英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

2次対策の方法

英検2次対策の画期的方法

前回は、過去問題を読む、ということをお勧めしました。

今回も、過去問題を利用します

同じ問題を時系列で見る。

これがポイントです。

この間のブログでは、「準2級のイラスト問題の出題方法」についてお話ししました。

この時、もし、今までの「イラスト問題」を流し読みでいいので、ご覧いただいていたら、興味深い事実に気が付かれたでしょう。

「英検の面接用問題は、全てパターンがあり、同じようなイラストが(ほぼ)毎回出題されている」

という事実です。

たとえば、準2級イラスト問題の A ですが、さまざまな人たちが、それぞれいろんなことをしていて、それを一人ずつ描写する、という出題です。

自転車を押して歩いている男の子ないし女の子というイラストは、かなりの頻度で出てきます。

また、花に水をやっている風景、ポスターを壁に張っている、ドアなどを修理している、エレベーターを待っている、コピー機を使っている、というイラストも、よく出てきます。

あと、犬または猫を追いかけている少年、というイラストもおなじみのものです。

こうした頻出イラストを勉強しておくだけでも、実際に試験官から手渡された問題カードを見たときに、自信を持って答えられるでしょう。

自分が、答えを間違いなく口にできる、という自信は、ひいては合格に結びつく、重要なポイントであると言って構わないと思います。

今からでも十分に間に合います。

お手元の過去問題集を開いて、面接試験問題を見直してください。

そして、ぜひ、その解答の仕方をまなんで、試験に臨みましょう。

Posted at 2018年06月15日 09時11分12秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*