英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

効果的英会話学習法

効果的英会話学習法

英語を教える仕事をしていると、いろんな方から、「英会話がうまくなる方法が知りたい」といわれます。

どうも、世の中の多くの方たちは、「英会話」というものと、「英語」とは別物で、なんとなく英会話は簡単に学べそうな幻想があるようです。

わたし自身、海外生活があるわけでもなく、「英会話」にあこがれたこともあまりないのですが、ただ、英語の音に対する興味は以前からありました。

それはともかく、英会話の学び方です。

ある歯医者さんに英会話を教えたことがあります。

この方は、50代後半で、娘さんがイギリスに留学されていて、自分も少し手も言いから英語が話せるようになりたい、という希望を持っていらっしゃいました。

そこで、NHKの基本的な「英語」のテキストをお持ちして、それのスキットというか、英会話の本によくある会話練習の数行の会話を覚えていただく方法とを取りました。

毎回、ちょっとした雑談をして、そのあと、レッスン1から、同じ会話の繰り返し。

"Do you study English at school?" "Yes, I do. I study English at school."

"How often a week do you study English?" "I study it four times a week."

といった具合で、毎回、同じレッスン1からはじめて、すこしずつ次のレッスンに進みます。

それもはじめのレッスンは完全に暗唱できるようになってから。

これは、効果が上がりました。

実際、英語表現が完全におぼえられるので、とても役に立つ、とお褒めをいただきました。

この方以外にも、主婦の方や、床屋さんといった、さまざまなバックグラウンドをもった、「英語にあまり自信のないかた」では大成功でした。

それこそよくある表現ですが、[だまされたと思って]挑戦してみてください。

(もし、だまされたと思って挑戦したい方がいらっしゃったら、エブリにお問い合わせください)

Posted at 2018年06月14日 17時18分08秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*