英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

死刑賛成論

今回、実施させていただいている英検対策セミナーで、取り上げたテーマの一つが死刑制度肯定・否定論でした。

まず、基本的な、肯定、否定の立場に立つ文章に目を通していただいて、英語で要約、次は、同じテーマによるリスニング。

そのあと、英語でのディスカッションをしたうえで、今まで見てきた内容、表現を生かしつつ、英文を書いていただく、というレッスンです。

賛成論では、こうした作文になりました。

Capital Punishment is necessary

(Introduction)
In a democracy and any other systems, the government should punish those who committed some wrongdoings.

Especially, killing or murder is the most terrible crime.

Therefore, the government should decide how to punish these people.

The basic idea of Capital Punishment is: Those who take life from others, they should compensate it with their own lives.

(The First Reason)
Capital Punishment prevent criminals from committing crime again, because they are no longer alive.

(The Second Reason)
Capital Punishment is financially solid, because the cost is limited and the government has to pay just once and all.

(The Final Reason)
Capital Punishment fulfills the emptiness of victimized people. The government cannot permit revenge by individuals. Instead, the government itself has to something for these people.

(Conclusion)
Capital Punishment is necessary. I support this system.

(要約)
死刑は必要だ。他人の命を奪ったものは、自分の命で償うべき。

死刑は、再犯を防ぐ。犯罪者は、この世からいなくなってしまうのだから。

死刑は経済的にも安く上がる。必要な経費は一度しかかからない。

死刑は被害者親族の空虚感をうめることができる。個人の復習を認めないのであれば、政府が何らかの処置をすべき。

死刑を支持する。

(これは、英語作文能力を身に着けるための練習で、個人の思想とは全く関係ありません)

Posted at 2016年12月28日 08時59分49秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*