英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

英検準1級2次対策

英検準1級2次対策

今回、問題のレベルアップが感じられた英検準1級です。

1次合格を手にされた方には、本当におめでとうと申し上げたいです。

ぜひ、この勢いで2次も克服して、合格を手にしてください。

というわけで、準1級2次対策です。

準1級の場合、2級、準2級などを受験していらっしゃった方には、形式はそれほど変わっていないような気がすると思います。

でも、思っているより合格しにくいのが準1級2次試験です。

なぜか。

理由は3つあります。

1つは「与えられたイラストの説明時間が指定されていること」です。

1分準備で2分間の説明なのですが、受験される方のかなりは、時間が余ってしまいます。

2分という時間をどうやって消化できるようにするかが大きな問題です。

ふたつめは、イラストの説明の採点方法です。

受付をすると、採点用紙も渡されますから、イラスト説明が5×3=15点というのはすぐわかります。

ただ、何を採点するのか、全く書かれていませんから、それが分かりにくいということです。

最後は、説明の後に続く「質疑応答」です。

これは、2級などと同じように、イラストと直接にはかかわっていないような質問で合ったりします。

ただ、1次の英作文同様に、それなりの答えをしなくてはなりません。

何をどう答えればよいのか、わかりにくいという点です。

これからその3点について、考えていきます。

Posted at 2018年06月13日 17時54分27秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*