英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

英検1級2次マニュアル

英検1級2次対策(スピーチと質疑応答)

 ̄儻1級のスピーチは次の要領で実施されます。
  
1.会場の前で、試験の順番を待ちます。
  
2.呼ばれたら、会場のドアをノックして、”May I come in?”と尋ねます。
  
3.試験官の”Yes, please.”という返事を確認して、入室してください。
  
4.入室すると、採点表を試験官に渡します。
  
5.”Please sit down.”と言われたら、着席してください。
  
6.日本人とネーティブの試験官、タイムキーパーの3人がいます。
  
7.1分ほど、自由会話で、簡単な自己紹介や、仕事の内容などを訪ねられたりします。

ここでの会話は、採点の対象にはなりません。

ただ、アティチュードでは、「やる気」「発音の明瞭さと声の大きさ」「審査員の目を見るように話しているか」がとわれますから、その部分は観察されていると考えてください。
  
8.スピーチのトピック5つがかかれた問題用紙が手渡され、1分間の準備時間が与えられます。
  
9.タイムキーパーが、準備時間の終了を告げ、すぐにスピーチを始めます。所要時間は2分です。

Posted at 2018年06月22日 22時59分50秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*