英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

こうして学ぶ音読!

音読しましょう。

そういわれても、何をどうすればよいのか、という方もいらっしゃることと思います。

わたしなりの、音読法をお話しさせていただきます。

基本的には、ご自分の必要に合った教材が必要です。

これは、以前、書かせていただいた、音読の教材選びのブログをご覧いただくとして、とりあえず、教材はある、としましょう。

まず、ご自分の知らない単語、読みづらい単語をピックアップして練習しましょう。

このとき、自分流にやってしまっては意味がないので、お手元に電子辞書なり、スマホがあれば、その音声を参考にしましょう。

何度か繰り返し聞いてください。

そのあと、音声に続いて、自分でも発音してみます。

できれば、それを録音して聞いてみるとよいでしょう。

案外、自分ではうまく言えているつもりでも、そうでないことが多いです。

松本亨先生は、50回、言ってみてください、とある教材で書かれていました。

すると、「50回も、ですか?」という読者の方からの投書が届いていました。

むしろ、何回と区切るのではなく、音声モデルの発音が、再生できるまで、というのが正しい練習方法だと思います。

その後、前後の単語を合わせて、ひとまとめにして読む、という練習をします。

station という単語であれば、当然文章にはat the station とか、go to the station といった表現が出ているはずです。

そうした、意味のまとまりで読んでみる、ということです。

これも50回くらい。

短いものなので、50回、実際にやってみても、1分くらいしか、かかりません。

そうしたら、次は、もう少し長いひとまとまり。

Tom went to the station. とか、We met at the station today. といった具合に、短い文、またはちょっとした節などに口を慣らすようにします。

これをやっておくと、後で全文を繰り返すときでも非常に言いやすくなります。

最終的に、それぞれの文の、細かな部分に対して自信が持てるようになってきたら、文全体を言ってみます。

これは、しっかり練習してください。

この訓練ができると、さらに2文、3文といった具合に続けていって、ある程度まとまったニュースストーリィや、ちょっとしたパッセージなどが、楽に言えるようになります。

そのあと、テキストを見ながら、くりかえしていって、全文が言えるようになれば、さらにくりかえすと、暗誦に近い状態で言えるようになります。

最終的には、テキストを見なくても、全文が言えるようになることが目標ですが、そこまでいかなくても、100パーセント、テキストに頼るのではなく、ある程度参考にしながらも、しっかり自分でくりかえすことができる。

これを目標にしていただけば、非常に力が付くと思います。

Posted at 2016年11月21日 17時46分36秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*