英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

英作文添削「紙の本かe-ブックか」(3)

今回のエッセイの構造は、序論―本論(理由1)―本論(理由2)―結論 という流れになっています。いよいよ結論、最終段落です。


For these reasons, I prefer traditional reading style, even though I recognize that it is more convenient to read e-books than old ones. A lot of people predict that paper books will disappear, however, I hope that publishers continue to release paper books in the future.

I prefer のあとにthe を入れておきましょう。

これは、今までの読書スタイルは紙の本を読むことだけでしたから、特定できるわけです。

style を避けたいので、I prefer their traditional way of reading にして、さらに文末than old ones は言わなくてもわかりますから、省略します。

∨尾に近いpaper books が、同一文2回目なので、them に変えておけばいいでしょう。

というわけで、添削の作業を見ていただいたわけですが、いかがだったでしょうか。

今まで、エブリでは、多くの方に書いていただいた作文を添削させていただきました。

その中で、特に注意していただきたいことは次のようなことでした。

1.文章を書く前に全体を見渡したメモを作りましょう。

ぶっつけ本番で書いたり、思いつきで書くと、途中から書けなくなって、もう一度書きなおさなくてはならないことがよくあります。

こうなってしまうと、時間がどれだけあっても足りませんから、はじめから「こういうことを書こう」という計画を立てることが大切ですね。

2.おなじ文の中で2回以上、同一の単語をくりかえすという事態が生じないようにする。

日本語で作文をしていると、少々くどくても、同じ表現を使って、説明することがていねいな感じを与えます。

ところが英文では、それはくどい印象を与えてしまうようです。

3.論理!

日本人は論理的ではない、という方がいます。もちろん、そんなことはないので、日本人が論理的でないとしたら、たぶんロケットなど打ち上げられないでしょう。

ただ、論理的なスタイルになれていない、ということはあるでしょう。

エッセイなどでも、ついつい、余談に力が入ってしまう、ということがよくあります。

ただ、英文エッセイの場合、それは大変まずいことのようです。

まず、結論を書き、そのあと理由を述べ、具体例をあげていく、というスタイルを崩さないことが重要です。

自由英作文の添削をコメント付きで書いてみました。

また機会があれば、別の作品について行ってみたいと思っています。

英検対策講座はコチラ

英文エッセイを書こう!会話にも英検にも役立つ英作文コースはコチラ

Posted at 2011年10月23日 22時37分47秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*