only as much money or food as is necessary ex. a frugal existence/life

aberrant = 悪徳の、常軌を逸した、異常な。異常者。
      = not usual or not socially acceptable; ex. aberrant behavior
Under the circumstances. that would be an aberrant consequence.
(そういう状況では、そのような結果には、普通はならないだろう)
              直訳なら、「そのような結果は異常事態だ」

こういった形で、気になる単語を書いていき、特に、意味の掴みにくい単語については最後の部分のような、直訳とか、どうしてこのような意味になるのかを書いておく必要がある。(1級では、特にこのような出題の仕方が目につく場合がある)

Posted at 2018年09月12日 23時03分45秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*