英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

即席スピーチのヒント

即席スピーチのヒント

新聞は近い将来消滅するか、というトピックでの即興スピーチを考えなくてはならないとしたら、どうしますか?

新聞は紙でできているから、木材を消費する。

しかも、全頁がきちんと読まれているわけではなく、興味関心に合わせて、テレビ欄しか見ない人、宣伝広告だけが欲しい人、連載小説を読みたい人、いろんな読者がいます。

だとすると、読まずに捨てられてしまうページもずいぶんあるでしょう。

そういう意味では、新聞は膨大な、紙の無駄遣いかもしれない。

そんなところまででした。

さて、インターネットの形で提供されている新聞ならどうでしょう。

それは、今までの新聞の概念をすっかり変えてしまう「新聞」なのかもしれません。

たとえば、ページ数。

従来の新聞は、使えるページ数が決まっていて、どれだけ載せたい記事があっても、載せられる量が決まっていました。

インターネットだと、量には制限がありません。

面白そうな内容なら、いくらでもページを割くことができます。

また、ある日、何も起こらないようなこともあるでしょう。

そんなときには、更新しなければよい。

読まれないページがあっても、原料があるわけではないので、困りません。

そうすると、読んでもらえるか、もらえないかの分かれ目は、おもしろいかどうか。

書き手のユニークさが物を言うのかもしれません。

いやいや、単に、一つの単語で検索した時に、上位に出てくるかどうかだけかもしれない。

だとすると、インターネット新聞なども、誰にも気づかれないうちに消滅してしまう、ということもあるでしょう。

これも、一つの面白い切り口になるかもしれません。

Posted at 2018年06月30日 19時25分34秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*