英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

1級2次対策

1級2次対策

まず第一のポイントである、理由を前に述べる、ということです。

1次の作文であれば、

I disagree that hosting 2020 Olympic games is beneficial for Japan because of the following three reasons.

Firstly, ...

Secondly,...

といった形式で十分です。

試験では、ある程度時間にゆとりもありますし、前提として、完成した作文を読んでもらうということになりますから。

(逆に言えば、完成していないと、形式が整っていないので減点になります)

2次面接では、スピーチの許された時間は2分しかありません。

もしかしたら、末尾の結論までたどり着かないかもしれません。

それどころか、二つ目のポイントさえも十分に説明できないという事態もあり得ます。

ですから、序論のところで、ポイントについては、さらっと言っておくことが重要です。

先程の例ですと、

I disagree that ... といったあと、because of the following two reasons; economy and how to use the buildings built for the games. といった具合に述べておくことです。

この時、詳しく説明する必要はありません。

それは、ひとつひとつの説明の場面、つまり本論に譲ります。

また、お気づきの通り、かなり漠然とした答え方です。

economy といわれても、どちらかというと、経済的にはむしろ潤うのではないか、と考えられます。

でも、二つ目の記載、オリンピック用の施設をどうするのか、のほうは、何となく言いたいことが推察できます。

ということは、二つ目の理由については、万一時間が不足しても、聞き手がある程度は想像で補うことができるものだ、ということ。

この場合、最初の理由をある程度時間をかけて詳しく説明してかまいません。

むしろ、わからなければ審査員の方が質問してくれるさ、という気持ちでいてもよいでしょう。

Posted at 2018年06月13日 09時13分31秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*