メインメニュー
こんなことも考えてみましょう

体外受精に進む前に

今日は子宝カウンセラーの会の全国研修会でした。今日のメイン講師は、天の川クリニックの中村院長でした。
先生は体外受精に進む前にできる低侵襲手術について話して下さいました。
低侵襲というのは、大きな負担のないという意味です。開腹でなく腹腔鏡で手術をするのです。それによって、手術後の自然妊娠率が60%を越える手術もあるそうです。
ただ、同じ手術でも、手術をする医師の腕前によって結果が全然違って来るという話をお昼御飯を食べながら話して下さいました。
私は今、子宝カウンセラーの会の会長をさせていただいているので、役得で、食事をしながら講演では聞けなかった本音の細かい所を聞かせていただくことがあります。
検査をしてみて、前に他所でした手術があまり上手に出来ていなくて、残念なごとになっていることもあるそうです。

どこに腕のよい先生がいらっしゃるか、それが問題ですね。

Posted at 2015年06月14日 20時31分28秒  /  コメント( 0 )