英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

基本的な英会話力を身につけるために

基本的な英会話力を身につけるために

まず、自分のレベルから考えて、簡単だな、というレベルの教材を選びます。

大人の方なら、講談社の「英会話・ぜったい・音読」(標準編)がおすすめ。

これは、中学校3年生のテキストのレッスンを集めたもので、CDもついています。

これをできるだけ毎日音読します。

できれば、CDと聞き比べて音読するとよいです。

1日30分。

1週間、毎日おなじトラックを読みます。

意味が解らないところがあれば、辞典で調べて、意味が確実になったら、何度も何度も読んで、見ないで言えるようにしましょう。

このとき、あわてて、暗記しようと思って練習しないこと。

繰り返していれば、だんだんといえるようになります。

学習の仕方は、この本に詳しく書いてあるので、できるだけそれに忠実に従ってやってみること。

次に英作文。

これは、先ほどの本をトラック10まではきっちりやってからやってほしいのですが、自分の生活で、音読教材と重なったようなところを、英文で書いてみる。

複雑にしない。

I went to school. I met Mr. O and talked about the book. I told him about a mystery story. I like this one. It was written by Seishi Yokomizo.

というような簡単なものでまずは十分。

ほかに、リスニングのやさしいものを繰り返して聞くとよいです。

できれば、こうした方法で、毎日自宅で30−60分やると、すこしずつですが、だんだんと英語ができるようになります。

エブリでも、こうしたレベルのコースを開講しています。

ご興味ある方はお問い合わせください。

Posted at 2018年05月27日 19時27分54秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*