メインメニュー
ダライ・ラマ14世

ダライ・ラマ14世の言葉 4

 
 私が尊敬するダライ・ラマ14世の言葉をご紹介します

 ダライ・ラマ14世は インドに拠点を置くチベット亡命政府の長であり
 チベット仏教の最高指導者でもある


   
   


   誰もが生まれつきの敵であったり

   友であったわけではありません

   「敵」も「友」も

   自分が人々とどう接するかで生まれるのです

                       ダライ・ラマ14世


  久しぶりに家でボーッとしながら大好きなSEX AND THE CITYの
  再放送を観ていました
  主人公のキャリーは大切な思い出が詰まったパソコンが壊れてしまい
  そんな時に親友のお母さんが亡くなり・・・
  辛い状況になります
  となりには恋人が寄り添ってくれています

  でもキャリーは恋人にその辛さを委ねることができないのです
  お通夜に来る必要はないと彼を遠ざけ・・・
  彼もそんな彼女を不思議に思います
  新しいMacをプレゼントしようとサプライズを演出しても
  キャリーは喜びません
  
  彼は どんなに家の鍵を交換し合って行き来しても
  心の中に入れてもらえないことに腹をたて鍵を置いて出て行きました

  キャリーは何を怖れたのでしょうか・・・
  どんな怖れが 彼女を結果 孤立させたのでしょうか・・・

  30代後半の独身女性
  自立して仕事をして
  自由に生きる
  たくさんの恋愛をしたけど たくさん別れもした
  寂しいと思う時もあるけど ひとりが楽だとも思う

  もう深く傷つくのが恐かったのでしょうか
  裏切られるのが恐かったのでしょうか
  自分のスペースに立ち入られるのが嫌だったのでしょうか
  自分のペースを乱されるのが嫌だったのでしょうか

  彼女はお通夜へ向かう前に 彼に電話をいれました
  「もし甘えることを覚えて
  なのにあなたと別れたり あなたが死んだり
  私の前からいなくなったら・・・
  私はどう生きていけばいいか分からなくなる」


  お通夜の会場 最後に後ろを振り返ると
  そこには彼の姿が・・・

  私はこのストーリーが好きです
  いかに人間が自分の心に共有スペースを持つことが難しいか
  分かりやすいストーリーだからです
  彼女が弱さを隠す
  彼が突き放す
  彼女が弱さを告白する
  彼が受け入れる
  シーソーみたいですよね

  誰もが心の中に15%でいいから 共有スペースを持っていたら
  価値観の違いでスピード離婚はなくなるんじゃないかな?と思います


  
  

  
  

  

  

Posted at 2012年12月19日 18時33分32秒  /  コメント( 0 )

ダライ・ラマ14世の言葉 3

 
 私が尊敬するダライ・ラマ14世の言葉をご紹介します

 ダライ・ラマ14世は インドに拠点を置くチベット亡命政府の長であり
 チベット仏教の最高指導者でもある


   
   


   家庭の暖かさは

     あなたの暮らしの基盤となります

                      ダライ・ラマ14世


   動物園で育児放棄された赤ちゃんが大きくなり
   実際 自分が出産した時に同様に育児放棄したと
   ニュースで耳にすることがあります

   人間においても 幼い時に親から虐待を受けた子どもが
   大人になり 他者へ暴力をふるうというケースがあります

   しかし 真逆のケースもあり
   愛ある方に保護され 愛情深く育てられ
   愛を知った事で 反面教師で親のようにはならないと悟り
   自分の生き方を見つめ
   感謝の気持ちで 他者へ愛のおすそわけをしながら
   同じ境遇の子どもたちを守る活動をされている方もいます

   家庭という場所は ただの家ではないのです
   寝て ご飯を食べるだけの場所ではないのです

   外でイヤな事があっても 家庭は守られる場所でもあります
   反対に 怒られる場所でもあります
   泣いたり 笑ったり 怒ったり・・・
   安心して感情を出せる場所なんです
   感情のバランスをとる為に 必要な場所なんです

   家族で食卓をかこみ 今日あった事を話す
   そんな当たり前の家庭のあり方を もう一度考えてみましょう・・・


   


   我が家は 父が食にうるさいので
   お米は「あきたこまち」
   お味噌は秋田の「手作りみそ」と決まっています
   今では そのお味噌でないと お味噌汁じゃない気がします
   姪の家庭にも影響をあたえ そのお味噌でないとイヤだと言います

   お味噌汁は日本人のソウルフーです
   父のこだわりは時にうるさく感じますが
   代々 親子四世代にわたり 同じお味噌をいただく幸せ
   なんとも ほっこりします
   そんな小さな事かもしれませんが これが家庭なんだと思うのです


  
   
   

   

   
   
   
   

Posted at 2012年11月10日 18時36分22秒  /  コメント( 0 )

ダライ・ラマ14世の言葉 2

 
 私が尊敬するダライ・ラマ14世の言葉をご紹介します

 ダライ・ラマ14世は インドに拠点を置くチベット亡命政府の長であり
 チベット仏教の最高指導者でもある


   
   


   1年に1度は
   これまであなたが行ったことのない場所に
   行くようにしなさ

                      ダライ・ラマ14世


  若い時は あそこへ行きたい!次はここへ!と
  休みの度に疲れも考えず 出かけていませんでしたか?

  大人になり 仕事も忙しくなり 家庭を持つと
  日々がルーティンのごとく 似たような毎日を過ごすようになりがち

  例えば この言葉を耳にして・・・
  「あ〜 今年どこどこへ行ったよ!」と答えた人 
  すでにルーティンになっています!!!

  この言葉の意味するところは 「体験」「出会い」「意識改革
  だと思うのです
  「行った」そして「帰って来た」は 単なる時間の流れでしかないわけで・・・

  そこで 何を見て、何を感じて、何を話して、、
  小さなことでも 得たことが重要!気付いたことが重要
  特別に 海外旅行じゃなくていいんです
  日帰り旅行でいいんです

  日々の生活で視野を広げるって なかなか難しい・・・
  だから 行ったことない場所で たくさん感激してほしいな〜

  子育て中の方は いろんな景色、生き物、植物
  いっぱいいっぱい お子さんに見せてあげてくださいね!!!
  そして 一緒に感動しましょう!!

  いがいと そんな旅の途中で重要な人生のキーワードを見ず知らずの方から
  聞かされたりするもなんですよ
  だから 人との出会いが楽しいのです!!!


   


   思い切って旅に出る時 私はよく新しい靴を買います
   でも 靴擦れは絶対イヤだから 何度も試して選びます

   新しい靴は 私をどこか今までと違う場所へ連れて行ってくれそうで
   そんな靴をトランクに入れる瞬間が大好きなんです♥

   みなさんも 自分流の旅の仕方を見つけてみてくださいね!



   追伸 昨日このブログを完成させた後に男性のお客様が来られました
      お話をしていると 今夜、旅行へ行くのでブレスを買おうかと
      お店に来店されたそうです
      いろいろ悩みながら 二つのブレスを購入され これから成田へ
      行きますと 出かけられました
      私は靴でしたが お客様は新しいブレスを持って旅にでる・・・
      楽しいシンクロのご縁をいただき有り難うございました!!!

      
      





   


   




  

Posted at 2012年10月10日 18時37分57秒  /  コメント( 0 )

ダライ・ラマ14世の言葉 1

 
 私が尊敬するダライ・ラマ14世の言葉をご紹介します

 ダライ・ラマ14世は インドに拠点を置くチベット亡命政府の長であり
 チベット仏教の最高指導者でもある


   
   


    どんな大きな流れも
   きっかけは一人の小さな行動から生まれます

   もしあなたが「自分には大したことなど
   出来ない」と思ってしまったら
   それは世界にとって大きな損失となるのです


                     ダライ・ラマ14世



  たとえば お年寄りが横断歩道で転んでしまった
  あなたは運転中だったけど 車から降りて
  お年寄りを歩道まで連れて行ってあげたとする

  後ろの車が さっさと車を動かせー!とクラクションを鳴らして来た
  でも あなたはお年寄りの安全を優先した

  やっと車に戻り 後ろの車に頭を下げ乗り込んだ瞬間
  前方でドーンと大きな音がした
  100m先の工場が爆発事故を起こした!!!

  あなた達 クラクションの運転手も後続の運転手も
  あなたの勇気ある行動で 爆発事故に巻き込まれずにすんだ

  極端な例ではあるけど
  誰かの良い行動で 流れを変えることはできるのです
  たくさんの人に影響するのです

  だから出来ることから HAPPYな連鎖を起こしましょう!!


   



  動物救護隊 にゃんだーガードのみなさん

  今日もたくさんの命の為に頑張っています!!!

   



   
  



  

Posted at 2012年09月23日 18時40分52秒  /  コメント( 0 )