メインメニュー
みゆきの独り言

小さく産んで大きく育てるは間違いだった

先日のDOHaDの記事の続きです。

ひと頃、「小さく産んで大きく育てる」がよいといわれていました。
これが間違いだったのです。

今の若い女性はやせ過ぎ、妊娠中もあまり食べなかったりして、
出生時2500g未満の子(低出生体重児)がとても増えています。
低体重ということは栄養不足す。
低体重で生まれると将来病気になりやすいのです。

このままでは日本の人口はドンドン減ってしまうし、
老いも若きも病人だらけになってしまいます。

周りに妊婦さんがいたら、この話をしてあげて下さい。

そして妊娠中ではない人たちも、しっかり栄養を摂ることがとてもとても大切です。

 筋肉、軟骨の減少から関節痛になり動けなくなったり、
 骨が弱って骨折、車いす生活。
 血液の質が悪くなって脳梗塞。
 活性酸素が悪さをして認知症が進む。
 ウツになったり、すぐ切れる迷惑な人になったり。

どれも栄養がとても関わっているのです。

 必要な栄養の目安は
  ・野菜  400g(緑黄色野菜も入れて)
  ・肉・魚・卵・大豆を 250〜300g
  ・炭水化物(ご飯・麺・芋類)は適量

 これをきちんと食べても不足しているのが、カルシウムと鉄、亜鉛です。
 亜鉛はスイッチのon/offに関わるので本当に大切です。
 食事で摂れない分はサプリで補助しましょう。

食が細くて食べられない人はご相談ください。
サプリや漢方薬で体力がついて外出できるようになったり、
趣味をはじめられるようになったり、
頭がしっかりした人がたくさんいます。

しっかり食べましょうね。

Posted at 2015年10月20日 17時17分42秒  /  コメント( 0 )

妊婦もおばさんも栄養が大切

日本DOHaD研究会のセミナーに行って来ました。

この研究会では、「妊活中・妊娠中の栄養や生活習慣が、生まれてくる子が大人になった時の生活習慣病のなりやすさと関わっている」という内容のことを研究・啓蒙しています。

随分前に「遺伝子のスイッチを入れる」と言う内容に触れたことがあります。

遺伝子というと、生まれつき変わりようがない物のように思いますが、遺伝子にはスイッチがあって、電気のスイッチを切ったりつけたりするように、遺伝子もスイッチが入ったり切れたり(on/off)するのです。
 この考え方はとても新しい分野で、エピジェネティックスという学問分野で研究されています。


 このスイッチはいろんな時期にon/offします。大人になってもどこかのスイッチが動いて、病気のもとになったり、逆に病気が治ったりすることも考えられるのです。 スイッチのon/offは、その個体の発生の初期(つまり、妊娠の極初期)に起きた変化ほど、固定されて変わりにくいそうです。

 そこで大切なのが、妊娠前からの栄養状態です。
私はもう年取ったので関係ないからここから先は読まなくてもいいかな?そんなことはありません!いくつになっていてもon/offはおきていますからね!

 妊娠中の栄養が足りないと胎児が大人になった時に以下のような病気になりやすいことがわかっています。
(ヒェ〜〜と思いました。びっくりです)

  ・虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)
  ・況薪尿病  
  ・脂質異常症
  ・高血圧     
  ・脳梗塞
  ・メタボリック症候群
  ・神経発達異常(統合失調症など)  など
 

 とはいっても、妊娠中の栄養だけで人生が決まってしまうようなことはありません。自分が糖尿病になったのは母親のせいだなどと思うのはいけません。
  
 それでは、自分や自分の子孫、日本人(後々、私たちを介護・援助してくれるはずの将来の大切な人材)が元気に過ごすために、どうすればよいのでしょうか。

 まず、きちんと栄養を摂ることが必須です。

 きちんと、素材から作った物を食べていますか?
 工業製品になった食品を食べてはいませんか?

Posted at 2015年10月20日 17時08分29秒  /  コメント( 0 )

元気に暑さを乗り切るためのクーラーの工夫

今日から8月です。
毎日暑い日が続いていますが、皆様、お元気ですか?

クーラーがガンガンきいた部屋と屋外を出たり入ったり、
そこまでしなくても、
「温度差が5度以上あると、出入りのたびに軽く風邪を引いた状態になる」と、昔、漢方の大先生がおっしゃっていました。
10度以上あると心筋梗塞、脳梗塞などの心血管系の死亡率が上がると言う話もあります。
温度差に注意しながら、上手に暑さを乗り切りましょう。

暑い季節は身体の表面は緩んでいて、気を発散する時です。
クーラーなど冷たい風は緩んだ表面から身体の中に入ってしまい、発散を悪くしたり、流れを悪くしたりします。
それが重なると、コリや痛みを引き起こしたり、原因不明と言われるような病気になったりすることもあります。
そうならないために、こんなに暑いけれど、しっかり湯船に入るようにしましょうね。

特に、子宝希望の方は、足元からクーラーの冷えが入らないよう気をつけましょう。

Posted at 2015年08月01日 18時03分33秒  /  コメント( 0 )

元気に暑さを乗り切るためのクーラーの工夫

今日から8月です。
毎日暑い日が続いていますが、皆様、お元気ですか?

クーラーがガンガンきいた部屋と屋外を出たり入ったり、
そこまでしなくても、
「温度差が5度以上あると、出入りのたびに軽く風邪を引いた状態になる」と、昔、漢方の大先生がおっしゃっていました。
10度以上あると心筋梗塞、脳梗塞などの心血管系の死亡率が上がると言う話もあります。
温度差に注意しながら、上手に暑さを乗り切りましょう。

暑い季節は身体の表面は緩んでいて、気を発散する時です。
クーラーなど冷たい風は緩んだ表面から身体の中に入ってしまい、発散を悪くしたり、流れを悪くしたりします。
それが重なると、コリや痛みを引き起こしたり、原因不明と言われるような病気になったりすることもあります。
そうならないために、こんなに暑いけれど、しっかり湯船に入るようにしましょうね。

特に、子宝希望の方は、足元からクーラーの冷えが入らないよう気をつけましょう。

Posted at 2015年08月01日 18時03分31秒  /  コメント( 0 )

丹波義隆さんにお会いしました

昨日は健康冊子「主治医」の健康鼎談に行って来ました。
鼎談と言うのは、三人で向かい合って話すことと辞書に載っていました。
お相手は、丹波義隆さん(丹波哲郎さんの息子さん)と松寿仙の会社カポニー産業の社長さんでした。

丹波さんのお母様は丹波さんが三才の時に小児麻痺になり、車椅子生活だったそうです。その体験をもとに俳優業の他に、講演活動もされているそうです。

来月にはNHKで放送中のファミリーヒストリーでも取り上げられるそうですが、ご先祖は日本最古の医学書「医心方」を書いた丹波康頼で、ずっと医学薬学の家系だそうです。
少し緊張しましたが、楽しくお話させていただけました。

サインもいただきました。何月号になるのか、まだしばらく先でしょうが、楽しみです。

Posted at 2015年06月11日 15時51分10秒  /  コメント( 0 )

薬局新聞社の取材

今日は、薬局新聞社から取材に来ました。
漢方を扱っている薬局なのに、若い女性も入りやすいお店構えであることが、新聞社の記者さんの目にとまったようです。
長く調剤をやってきたけれど、今は漢方や自然の薬をメインに扱っていることに記者さんは驚いたようでした。
できれば軽いうちに相談いただいて、重くしないようにする手助けをしたいと、お話しました。
11月中の新聞に載るようです。どんな風に書かれるかドキドキです。

Posted at 2014年10月28日 18時12分45秒  /  コメント( 0 )

きんつばアンフィーユ

今日は、午後からどんどん寒くなっているように思います。
みなさん、風邪を引いたりされていませんか?
薬局には風邪の相談が増えています。

風邪には漢方薬がよく効きます。
ひきはじめなら、一服ですっきり治るので、ぜひ、お試し下さい。
もちろん免疫を上げる機能性食品を併用するのをおススメです。

先日、久しぶりに、千葉そごうに出かけました。
そごうに行くと、お土産は 本高砂屋のアンフィーユ です

甘いもの大好きなので、いろいろ食べたいけれど、
あんこが一番好きかな。

パリッとしたパイ皮2枚の間に、
程よい甘さの小豆あんと、
もう1種のクリームがはさんであります。

今回は、定番の チョコレーズン と
新製品の バナナ を買いました。

写真は チョコレーズンです。
バナナはうっかり写真をとる前に食べてしまいました。

お値段も200円程度で、お手ごろ。
店頭で作ってくれます。

でも、私が行く時はいつも空いているので、ちょっと心配。
お客さんが少なくなって店頭製作コーナーがなくなってしまったらどうしよう。

大阪空港か、神戸まで買いに行かなくてはいけなくなってしまいます。

みなさん、一度、食べてみて下さい。
きっとお気に入りになります。

Posted at 2014年10月22日 19時35分40秒  /  コメント( 0 )

癌になっても大丈夫

昨日は東京駅で免疫の研修会がありました。
あの大雪で来られなくなった方が数人いましたが、
和気藹々、普段あまり発言しない人からも症例報告があり、
とても有意義な研修会になりました。

中でも、肝臓がん、膀胱がんの症例には、
私たちの商品にさらなる自信が持て、
多くの方にお知らせしたいと帰ってきました。

Posted at 2014年02月17日 14時11分02秒

落とし穴のような?遺伝子診断 

最近、遺伝子診断のが話題になることが増えていますね。
お腹の赤ちゃんの遺伝子診断、
米国女優アンジェリーナ・ジョリーさんの乳がん・卵巣がん予防のための乳房切除。

どちらも、受ける前にはしっかりと説明を受け、カウンセリングを受けて
自分でよくよく考えて、
検査を受けるかどうかを決めていかなくてはいけません。

以前、38歳で、やっと一人目の子供さんを妊娠した方から
羊水検査を医師から勧められたけれど、どうしましょう?
と、聞かれたことがあります。

私は、
「もしも、検査結果が良くなかったときに、どうするの?
 その時は、今、お腹にいる子を諦めるの?
 そこまで、きちんと夫婦で話し合って結論を出してから
 検査に臨むことが大切ではないかしら?」
と、答えました。

そして、その方は、検査を受けないという選択をしました。
どんな子でも、大切に育てたい、せっかく授かった子だからと。


先日から受けられるようになった遺伝子診断は
特別な病気の場合を想定しているので、
ある程度、受けるための理由が必要で
誰でも気軽に受けられるものとは違いますが、

これから、どんどんこの分野の検査が拡がって行ったとき、
知って良かったということもあるでしょうが、
知らない方が良かったという面も大きいのだということを
よく知っておいていただきたいと思っています。

Posted at 2013年05月29日 19時37分40秒

不妊カウンセラーの講演会に行ってきました

10月8日、9日の両日、不妊カウンセラーの講演会に行ってきました。
私は、子宝を希望する方たちの身体作りを通して、不妊の方をフォローしていますが、この講演会には、不妊治療をしているクリニックのカウンセラーの方が多く参加していました。
不妊治療が進んでいく中で順調に行かないことも多くあり、患者さんはどうしても心の中に悲しい辛い気持ちを溜め込んでしまいがちです。
そんな方たちを、丸ごと包んで差し上げられるよう、日々、研鑚中です。

Posted at 2011年10月11日 15時44分49秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ