英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

2次試験対策ーこれから10日でできること

英検2次対策 これから10日でできること

いよいよ英検の2次試験が近づいてきました。

初めての方にとっては、不安材料に事欠かないと思いますし、残念ながら前回失敗してしまった方にとっても、どこがどう悪かったのか、気になっていることでしょう。

こうした方たちにぜひやっていただきたいことを3つ挙げてみます。

_甬醋笋鯑匹燹

本屋さんに行くと、英検問題集がいっぱい出ています。

2次試験に合格したい方は、ぜひ、「過去問題集」を手に入れてください。

そして、面接の過去問題を、できるだけたくさん、目を通すこと。

試験は、過去の実績のもとに作られています。

どの級であっても、過去の出題にならって作成されるわけです。

イラスト一つとっても、似たような絵があったりして、過去問題の重要さは明らかです。

ぜひ、予習して、どんな問題が出るか、予想してみてください。

問題はできるだけ最新のものを選ぶといいです。

過去問をやってみる。

過去問に目を通して、どういう出題傾向があるのか、どんな手順で試験が実施されるのか、基本的なことが分かったら、実際にやってみてください。

このときは、キッチンタイマーなどを利用して、音読のための準備のできる時間とか、イラストの説明に必要な時間とか、計ってみること。

これをすることで、実際の試験を受けたときの感じがつかめます。

準1級では、説明時間も決められているので、短すぎたり、長すぎたりを避けるために、必須です。

数を多くやるより、1回分を繰り返して。

意外に思うかもしれませんが、1回分を繰り返すことで、自分の説明の仕方の良い点、悪い点が明らかになります。

できれば、録音して、模範解答と比べます。

また、パッセージ、イラストの後の質疑応答も、事前に吹き込んでおいて、やってみると、自分の弱点が分かります。

試験まで、速いかただとあと10日。健闘をお祈りしております。

(英語で困ったら、エブリ・イングリッシュ・サービスまで!)

Posted at 2018年06月21日 08時49分15秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*