英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

最新!英検1級合格リポート!

7月22日に届いた最新の合格体験記です!
英検1級に合格されました!!

「今回受検1回目で合格することができました。

1年ほど前にこの回に受験しようと決めて準備を始めました。

1次対策として過去問題集を集中的にやりました。

各回25問の正当単語の暗記、長文問題は前から訳す、を中心に行いました。
試験1−2か月まで殻は実際に受験通りの時間帯で事故模擬テストをして、大体の時間配分をつかみました。

長文読解が苦手だったので、TIMEやNewsweekを短時間でもいいので毎日読むようにしました。
(これで長文慣れして、結果的に長文は26点中25点が取れ、合格の決め手になりました)
1次試験は82/113でした。(合格ボーダーは78点)

ちなみに2次面接でも選んだトピックが国際的な時事問題だったため、この知識が生きました。

2次試験は、1次合格を予期していなかったので何の準備もしていませんでした。
勉強法もよくわからなかったので、評判を聞いていたエブリに伺いました。

田口先生には計4回、1度行ったスピーチを先生の指導のもと、改良してまた実施という練習をくりかえしました。
先生の英語はナチュラルスピードで、質問も速く、とてもきつかったのですが、そのおかげで本番が却ってやさしく感じられて、気持ち的にも余裕が出ました。

自宅手は、ここ10年程の過去出題テーマをインターネットで検索して、本番と同じ条件でスピーチして、声を録音して聞きなおしました。
文法チェックと言いたいのに言えなかった表現を確認しました。

本番では、世界のリーダー国家に関する出題でした。

おかげで、まず冒頭に「アメリカをリーダー国家と考える」という内容で、理由2つをあげて述べました。

そのあと、いくつか質問がありましたが、ある程度よどみなく答えることができました。

結果としては
SHORT SPEECH 24/30
INTERACTION 24/30
GRAMMAR AND VOCABULARY 16/20
PRONUNCIATION 16/20
合計 80/100 (合格ボーダー60点)

実際のスピーチでは、いろいろなところでことばが足りませんでした。
言おうと思っていたことも、実際には伝わらなかった部分もあるでしょう。

エブリでの面接練習は、本番での流れをつかむのに大変有効で、人前でのスピーチ慣れにもとても役に立ちました。
緊張はしても頭が真っ白、という状態は避けることができました。

実際、本番で示されたトピックはいずれも苦手なものばかりで、一瞬パニックになりかけたのですが、「どれにするかで迷うのは時間のロス」という先生のことばを思い出し、とりあえず、とっかりのありそうな国際時事をエイヤッと選びました。

迷わなくて本当によかったと思います。

田口先生、どうもありがとうございました。

K」

レッスンの詳しい内容にご興味のある方はぜひエブリまでお問い合わせください。

Posted at 2012年08月17日 09時18分26秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*