英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

子曰く(「し、のたまわく」)

「論語」の冒頭にある文です。

「子曰く、学びて時にこれを習う、また喜ばしからずや」

金谷治さんの『孔子』によると、「学ぶ」とは英語のstudy にも通じますが、新しいことを知ること。
「習う」とはlearn 、つまり一つの物事をくりかえして習熟すること、だそうです。

『新しいことを知って、それに習熟する。楽しいことだね』
という意味になるそうです。

長い間、聖人としてあがめられてきた孔子の言行録が「論語」である、といわれています。

日本でも、かなり昔から愛唱されてきた書物です。

時代劇などを見ていると、寺子屋の子供たちが先生の後にくりかえしている「し、のたまわく・・・」は、「論語」なのでした。

以前、論語を読んでいたことがあります。

最近、引越しの荷物の中から、文庫本の「孔子」が出てきました。

これは「論語」というよりは孔子の生涯を記述した、入門書なのですが、数ページ読んだところで、つい読みふけってしまいました。

たまには古典を手にしてみるのも、学ぶものが多くあるようです。

Posted at 2012年02月24日 08時40分02秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*