英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー

2010年度第2回英検1級合格体験記

2010年度第2回の試験で合格されたWさん(主婦)の合格体験記です。

英検1級の試験に挑戦して2回目、試験終了後の自己採点で、「作文があと少し上がれば合格できる」と思い、2次試験のためのスクールを探していて、エブリのことを知りました。
実際には、この時は、あと4点不足だったので、1次合格もあとすこし、と今から思えば甘い考え方をしていました。

1次試験の難しさは作文にあります。配点は113点中28点と高く、点数は出ても、何がいけないのかわかりません。採点基準もはっきりしないし、問題集の解答例を読んでも、わかりづらくて、どう勉強すればいいのか、悩みました。

エブリでの田口先生の作文指導は
1、作文を書くための基本の方を身につけて、
2.自分の力で作文させて、
3.添削する、というもの。

これをくりかえしました。
おかげで、苦手だった英作文を書くことが怖くなくなり、どんな課題でも何とか15分程度で200語の文章を完成されることができるようになりました。点数も、18点以上はコンスタントに取れるようになりました。

もう一つ苦労したのが長文です。

エブリでは、過去問題を使い、じっくり英文和訳をします。授業では、英文を音読し、訳すという学習をしました。これにより、英文を、正確に理解する力がつきました。

また、自分は、短い時間で、内容を推察しながら大量の英文を読むことが苦手で、特に理系の話題になると、まったく理解できませんでした。
田口先生に相談したところ、「精読すればわかるのであれば、文章全体がすべてわかるわけではなくても、一部分から流れを推理する多読の方法をとればいい」と教えていただきました。
長文では20点中、18点を取ることができました。

最終的には、足掛け4年受験し続けて1次に合格、2次試験は一発合格を勝ち取ることができました。
ありがとうございます!

Posted at 2010年10月31日 10時17分27秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*