英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

音読中心の学習(2)

音読で大切なこと、それは、次の3点です。

1、できるだけ、細かな部分まで注意しながら、きちんと練習すること。
 
  個々の単語の発音や、複数、時制などをいいかげんにしないで、できるだけ丁寧に読むことが大切です。

  わたしたちは、日本語に複数形がないせいか、つい、複数のsを抜かしてしまうことがよくあります。

  気がついてみると、複数形でいうことを、すっかりおこたってしまっていることも。

  と、同時に、ある程度のスピードで、省略すべき音は省略して読んでいくことが大切です。

  たとえば、can と can't とは「音調」が違います。

  こうした部分にも、気を配って、丁寧に読んでいかないといけません。

2、前回までにやった部分は、完全に言えるようになってから、次に進むこと。

  実は、これは、エブリの大きな特徴だと言えます。

  毎回のレッスンで、音読をしていただくのですが、そのとき、今までにやってきたすべての音読部分を繰り返します。

  つまり、レッスン1から、すべてやっていく、ということです。

  なかには、テキストをほとんど1冊ぶん、復習する方もみえます。

  そのばあい、くりかえすと30分くらいかかってしまいます。

  よほど長い時間がかかるのであれば、前の部分から省略していきますが、それでも、なるべく全体を言っていただくようにしています。

  それは、今までやった部分を、確実なものにしていただくためです。

  ストックが生きているので、必要なときにはいつでも引き出すことができます。

  1回やってできるようになったから終わりにしてしまっては、せっかくの知識が生きてきません。

  このことの大切さは、やっていただくとよくわかります。

3、一文ではなく、パッセージとして、あるいは作品として覚えていく。

  エブリで取り上げるのは、雑多な例文集ではありません。

  最低でも数行でまとまったニュースなり、数ページにわたるレッスンだったりします。

  なかには、長いストーリィを覚えている方もいます。

  これをすることで、初めて出てきた名詞が a という冠詞ではじまるのに、次には the ではじまるかたちとして登場し、さらに that poor bear などといった言いかえをされていくさまが、実体験できるからです。

  最初の項目で触れた、単数、複数の問題だけでなく、英語には、わたしたちが、ある程度、無意識レベルにまで落とし込まなければならない、日本語とは違った発想、考え方があります。

  一文一文の、それぞれバラバラな文の暗記では、あるところに登場した人物が、前に出てきた人と同一人物かどうか、さらにそれを受ける代名詞までの工夫が分かりません。

  それが、せめて数行のパッセージとしてまとまった内容の英文を覚えていただく理由なんです。

Posted at 2016年03月09日 19時45分36秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*