英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

英検2次試験対策の画期的方法

英検2次試験対策の画期的方法

英検1次試験で、1級であれば、(作文を除く)正答率が7割5分以上、準1級なら7割、2級、準2級、3級なら6割以上という感触がある方へのお話です。

試験の前にぜひやっておいていただきたいことがあります。

まず、当たり前のことのようですが、問題を読む。

たとえば、準2級の2次試験では、イラストに描かれた5人、もしくは5組の人たちが、それぞれ何をしているのか描写する問題があります。

The boy is talking over the phone. とか The girl is closing the curtain. といった具合です。

ある時、ちょうど、いろんな人たちがスポーツの試合を見て、写真を撮っていたり、ジュースを飲んでいたり、電話で話していたり、というイラストが出題されたことがあります。

ある受験者の方が、「彼らは試合を見ている」と答えられました。

でも、問題としては、[一人一人が何をしているか説明しなさい]なので、解答としては不適切ということになります。

こうしたミスは、事前に問題を見ておくことで回避できます。

試験では、何が、どのような形式で出題されるのかを認識しておくだけで、ずいぶん正解率が上がります。

ある程度英語に自信のある方は、ぶっつけでも大丈夫だろうと考えられるようですが、なかなかそうではないので、注意されるとよいでしょう。

このブログでは、数回にわたって、英検の2次対策をお話ししたいと思っています。

では、また次回!

(2次試験について、ご質問などあれば、エブリ・イングリッシュ・サービスまでご連絡ください)

Posted at 2018年06月14日 09時10分47秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*