英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
WHAT'S NEW

海外ドラマが分かりません!

海外ドラマがわかりません!

「シャーロック」がわかりません!

こんな叫びが聞こえてきます。

お気に入りの海外ドラマが原語で味わいたいのに、ちっともわからない。

どうしたらよいですか。

「シャーロック」は難しいです。

イギリスBBCのテレビドラマですが、英語が速くて、そのうえ、表現が日本語で言われているのとまるで違う。

正直言って、わたしにもわからないところは非常におおい。

おそらく20年位前の話だと思うのですが、あるとき、海外の(特にアメリカの)映画やドラマの英語が一気に難しくなった時期があります。

それより前のドラマは、今聞いてもわかりやすい。

たしかに、一部の表現とか難しいものはあるのですが、それは名詞の問題だったり、先日この欄で述べたように、考え方のずれ、の問題だったりします。

ところが、この20年前の「異変」以来、難しいドラマが増えた。

トピックが分かりにくいのはあきらめがつきます。

悔しいのは、スピードと表現、音について行けないこと。

なぜか。

たぶん、リアリズム、という考え方です。

現実に使われている表現になるべく近づけようという考え方。

それまでは、アメリカファーストではないにせよ、この映画を世界に売るんだ!というスピリットがあったせいか、映画の英語もそこまでわかりにくくありませんでした。

ただ、ある時、特定の大学を舞台にした恋愛ドラマがあり、これが、その大学で使われているスラングや、言い方などを大量に脚本に使いました。

そのため、その大学に留学していた人には懐かしい映画になりました。

ただ、そうでない人たちにとっては、英語で話されているのに、わからない表現の多い映画になったのです。

それでも、自分の母語による映画であれば、2,3わからないところがあってもあまり苦になりません。

実際、わたしたちでも週刊誌など読んでいて、わからない表現が出てきても気にしない。

それとおなじて、母国語になじんだ人にとっては気にならない。

ところが、わたしたち外国人にとっては、かなり難しい表現の多い映画になってしまいます。

だから、あまり気にしないで、スルーしてください。

気に入った回、気になる表現は調べてみて、わからなかったら、どこかでネィティブにあった時に尋ねてみましょう。

それでも、「わからないな」と言われたことは何度もあります。

全体の流れが分かっていないと、意味が取れないことだってありますからね。

というわけで、悔しかったら、原作を参考に、何度も何度も見てみましょう。

とりあえず、それしか方法はなさそうです。
 

Posted at 2018年05月29日 19時48分04秒  /  コメント( 0 )

英語と日本語の間には、暗くて遠い川がある

英語と日本語の間には、暗くて遠い川がある

私の手元に、フランス語から英語に訳した「星の王子さま」があります。

なかなかの名訳に思えます。

でも、実際には、フランス語の原文を、ほとんどそのまま、英語に置き換えたものらしい。

ドイツ語の勉強をしていた時、英独辞典を手に入れて、出てくる単語をすべて英語に置き換えました。

ほとんど英語の文章になり、試験は簡単に乗り切ることができました。

ところが、日本語と英語との間は、こんなに簡単なものではありません。

残念ながら、一語一語の入れ替えでは、とても意味を成しません。

これは、文法構造が違うということが一番大きい。

ヨーロッパ系のたいていの言語や、中国語は英語の文法がかなり使えます。

実際、高校の時に使っていた漢文の教科書の文法のページを見ると、SV,SVC,SVO.などが縦書きになっているだけ。

ドイツ語と同じ方法が使えそうです。

日本語と英語の場合には、そうはいきません。

私は学生です。I am a student.

はいけますが、

明日は学校です。Tomorrow is school. では意味が解りません。

I have to go to school tomorrow. としなければ、読んでもわからない。

おそらく、文法だけではなくて、考え方が違います。

この部分を理解していくことが英語と日本語との間にはあって、それがどこまで広がっているのかわかりません。

解決するための方法としては、できるだけ多くの英文例を頭にいれて、それを必要に応じて取り出すしかなさそうです。

私たちが「英会話××日」では英語ができるようにならない理由はこのあたりにありそうです。
 

Posted at 2018年05月28日 19時37分42秒  /  コメント( 0 )

基本的な英会話力を身につけるために

基本的な英会話力を身につけるために

まず、自分のレベルから考えて、簡単だな、というレベルの教材を選びます。

大人の方なら、講談社の「英会話・ぜったい・音読」(標準編)がおすすめ。

これは、中学校3年生のテキストのレッスンを集めたもので、CDもついています。

これをできるだけ毎日音読します。

できれば、CDと聞き比べて音読するとよいです。

1日30分。

1週間、毎日おなじトラックを読みます。

意味が解らないところがあれば、辞典で調べて、意味が確実になったら、何度も何度も読んで、見ないで言えるようにしましょう。

このとき、あわてて、暗記しようと思って練習しないこと。

繰り返していれば、だんだんといえるようになります。

学習の仕方は、この本に詳しく書いてあるので、できるだけそれに忠実に従ってやってみること。

次に英作文。

これは、先ほどの本をトラック10まではきっちりやってからやってほしいのですが、自分の生活で、音読教材と重なったようなところを、英文で書いてみる。

複雑にしない。

I went to school. I met Mr. O and talked about the book. I told him about a mystery story. I like this one. It was written by Seishi Yokomizo.

というような簡単なものでまずは十分。

ほかに、リスニングのやさしいものを繰り返して聞くとよいです。

できれば、こうした方法で、毎日自宅で30−60分やると、すこしずつですが、だんだんと英語ができるようになります。

エブリでも、こうしたレベルのコースを開講しています。

ご興味ある方はお問い合わせください。
 

Posted at 2018年05月27日 19時27分54秒  /  コメント( 0 )

最近、運動不足なんだ。

最近、運動不足なんだ。

海外ドラマをよく見ます。

ときどき英語を聞きつつ、日本語字幕で見たり、また英語字幕、英語音声にしたり、たまには英語音声のみでのチャレンジをしていますが。

最近、見たドラマのあるセリフがこれ。

「最近、運動不足なんだ」

ほんとによくある表現。

さて、英語だったらどういいますか。

答えはほんとにびっくり。

発想の転換です。

"I need to exercise."

たしかに。
 

Posted at 2018年05月26日 19時27分23秒  /  コメント( 0 )

わたしはこうしてやってきました。

わたしはこうしてやってきました。

シャーロック・ホームズのベスト作品「まだらの紐」の依頼人との話が続いています。

"I have come on this morning with the one object of seeing you and asking your advice."

「わたしは、ホームズさんにお会いして、アドバイスをいただくことだけを目的に、今朝、こうしてやってきました」

"You have done wisely, " said my friend. "But have you told me all?"

「あなたのなされかたは賢明でした」と友人(=シャーロック・ホームズのこと)はいった。

「でも、全てをお話になりましたか」

"Yes, all."

「はい、すべてを」

"Miss Roylott, you have not. You are screening your stepfather."

「ストーナーさん、そうではありませんね。You are screening your stepfather.」

screening とはどういう意味でしょう。

動詞の screen のいちばん最初に、待望の意味が出てきました。

「・・を(光、熱から)守る、覆う、・・を(視野から)隠す、(危険から)かばう」

ですから、この部分は、

「あなたはあなたのお父さんをかばっていらっしゃいますね」

このセリフを受けて、ストーナー嬢は、こう答えます。

"Why, what do you mean?"

ここでwhyというのは、「なぜ」というより、驚いたことを表す言葉かもしれません。

だとすれば、

「ええ?どういう意味でしょう?」

さあ、なぜホームズは、彼女が義父をかばっている、というのでしょうか。
 

Posted at 2018年05月23日 21時08分16秒  /  コメント( 0 )

「腑に落ちない」「うかつに判断できない」をどう英作する?

「腑に落ちない」「うかつに判断できない」をどう英作する?

シャーロック・ホームズの物語は、上品な英文で書かれており、しかも、表現がとても豊かなので、英作文にもとても参考になります。

「まだらの紐」のお話の中で、依頼人のストーナー嬢が、さらに説明を続けます。

"I do now know whether the spotted handkerchiefs which so many of them wear over their heads might have suggested the strange adjective which she used."

「わたしには、(姉のことばが)多くの人たちが頭にかぶる水玉のハンカチのことなのかもしれない。よくわからないのですが。ちょっと変な形容詞の使い方ですけれど」

Holmes shook his head like a man who is far from being satisfied.

ホームズは、首を横に振った。まるで、とても納得できないと思っているように。

ここの far from being satisfied は日常的にも様々な使い方が考えられます。

たとえば、He was pale like a man who is far from being healthy.

まるで、健康からほど遠い人物のように、彼は真っ青だった。

さて、お話に戻ります。

There are very deep waters, " said he; "pray go on with your narrative."

ここのdeep watersを調べてみました。(齋藤秀三郎「熟語本位 英和中辞典」)

be in hot water (苦境に陥る) 

be in deep waters (窮境に陥る) 

be in smooth water (困難(など)を脱した)

このあたりから考えるに、「これは困った状況ですね」くらいの感じだと思われます。

そして、prayについては、以前、別のコラムで書きました。pleaseのような意味でしたから、

「話を続けてください」というような状況のようです。

というわけで、さらにストーナー嬢のお話が続きます。
 

Posted at 2018年05月22日 20時50分30秒  /  コメント( 0 )

音読、何を、どう読むか

音読 何を どう読むか

先日、近くの本屋に言って驚きました。

音読の本があふれるほどありました。

それも、以前は「名作を音読する」、とか、「音読を通じて英会話」という形だったのですが、いまでは、「音読体操」とか、「音読基礎」「超音読」といったタイトルです。

以前からこの欄でお勧めしていた「英会話・ぜったい・音読」がベストセラーになったらしいこともあるかと思いますが。

本の大きさ、背表紙、活字、コンテンツが、信じられないほど似た感じのものがいっぱい出ていました。

眼を皿のようにして、お勧めしたい「英会話・ぜったい・音読」の標準編を探したのですが、結局見当たらず・・。

最終的に、ウェブサイトで買うことになりました。

音読は、はるか昔から推奨されていた英語学習方法です。

松本亨先生が、ラジオ英会話で講師をされていたころから、「レッスン内容を、何度も繰り返し音読して、暗唱できるところまでやってください」とおっしゃっていました。

松本先生の「英語で考える」という方法論に真っ向から挑戦された、同時通訳の國弘正雄先生も、「英語の話し方」という本の中で、音読を強く勧められています。

じつは、「英会話・ぜったい・音読」も、國弘先生の監修になる教材です。

繰り返し、繰り返し読んで、自由に口をついて出てくるほどに読み込んでほしいのです。

私のレッスンでは、毎回、暗誦をしていただいて、同じレッスンを繰り返します。

私としては、一つのレッスンを500回(50回の間違いではないです)は読んでいただきたいところ。

私のクラスに、ほとんど初心者の状態でいらっしゃった方も、この「英会話・ぜったい・音読」の標準編を毎回音読していただきます。

1年以上かけて、この本の全てのレッスンを終了された方もいらっしゃいます。

ご本人が驚くほど、英語がスラスラ口から出てくるようになります。

標準編は、中学校の3年生のテキストを編集したものですから、それで、日常的な話はほとんどできてしまう、ということです。

たしかに難しい文章を読んでいこうという場合でしたら、標準編では足りないかもしれませんが、ふつうに海外のお友達とコミュニケーションをしたい、ということであれば、これで十分です。

ぜひお試しください。1ページ当たり500回ね!
 

Posted at 2018年05月22日 17時38分31秒  /  コメント( 0 )

謝罪のマナー

Manner of apology

Recently, one of the main topics about sport has been the delay of the head coach of Nihon University's American football team.

Mr. Uchida, the head coach finally said sorry for his team's member's rough play but it was almost two weeks after the play was done.

Looking at one of Nihon Univ. player tackled Kwansei Gakuin's quarterback roughly, everybody must have felt it was a terrible play.

The quarterback had already sent his ball to another player, and he was just walking, no worrying about being attacked.

Some Kwansei Gakuin players were aware of the terrible play and pointed that to inform judges. but the judges there did not react properly.

As the head coach of Kwansei Gakuin team said, it was clearly a rough play and the Nihon Univ. couach should have scolded the player and apologized the opponents.

What Mr. Uchida did was just the opposite.

He had hidden himself for two weeks and did not apologize.

No wonder many people criticized him.

finally, two days ago, he appeared at an airport to say sorry to the victimized person.

Yet, he did not explain what really had taken place.

The point was; the rough play had been done by the player himself or, as many people told us, it had been ordered by Mr. Uchida.

Watching some TV shows, I think his manner of apology is terrible.

First, he did not tell the opponent's name properly. (He always said "Kansai Gakuin," though the real name was "Kwansei Gakuin."

Second, his tie was a pink one. This is not a good tie for this kind of occasion.

Finally, he did not explain what happened. He just said, "I will quit the job of the head coach of American football team."

Many judge that Mr. Uchida is not only a terrible coach but a terrible person to apologize.
 

Posted at 2018年05月21日 21時13分49秒  /  コメント( 0 )

「まだらの紐」から学ぶ英語

「まだらの紐」から学ぶ英語

このところ、シャーロック・ホームズの冒険談からの引用ですが、今回も「まだらの紐」からの会話シーンをとりあげます。

依頼人のストーナー嬢の話で、彼女の双子の姉がなくなってしまったところ。

姉の亡くなった寝室には、異常はなく、壁も頑丈だし、床も点検されたけれどもおかしなところはなかった。

さらに姉の遺体からは、暴力などを振るわれた後も見当たらなかった。

ホームズが、たずねます。

"How about poison?"

"The doctors examined her for it, but without success."

"What do you think that this unfortunate lady died of, then?"

"It is my belief that she died of pure fear and nervous shock, though what it was which frightened her I cannot imagine."

"Were there gipsies in the plantation at the time?"

"Yes, there are nearly always there."

「毒薬はどうでしたか?」

「お医者さんたちが、そうなのではないかとその痕跡を探したのですが、見つかりませんでした」

「この不幸な女性が亡くなったのは、何が原因だと思われますか?」

「私が思うに、彼女は、純粋に恐怖のためにショックで亡くなったのだと思います。ただ、何が彼女をそこまで怖がらせたのかは想像できないのですが」

「ジプシーたちは、そのとき、植込みのところにいたのですか」

「ええ、彼らはほとんどいつもそのあたりにいますから」

注目していただきたいのは、まず2行目の The doctors examined her for it の for で、これは「〜をもとめて」の意味になる for です。

これは、I am looking for the book.や I asked my mother for money. などの for と同じですね。

こうしたことも、実際に英語を使っている人たち向けに書かれたベストセラーならでは、の表現だと言えます。
 

Posted at 2018年05月21日 17時45分22秒  /  コメント( 0 )

「まだらのひもが!」

「まだらの紐が!」

ここまでおよみいただけば、本作がホームズ物語中、作者ドイルのえらんだベストである「まだらの紐」であることはお分かりだと思います。

前回に続いて、姉が亡くなるところです。

At first I thought that she had not recognized me, but as I bent over her she suddenly shrieked out in a voice which I shall never forget, "Oh, my god! Helen! It was the band! The speckled band!"

There was something else which she would fain have said, and she stabbed with her finger into the air in the direction of the Doctor's room.

最初は、彼女は私のことが分からないのだ、と思いました。

でも私が彼女の上に身をかがめると、彼女は、わたしが決して忘れることのできない声で、急に叫びました。

「まあ、なんてこと!ヘレン!あれは、紐よ!まだらの紐よ!」

彼女はさらに何かを言おうとしていました。そして彼女は

stabbed with her finger into the air in the direction of the Doctor's room.

というわけです。

stab というと、とがったもので刺す、というイメージが強いのですが、ジーニアスによれば、動詞として二つ目の意味が「指で示す」というものです。

Oxford Advanced Learner's Dictionary では、to make a short aggressive or violent movement with a finger or pointed object とあり、指で激しい動きをすることと、指し示すことがあげられています。

例文もあって、She stabbed the air with her fork. (空をフォークで指し示す)

そこで、ここでは、「指で、博士の部屋の方向を指し示した」ということになります。

ちなみにここでのDoctorは、ワトソンではありません。
 

Posted at 2018年05月20日 11時52分50秒  /  コメント( 0 )