英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

聞き分けられないcan と cannot

日本に来て間もなくのネイティブの方たちから、日本人はYes とNo の区別ができない、と何度か言われました。

たしかにDon’t you like me? と質問されたときに、「好き」ならYes だっけ、No だっけ?と迷うのはわかります。
(正解はYes。英語ではDon’t you と聞いても、Do you と尋ねても答え方は同じです)

そこで、状況を詳しく尋ねてみると、こういうことでした。

自己紹介などで、「わたしは車を運転することができます」というような場合、I can drive. となります。

できなければ I can’t drive. です。

この時の発音の仕方ですが、can drive というのは、can の n の音と、drive の d がくっついた感じでcan drive と一続きのまとまった音の連鎖として出されます。

これに対して、can’t drive の場合、わたしたちの耳には、can drive をゆっくり言ったように、can // drive という具合に聞こえてしまいます。

なぜでしょう。

英語では、一息で、まとまった情報グループを一気に発声してしまう、という性質があります。

I can drive. などはごく短い文ですから、発音する場合には、当然一息でなされる単位です。

I can’t drive. も同じような短文なので、一息文であることは同じですが、ここにcan’t という流れを止めることばがあります。

not というのは、それ一語を発音してみればよくわかりますが、t という音は、連続して他の音を出せない独立した音なのです。

舌をあげて、流れを止めるわけです。

具体的には、英語慣れしていない方が話すような、I can// drive. のような言い方になる。

わたしたちはネイティブではないため、英語を話すときには少しゆっくりした話し方になります。
その状態でI can drive. というと、まるでI can’t drive に聞こえてしまうわけです。

ですから、この問題はYes か No の問題ではなく、息で話すか、声で話すか、という問題なのですね。

Posted at 2011年09月06日 23時46分47秒

 
この記事へのコメント



未タイトル

can // drive の表記の仕方、感覚的にとてもわかり易いです。
Posted by ETCマンツーマン英会話 at 2012/01/13 02:55:12



コメントありがとうございます。

以前から、canとcan'tではリズムが違う、というのは感じていましたが、どこがどう違うのか、はっきりした点がわかりませんでした。
そこで、ネイティブの方とお話しするたびに、自分なりに考えた方法で音を出してみて、だんだんとわかってきたのがこの法則でした。
わかりやすい、と言っていただいて、本当にうれしく思います。
Posted by taguchi at 2012/01/14 23:07:54

コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*