英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

単語を覚える

英検1級で驚かされるのは単語のむずかしさです。

おそらく、準備をあまりしないで受験された方は、選択肢にほとんど知っている単語がないので、びっくりされるのではないでしょうか。

そういう意味では、英検1級というのは、私たちが、意識して覚えざるを得ない単語を勉強する機会を与えてくれる機会なのかもしれません。

最近は「でる順パス単」とか「キクタン」といった教材も出版されて、単語の勉強も少しは楽になってきました。

それでも意識的に覚えていこうとしない限り、ごく普通な勉強をしていてもおぼわってこないのが、ボキャビルの悲しさです。

知らない単語に直面したら、とりあえず、英和辞典、英英辞典を引いてみて、その言葉のイメージを高める。

また、何度か声に出して言ってみて、頭の中で、その言葉の持っている「感じ」を想起できるようにする。

語源などで利用できる知識がないかどうか、特に長い単語の場合にはじっくり考えてみる。

英語を口で言いながら書いてみる。

毎日単語には悩まされています。今まで上げた方法は、それぞれに先達の方たちが開発されて、実施されたものです。
実際にやってみて、自分に合ったものを繰り返すことにしましょう。

Posted at 2012年08月28日 10時04分01秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*