英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

英語プレゼンの方法

英語プレゼンの方法

英語でのプレゼンの仕方はどうすればよいのでしょうか。

こうした質問が寄せられました。

基本的にプレゼンには3つの要素があります。

まず、内容。構成。そして英語です。

内容に関しては、プレゼンをする方の問題です。

構成に関しては、3つのポイントを考えていただきたい。

第1に、話しの地図を作ること。

全体のお話をどのように進めるのか。

第2に、聞き手について知っておきたい。

年齢は?この話について、どの程度知っている人なのか?

たとえば、交通安全の問題について、小学生に話すのと、成人に話すのでは全く違います。

小学生なら、自動車も運転しないし、低学年なら、自転車さえ使わないでしょう。

歩行者として、どのように行動すべきか、また、車の前後を歩かない、などを話すことになるでしょう。

それに対して、成人であれば、当然、加害者になることを考えなくてはなりません。

今は、自転車でも加害者になってしまう時代です。

こうしたことを考えたうえでのプレゼン構成をしなくてはなりません。

第3には、話し手サイドの問題です。

いかにわかりやすく、具体例を多く取り入れるか。

こうしたことが重要なポイントになってくるわけです。

Posted at 2018年07月20日 22時23分43秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*