英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

2歳児、助かる!

2歳児、助かる!

このところ、あまり面白くない事件が続いていましたが、ひさびさに「快挙!」という報道がありました。

皆さんもご存じだと思いますが、行方不明になっていた2歳児の「よしき」くんが発見されたニュースです。

ジャパンタイムズに載っていた記事から、一部、ご紹介させていただきます。

3-day survival of lost toddler hailed a miracle.

toddler = よちよち歩きの子

hailed = 歓迎される

「3日間、行方不明になっていた幼児が生還、奇蹟として大歓迎!」

This week's discovery of an uninjured 2-year-old boy who had been missing for three days on an island in western Japan is being called a miracle with experts remarking that the hot weather and time elapsed since his disappearance had made a safe return seem unlikely.

長い文章ですが、まず、主語は This week's discovery から in western Japan まで。

uninjured = 無傷で

missing = 行方不明の

「今週、西日本の島で、3日間にわたって行方不明だった2歳の少年が無傷で発見されたこと」

is being called a miracle = is being called は進行形の受身。〜だとよばれている。

だから、ここでは、「奇蹟だと呼ばれている」

with = ここでは付帯状況というようないみで、そのうしろにexpert がついてくるので、
「専門家たちは〜といっている」

remarking = 発言している

elapsed = 時が経過する

ここからは、with experts remarking that で、そのthat の後からを拾ってみます。

・・ the hot weather and time elapsed since his disappearance
「熱い気温と、失踪してから時間がたったこと」

・・had made a safe return seem unlikely.

「・・が安全な帰還を、なさそうにみせた」

まとめてみましょう。

「今週、西日本の島で、3日にわたって行方不明になっていた2歳児が、無傷で発見されたことは、

専門家が、この暑い気温と、行方不明になってから時間がたっていることで、無事に帰還すること

は、ありそうにない、と発言していたこともあり、奇蹟と呼ばれている」

Posted at 2018年08月18日 17時50分02秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*