英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

赤は、悪いイメージ?

赤は悪いイメージ?

ある教育関係のレポートからの話題です。

コネティカット州のダニエルズ小学校では、教員たちが、生徒の提出物や、テストの採点をするのに赤を使っていました。

赤ペンで、間違いを訂正して、正しい答えを書く。

ところが、これに対して、抗議の声が上がりました。

生徒は、テストが帰ってきたり、提出物が戻ってくると、赤でびっしり書き込まれている。

これがストレスになる、というわけです。

そこで、校長先生は、赤を使用禁止としました。

赤が、やり玉にあがり、教員たちは、赤を使わないようにし始めました。

同時に、教え方の改革も行われたようです。

たとえば、まず、間違いを指摘するより、よいところを取り上げて、その後、改良すべき点を指導する、というもの。

教員は、まず過ちを指摘する傾向があるが、そうではなく、もう少し肯定的に見るようにすべきだ、というわけです。

赤の代わりに選ばれたのは、紫でした。

カラースペシャリストのナンシーアイスマンさんに言わせると、紫は、コミュニケーションとの
つながりにおいて、よい色なのだそうです。

また、別の試みもなされています。

先生たちがチェックする前に、生徒同志で採点しあって、修正など行うと、それほど抵抗感がなく、受け入れられる、ということもわかりました。

メリィランドの小学校では、この方法で、先生たちが何色を使おうと、あまり問題にはならないようです。

・・・
たぶん、わたしたちは、あまり先生の使う「赤ペン」には抵抗がないように思うのですが・・。

お読みになった方はどう思われますか?

Posted at 2018年06月22日 18時53分00秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*