英語を「正しく理解し、正確に表現する」ことを何より大切だと考えております。 英文を分析するための英文法力、さらに発信のための英文の蓄積が重要です。このため、文法、発音、音読、暗誦に力を入れた指導を実践しています。
メインメニュー
WHAT'S NEW

今日から1級(長文編)

今日から1級(長文編)

1級の長文は、むずかしい。

どういう点で難しいのか、というと、作者の言わんとしていること、つまりメッセージをとらえることが難しい。

具体例として、2018年第1回の試験を挙げてみたい。

A matter of taste という文である。

「好みの問題」というタイトルで、何を言おうとしているのか、というと、

ピエール・バルデューというフランスの社会経済学者の著書、Distinction: A Social Critique of the Judgement of Taste は、社会科学の分野における、道標となるべき作品である。

Based on surveys of people from a wide range of socioeconomic backgrounds regarding their taste in things like music, fashion, and books, Bourdieu confirmed the stereotype that there is a significant correlation between social class and cultural preferences.

a wide range of = 広い範囲の

socioeconomic background = 社会経済的な背景;要は、裕福な上流階級かそうでない人か。

stereotype = 紋切り型の考え、定型の考え方

correlation = 相関関係

社会のさまざまな階層の人々に対する好み、例えば音楽、ファッション、書物の好き嫌いに関しての調査をもとに、バルデリューは、社会における階級と、文化的な事物に対する好みとの間の相関関係に関する紋切り型の考え方が正しいことを確認した。

つまり、社会の上流層にいる人たちは、たとえばクラシック音楽や、正装、古典文学、哲学書を好み、下層階級の人たちは、ヒップポップや、Tシャツ、ジーンズ、ミステリを好む、といったことは事実だ、といったわけですね。

そして、それが、実際にどうなのか、ということを長い文章で説明しているわけです。

Borrowing from the discipline of economics, Bourdieu theorized that, just as humans derive much of their social status from acquiring financial capital, they may also improve their positions by amassing "cultural capital."

discipline = 分野

theorize = 理論化する

drive = 見出す、引き出す

amassing = 集める、蓄積する

経済学の言い方を借りると、バルデューは、次のことを理論化した。すなわち、人は、資産を集めることで、社会的な地位を見出すのと同じように、文化的な資産=技能、教養を集めることによって、自分たちの地位を向上させていく。

金をあつめることで地位が上がる。同様に文化的な活動でも、技能なり知識なりが向上することで地位が上がる、ということである。

ただ、ずいぶん、難しげな言葉遣いであることは間違いない。
 

Posted at 2018年09月19日 12時49分26秒  /  コメント( 0 )

世界で最も古い絵?

世界で最も古い絵?

ニューヨークタイムズの記事から。

Oldest known drawing is found in South Africa

「世界で最も古い絵?南アフリカで見つかる」

Nine red lines on a stone flake found in a South African cave may be the earliest known drawing made by Homo sapiens, archaeologists reported last week.

stone flake = 石片

cave = 洞窟

Homo sapiens = ホモ・サピエンス。現人類ですね。

archaeologist = 考古学者

南アフリカの洞窟で発見された石の破片にひかれた9つの赤い線は、ホモサピエンスにより作られた最も早い時期に書かれた絵なのかもしれない、という発表が考古学者からなされた。

The artifact, which scientists think is about 73,000 years old, predates the oldest previously known modern human abstract drawings from Europe by about 30,000 years.

artifact = 芸術品

which scientists think is about 73,000 years old =
scientist think を1回、取り去って考えるとわかりやすい。
 つまり、「7万3千年まえのものだ、と科学者たちの考えている」

predate = 時間をさかのぼる、記録を塗り替える

abstract = 抽象的な

この芸術品は、科学者たちが7万3千年前のものだと考えているが、約3万年前いヨーロッパから見つけられた今まで最も古いと考えられていた現代人の祖先の抽象画として知られているモノに比べて、大きくさかのぼるものである

何だかわくわくしますね。
 

Posted at 2018年09月18日 21時36分03秒  /  コメント( 0 )

樹木希林さん、亡くなる

樹木希林さん、亡くなる

女優の樹木希林さんがなくなりました。

昨日(9月17日)のジャパン・タイムズの1面に、次の記事が載っていました。

国内ニュースであり、訃報なので、英語としては、わかりやすいと思います。

ここでは、その一部をご紹介させていただきます。

Veteran TV, movie actress Kirin Kiki dies at 75

「ベテランのテレビ、映画女優の樹木希林さん、75歳で亡くなる」

1段落は、このヘッドラインとほぼ同じ内容、2段落では、歌手の内田裕也さんとの結婚と、2回、
日本アカデミー賞女優賞を取られたことがかかれています。

そこで、3段落。

known for her work both in cinema and on television, she had recently won international acclaim for what would be her final film--Hirokazu Kore-eda's "Shoplifters" ("Mnbiki Kazoku"), which won the coveted Palme d'Or at this year's Cannes Film Festival.

acclaim = 称賛

coveted = 熱望されていた

「映画とテレビの仕事で有名だった樹木さんは、最近、最後の作品ということになるであろう、是枝監督の『万引き家族』で、今年のカンヌ映画祭において、待望のパルムドール賞を獲得した」

最後の段落では、

"There is no point in comparing myself now to my old healthy self and feeling miserable...Rather than fighting reality, I choose to accept what's in front of me and go with the flow."

「過去の健康であった自分と、いまとを比べて、悲しく思っても仕方がない。現実と戦うのではなく、流れに任せて生きていくことを選んでいます」

と語っていらっしゃったそうです。
 

Posted at 2018年09月18日 08時59分49秒  /  コメント( 0 )

今日から英検1級

今日から英検1級

○リスニング編

パート4は、5分程度のインタビューを聞いた後、二つの質問に答える形式。

まず、インタビュー自体がかなり長いので、事前に問題に目を通しておく必要がある。

つぎに、このインタビューは、結構専門性が高いので、問題点は何かを、早めに理解しなくてはならない。

こうした性質から、イングリッシュ・ジャーナルのようなインタビュー中心の雑誌などで、耳慣らしをしておかないといけない。

このインタビューは、ある程度は打ち合わせがなされているけれど、即興的な部分もあるようで、言いよどみ、無駄な繰り返し、言い換えが、他のパートに比べて起こりやすい。

そういう意味では、最も厳しい問題かもしれない。

5分程度のインタビュー、ということを目安にして、いくつか、社会的な問題に関して、職業として活躍している人の話を聞くとよい。

特にメモの取り方。

細かな年号とか、人数、費用の価格などが出題されることはまずない。

むしろ、考え方の流れ、いくつか出てきた例や、説明の論理、などに注目する必要がある。

たとえば、講義のようなスタイルのまとまった話をきいて、流れをまとめる練習などは有効。

実際には、講義ほど、整然としているのではなく、わきにそれたり、途中で話が消滅したりすることもある。

逆にリアルな録音と言える。

先ほど例に挙げた、English Journal などが最適ではないかと思われる。
 

Posted at 2018年09月16日 18時49分12秒  /  コメント( 0 )

今日から英検1級

今日から英検1級

○リスニング編

パート3は、準1級を受けた方なら、ご理解頂けるでしょう。

まず、与えられた文章を10秒でよみます。

これは、ある状況、そして、あなたが、ある選択をしなくてはならない条件、そして選択肢があたえられます。

たとえば、あなたは新入生としてある学校に入学した。

これは、オリエンテーションの時間である。

あなたは、あるコースを取りたいと思っている。

そのコースを取るためには、特定の条件がある。

その条件を果たすためには、これこれのことをしなくてはならない。

さて、オリエンテーションが終わったら、あなたはすぐ、何をしなければならないか。

こうした条件を読んだうえで、オリエンテーションの内容をしっかり聞いて、何をしなくてはならないかを理解する、というもの。

実際には、10秒で読み切れないかもしれない。

そういう状況に備えて、できれば、リスニングテストに入る前にすこしでも問題文に目を通しておきたい。

また、すばやく、条件を確認して、その後の読まれる説明の中で、条件に合わない選択肢は、どんどん切り捨てていかなくてはならない。

これも、形式に慣れるのに、時間がかかるかもしれません。

いずれにしても、それなりの練習が必要であると言えるでしょう。
 

Posted at 2018年09月15日 18時40分15秒  /  コメント( 0 )

今日から英検1級

今日から英検一級

○リスニング編

1級のリスニングには4つのパートがあります。

二つ目のパートでは、まとまった長文が読まれて、その後、質問が二つ流れます。

内容が、割と科学的な論文で合ったりします。

たとえば、最新の問題では、こんなものが出ました。

気象変動とマスコミ、というテーマです。

まず、アメリカのマスコミでは、客観的な報道が求められる。

したがって、アメリカのジャーナリストたちは、自分の意見を抑えて、事実を客観的に述べようとする。

ある問題に二つの解釈がある場合には、双方の解釈に対して同じように時間をかけようとする。

ここで一つの弊害が生じる。

気象変動に関しては、98%の科学者の間では、人間に責任がある、という結論が共有されている。

ところが、のこりの数パーセントの意見も、対等の時間をかけて報じる。

そこで、アメリカ人の多くの人は、異常気象について、人類に責任がある、という考え方が、多くの科学者の間で認められていることについて、知らない人が多い。

と、論旨がそこまで進んだところで、

だから、マスコミは、もっと現実を反映した報道の仕方をすべきだ。

という結論に落とし込んでいくわけです。

そして、これに関する2つの質問。

アメリカ人の多くが持っている、異常気象に対する考え方は?

そして、マスコミとしてはどのように対応すべきか?

選択肢の問題なので、取りつきやすいとはいえ、これだけの内容の英文を、きっちり聞いて、性格に回答するのは、なかなか難しいものがあります。

このレベルの英文を聞き慣れる必要があります。

おそらく、一番、よい教材は、1級のリスニング問題です。

ですから、同じ教材でも何度も聞いて、意味を頭の中で整理する必要があります。

できるだけ、頭の中で訳をするのではなく、そのまま、英文を聞いて、理解していくことが大切です。
 

Posted at 2018年09月14日 18時29分45秒  /  コメント( 0 )

今日から英検1級

今日から英検1級

○リスニング編

基本的なやり方としては、ボキャブラリーとおなじです。

まず、実際の状況に近い中で、問題を解いてみます。

問題は4種類あります。

パート1は、おなじみの英会話を聞いて、質問に答える形式です。

ここでは、注意点は二つ。

ひとつは、イディオムを理解すること。

英会話の解答のポイントになるのが、状況にふさわしいイディオムです。

このイディオムの意味がわかるかどうかで、正解に到達できるかどうかが決まります。

もちろん、問題の最後に出てくることもありますが、問題文の途中に出てきたものが、最後に影響を及ぼす場合もあります。

おそらく、それ以外の流れを追うことで、直接イディオムの意味が取れなくても推察できることはあります。

ですから、繰り返し問題文を聞いて、聞き慣れて、このレベルの文は、全て性格に聞き取る耳を作らなくてはなりません。

そのためには、一文一文、ディクテーション、つまり、聞いて書き取る練習が必要です。

ディクテーション。

これが二つ目のポイントになります。

数ある問題で、全文を書き取ることは、無駄な努力のように思われるかもしれません。

何となく、聞いてわかればいいでしょ、という感じに流されがちです。

でも、ここでみっちり聞く練習をしておくと、パート2以降の問題を解いていくときに、とても役に立ちます。

というわけで、パート1では、まず、イディオムのストックを増やして、それを確かに聞き取る技術を磨くことが大切です。
 

Posted at 2018年09月13日 18時29分29秒  /  コメント( 0 )

今日から始める英検1級

今日から始める英検1級

単語習得(その1)

まず、最新の英検過去問題集を用意する。

最初の問題が単語問題なので、これだけを、1問30秒、全部で25問なので、13分で回答できるか挑戦してみる。

ほとんどの方にとって、これはとても大変な苦行であるはず。

準1級に合格した後、あまり勉強してこなかった、という人にとっては、1級の問題は、取りつく島がない、と言ってもよいと思う。

知らない単語は全て、できれば大辞典を使って意味を調べる。

この時、単に意味だけではなく、英語の意味や、例文などで、できるだけ詳しく、自分が納得できるようなところまで、調べていく。

作業としては大変なので、単語問題の最初のページの7問の選択肢だけをしらべてみる。

これでも28語あり、これについては、次のようにノートに記述していく。

pitiless = 無慈悲な showing no pity
これは、わかりやすいので、必要がなければ記入しなくてもよい。

irascible = 怒りっぽい becoming angry very easily;irritable
これも、irritableが同義語として出てくればわかりやすいので、簡単なメモでよい。

frugal = つましい、倹約する ex. She is frugal with her money.
= simple and plain and costing little: using only as much money or food as is necessary ex. a frugal existence/life

aberrant = 悪徳の、常軌を逸した、異常な。異常者。
      = not usual or not socially acceptable; ex. aberrant behavior
Under the circumstances. that would be an aberrant consequence.
(そういう状況では、そのような結果には、普通はならないだろう)
              直訳なら、「そのような結果は異常事態だ」

こういった形で、気になる単語を書いていき、特に、意味の掴みにくい単語については最後の部分のような、直訳とか、どうしてこのような意味になるのかを書いておく必要がある。(1級では、特にこのような出題の仕方が目につく場合がある)
 

Posted at 2018年09月12日 23時03分45秒  /  コメント( 0 )

今日から始める英検1級

今日から始める英検1級

ー茲蠅修蹐┐襪發痢

最新の過去問題集。別売りCD。大学ノート。メモ用ノート。辞典(英和、英英)。

現在、出版されている1級用の参考書は多いけれど、最初に取り組むべきは、旺文社の出している過去問題集。

とりあえず、試験がどのように出題されているかを知ることが、試験対策のための要諦です。

実際に出題された試験問題をまず、解いてみることから、全ては始まります。

別売りCDも同じ理由から。

現在、1級に関しては、他の出版社からの過去問題集は出ていない。

大学ノートは、これから述べていく勉強方法実践のためのもの。

メモ用ノートは、暗誦確認用。

辞典は、できるだけ自分になじんでいるものがよい。

1級の場合、かなりボキャブラリーが充実している必要がある。

英和辞典ではなく、英英辞典をメインにすることはとても良い。

英英辞典を今まであまり使用してこなかった、という場合には、やさしめのものを副次的に用いるのでも良い。

紙の辞典でも、電子辞書でも構わない。

利便性を考えると、持ち歩きは電子辞書で、また、自宅でじっくり調べるためには大辞典があれば、望ましい。
 

Posted at 2018年09月11日 23時03分19秒  /  コメント( 0 )

北海道地震

北海道地震

インターネットでよく見かける、The Guardian 誌の

Japan earthquake; death toll rises in Hokkaido の記事からです。

「日本の地震;北海道で死亡者の数、ふえる」

Dozens missing after tourist hotspot hit by landslides during Thursday's 6.7-magnitude quake

これがリードになります。

「木曜日のマグニチュード6.7の地震のさいちゅうの土砂崩れによって、旅行者の人気スポットが被災した後、数十人が行方不明」

The death toll from a powerful earthquake that hit Hokkaido has doubled to at least 16, according to Japan's prime minister, Shinzo Abe, with more than half the island's 5.3 million residents still without power.

death toll = 死亡者数

doubled = 倍増する

resident = 住民

power = ここでは「電力」、「エネルギー」

「北海道を襲った強力な地震による死者の数は、二倍になり、少なくとも16名に達した。これは日本の総理大臣、安倍晋三氏によるもので、この島の530万の住人の半分以上が、いまだに停電状態でいる」

現時点で、北海道の3分の2の地域が、電力が復活した、との情報が入っています。

The 6.7-magnitude quake, which hit before dawn on Thursday, triggered landslides that buried houses and paralysed Hokkaido with widespread power and transport cut.

trigger = 引き起こす

bury = 埋める

paralyse = 麻痺させる

「マグニチュード6.7の地震は、木曜夜明けまえに起こり、家屋を埋め尽くす土砂崩れを引き起こし、北海道の広い地域にわたり、停電と交通機関の停止を引き起こした」

まさに、台風の後に直撃した、ひどい災害でした。
 

Posted at 2018年09月10日 16時55分40秒  /  コメント( 0 )