英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

天才はうらやましいか

本当に天才としか呼べない人たちがいます。

わたしが高校で教えていたころ、Aくんがいました。

かれは、英語の授業中に、物理の本を広げていました。
普通だったら注意するのですが、彼の場合には特殊事情がありました。

この時もそうです。

訳読の作業が一段落したとき、突然、手を上げて、「先生、質問があります」といいます。それからおもむろに机の上に重ねられていた物理の本をどけ、ノートを持ち上げると、その下にあった英語の教科書を取り出して、かなり難解だったある英文の訳し方について質問をしたのでした。

また、別の方でOさんという方がみえましたが、この方の娘さんは、大学生の頃、お母さんの使っていた英検1級の問題集をちらちら見ていて、次の試験であっさり1級に合格してしまったそうです。

もっとも、この方の場合、あまり英語に執着はなかったようで、次には司法試験を目指し、これまた、至極簡単に受かってしまったらしい。

わたしたち、凡人にとってはうらやましいとしか言いようのないことですが、ご本人にとっては、英語も、弁護士資格もあまり執着が持てるものではなかったらしく、さらに別の方向に進んでいったと伺っています。

一つの物事に時間をかけて取り組んで、失敗をくりかえしていく間に、その物事(たとえば英語ですね)に対して、愛着が生まれてきて、それで頑張っていこう、という気持ちになっていくものだとすれば、こうした「天才肌」の人たちにとって、試験などに簡単に合格できることは、それほど幸せなことではないのかもしれません。

何回もチャレンジしても合格できないのも悲しいことですが、そこまでの執着が持てず、何が自分の得意なのかわからないのもつらいことかもしれません。

Posted at 2011年12月31日 18時40分40秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*