英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

1級2次対策

1級2次対策

いままで、考えられる2次の落とし穴についてみてきました。

なかには2次試験に臨むのが怖くなった方もいらっしゃるかもしれません。

でも、あまり気になさらないでください。

今までに英検を受験してきた方は、合格されてきた試験を振り返ってみてください。

問題集などで、2次試験の問題の出し方や、答え方を勉強されたのではありませんか?

何より無謀なのは、どのような試験なのか、知らないままに受験することです。

多くの場合、こうした方法を取ると、せっかく合格できる実力があっても、よい成績を残すことができない方も多いです。

試験を受けるときには、過去問題と、出題の方法、理想的な回答の出し方をしっかり研究することです。

初めてできた試験に挑戦するという、特殊な場合を除くと、過去問題、出題例、方法マニュアルは、最も参考になる資料だと言って差し支えありません。

全然試験の内容を知らずに受験する場合、(特に面接では)2ランクぐらい上の実力がないとなかなか合格できません。

調べておけば、そしてある程度リハーサルを重ねておけば、どのあたりが合格ラインなのかわかってきますし、果たして自分の学力がそこまで言っているかどうか想像できます。

もちろん、わたしたちの主催しているエブリのような、研修期間も、文字通り研修の機会を経験していただくことで、大いにお役に立てるかと思います。

特に大切なことは、1次合格の報を受ける前から、「受かりそう」という感触があれば、2次対策を始めること。

合格の連絡が来るのは、2次試験の1週間から10日前にすぎません。

特に1級のような、レベルの高い試験においては、それだけの日数で満足のいく対策をとることは、なかなか難しい。

皆さんのご健闘をお祈りしております。

また、何かお役に立てることがありましたら、いつでもご連絡ください。

できましたら、ご連絡はメールでお願いいたします。お送りいただいた翌日には、ご返事させていただけると思います。

では Good luck!

Posted at 2018年06月16日 09時48分24秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*