英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

準1級2次対策

準1級2次対策

まず、第一のポイントです。

2級や準2級といった、今までみなさんが受験してきた英検2次試験では、イラストを見て、20秒間の時間が与えられました。

そしてそのあと説明です。

ただ、この説明は、何分間という規定があるわけではありませんでした。

ある程度の秒数沈黙してしまうと、まずいな、というのはお分かりだと思います。

でも、準1級の大きな特徴として、2分間の説明、というポイントがあります。

2分間、というのは、結構長くて、実際に始めて説明する方にやっていただくと、ほとんどの方が1分程度で終わってしまいます。

つい、今までの習慣もあり、イラストで描かれていることを、おおざっぱに説明してしまいます。

ぜひ、やっていただきたいのは、過去問の学習です。

イラストを見て、自分なりの説明をする前に、自分のナレーションを録音してください。

そして、過去問題の模範解答と比べてみる。

たいていの方は、ご自分の説明が、とてもあっさりしたものだと思われるでしょう。

イラストは4つあります。

内容は、1、ある人物が新聞など読んで、アイディアを得る。2、そのアイディアを、関係者の間で話し合う。3、アイディア実施のための準備をする。4、実施してみたら、思いがけない障害がおこる。

こういうストーリィが多い。

2分でお話を完結させるためには、1つにイラストに30秒かけることから始めなくてはなりません。

まずはその練習から始めましょう。

Posted at 2018年06月14日 17時55分01秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*