メインメニュー

丹波義隆さんにお会いしました

昨日は健康冊子「主治医」の健康鼎談に行って来ました。
鼎談と言うのは、三人で向かい合って話すことと辞書に載っていました。
お相手は、丹波義隆さん(丹波哲郎さんの息子さん)と松寿仙の会社カポニー産業の社長さんでした。

丹波さんのお母様は丹波さんが三才の時に小児麻痺になり、車椅子生活だったそうです。その体験をもとに俳優業の他に、講演活動もされているそうです。

来月にはNHKで放送中のファミリーヒストリーでも取り上げられるそうですが、ご先祖は日本最古の医学書「医心方」を書いた丹波康頼で、ずっと医学薬学の家系だそうです。
少し緊張しましたが、楽しくお話させていただけました。

サインもいただきました。何月号になるのか、まだしばらく先でしょうが、楽しみです。

Posted at 2015年06月11日 15時51分10秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*