英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

Get Wise! でよむ「英語の書き方」

Get Wise! がおもしろいです。

パラグラフの書き方で、トピックセンテンスの後、どのようなタイプの文を続けていくか、ということで、

さらに追加をする、and, next, too, also

物理的な動きを表す、above, below, around the corner

例証をあげる、for example, specifically

比較をする、also, likewise

逆、対照を書く、but, however, on the other hand, even though

まとめるための、in summary, therefore

時をしめす、finally, first, meanwhile

原因や結果を表す、for this reason, as a result, therefore

といった表現を出して、使うように言っています。

もちろん、実際にでている参考例は、内容そのものが面白く、上記のような表現がなくても十分楽しめるものなのですが。

The first time I age a jalapeno pepper, I though my mouth would explode. I knew the pepper would be hot, but I didn't expect the heat to linger for so long. Beads of perspiration formed on my forehead, trickled down my temples, and soaked the collar of my shirt. Even though I drank three glasses of water, it took a good five minutes before I was able to cool down. Despite the discomfort I experienced from that first pepper, I couldn't help but eat a second.

という具合で、多少わからない語があっても、躍動感があるので、一気に読めてしまいます。

私たちの書く文章は、意外性があまりなく、例も、どちらかというと、説明的なので、読んでいてエキサイティングではないですね。

やさしく、ぴったりの動詞を使って、読んでいるうちにわくわくしてしまうような、文を書けるようになりたいものです。

→冬のセミナーのお知らせ!
 2016年12月26日より、英文でテーマのある文を読み、ディスカッションして、さらに同一テーマでのエッセイを書く形式の、準1級、1級対策セミナーを開催します。
 やさしい語を使い、生き生きとしたエッセイの書き方を指導します。
 ぜひ、ご参加ください。

Posted at 2016年12月05日 21時14分50秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*