英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

2次対策の方法

2次対策の方法

過去問題を検討する、ということは、思いのほか、軽んじられているように思います。

おそらく、2次試験で、全く予想のつかないトピックに対処になくてはならないのは、せいぜい1級くらいです。

それ以外の級であれば、ほとんど、予想がつく、と言ってよい。

たとえば、準1級なら、

,△覯饉劼凌佑、新聞などを読んでいて、ある考えを思いつく。

△修旅佑┐髻会社の部署での会議で出してみて、賛成してもらう。

実際に実行してみる。

せ廚いけない苦情が寄せられ、困惑する。

というパターンがほとんどです。

過去問題を見てみれば、そのことは一目瞭然です。

2級でも、パターンはあまり変わりません。

こうした状況は、日常的にもよくおこっていることなので、それをどのように説明するか、が課題だと言えます。

この場合、過去問題集を使って、実際に、試験を受けている気持で答えを作ってみること。

さらに、それを口で言ってみる。

そしてできれば、その解答を自分なりに作文しておくこと。

これにつきます。

こうすることで、自分の生活を英語で説明する、という英会話の基礎も達成できるのです。

Posted at 2018年06月16日 16時47分30秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*