英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

死刑肯定論

死刑肯定論

死刑肯定論で、前回は、「再犯が起こりえない」をあげました。

ほかには、「生活費の問題」があげられます。

これは、データを調べておらず、オフハンドの状態で書いていますので、その点、ご了承ください。

死刑は、「刑の執行」=「死」ですから、国家がいつ刑を執行するか、決定することになります。

日本では、死刑判決が出ても、実際に執行されるまでにはずいぶん時間がかかるようですから、次の論は成立しないかもしれません。

つまり、懲役であれば、自分の生活費(居住費、食事、医療、管理費用)などは全て、税金で賄われます。

死刑の場合、刑の執行が、判決の後、速やかに行われれば、費用はあまりかからない、といえるでしょう。

再審請求をしている間、刑の執行はされないのが、慣例になっているようです。

それ以外にも、刑の執行までに時間がかかるのは事情があるらしい。

ただ、ある方によると、アメリカでの計算では、懲役も、死刑もかかる費用はあまり変わりがない、とのことです。

このブログでは、そこまで調べていないので、何とも言えません。

Posted at 2018年04月24日 22時11分11秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*