英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

準1級2次試験

準1級2次試験

二つ目の問題は、イラスト説明の採点です。

採点用紙を見ると、普通の問題は、5点満点なのに、イラスト問題だけは、5点満点の項目が3つあります。

全部で15ポイント、ということですから、ブルってしまいます。

この5ポイントずつ、ってどういうことなの?

イラストひとつひとつだとすると、数が合わないし・・

これは、説明の仕方を違った観点から見ているのです。

最初は、もちろん、全体の流れ。

順番通りに、話しの矛盾なく説明ができているか。

とくに、登場人物の誰かが、こうなればいい、とか、こうしたいな、という具合に考えていることがある場合に、一つのコマの中に、吹き出しにはいった追加的イラストがあったりします。

こうした場合にもちゃんと、そのコマの中のイラストも説明していますか?

ここがポイントになります。

二つ目の採点ポイントは、表現、文法だと思ってください。

イラストには、説明を始めるべき最初の文が、出されていますね。

この文は過去形で書かれています。

ということは、ストーリィ全体が過去形の描写になる。

誰かのセリフは、直接話法を使ってそのままの時制で表すか、間接話法で、時制を前にずらすか。

現在形で説明してしまう人も意外に多いので、要注意。

また、take care of とか looking forward to といった基本的な表現もちゃんと正しく使えていますか。

3つ目のポイントは、発音。

自信のない単語は、ぜひおさらいしておきましょう。

過去問のCDがあれば聞いてみると参考になりますよ。

Posted at 2018年06月16日 18時12分14秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*