英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

コロラド州の同性婚騒動

コロラド州の同性婚騒動

タイムに載っていた記事です。

アメリカはコロラド州で、ある、同性婚カップルが、地元で評判のパン屋さんのところにやってきました。

彼らが言うには、結婚式を挙げるので、ぜひ、この店でケーキを作ってほしい。

ところが、店主のフィリップさんは、敬虔なキリスト教徒。

この同性婚というのが、我慢できない。

そこで、この二人に対して、結構きつく、「自分は同性婚には反対だ。宗教的な理由で許せない。だから、サービスも商品も得ることはできない」と言ってしまいます。

同性婚をあげる二人は、この言葉に怒ってしまい、訴訟を起こすことにします。

コロラド地方裁判所では、二人の側に有利な判決を下します。

フィリップさんは、営業権まで失いかねない裁定が出てしまいます。

これが6年前。

そして、この問題はついに、最高裁までもつれ込みます。

はたして、「同性婚の権利」にたいして、批判をする「言論の自由」は認められるのか。

全米の注目を浴びた裁判が結審しました。

「同性婚の権利」か?「言論の自由」か?

実は、最高裁では、その問題についての決断はしませんでした。

???

何が起こったのかというと、最高裁では、次のように述べたのです。

「コロラド州裁判所の決定は不備があり、この裁定を棄却する」

その不備とは?そして、結果はどうなったのか?

Posted at 2018年07月17日 17時20分03秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*