メインメニュー
Ladyに捧げる偉人の言葉

ガンジーの言葉 5

 私が尊敬するガンジーの言葉をご紹介します

 ガンジーは 「非暴力、非服従」の思想のもとインドを独立させ
 植民地解放運動や人権運動において平和主義的手法として
 世界中におおきな影響を与えた


   


        我々の信念は

        常に燃え続ける 

     灯火でなければならない

   
        それは我らに 

     光明を与えるだけでなく

     周囲をも照らしてくれる
                          
                マハトマ・ガンジー




  トルコ反政府デモ、無言で立ち尽くす「沈黙の抗議」


  このニュースをみて 私は鳥肌がたちました

  まるでそれは インド独立運動のワンシーンのようです

  デモは 数人でも暴徒化すれば 危険とみなされ

  警察から鎮圧をうける

  それによって さらなる興奮をうみ 事態は悪化する

  しかしいま強制排除のあとに トルコ国民は静寂のもと

  冷静な抗議をおこなっている


  ブラジルでのデモも どんどん大きなうねりとなり

  各都市へ広がっている

  けが人も出ているようで これ以上 暴徒化し略奪行為に進むのは

  避けたいところだ



  トルコは オリンピック招致のまっただ中

  ブラジルは ワールドカップ・オリンピックを控えている

  今までなら スポーツの祭典に国民は踊らされ

  経済効果が 何兆円だとか 期待の選手がとか・・・

  でも どれだけのお金をかけてスタジアム建設をしても

  効率よく移動できるよう 交通関係を整備しても

  その後 その国民がそれらを必要としなければ

  ただの無駄遣いになってしまう

  だったら そのお金があるのなら

  いま必要なものに使って 生活を良くして欲しいはず




  そこで 多くの日本人は この海外デモをどうみているだろうか?

  日本国内でも脱原発デモは 各所でおこなわれています

  でも ほとんどの人達は 日本のデモは少数の人達が

  その人たちの考えでしていることで

  自分たちには関係ないと思う方が多いかなと思います

  それよりも何よりも もう福島の原発問題は終わったことで

  あとは 政府が処理することと考えているかもしれませんね

  たしかに素人の私達が原発問題に意見するのは

  とても難しすぎて分からないと思うんです

  でも分からないと 考えないは別問題だと私は思います



  先日 自民党の高市早苗政調会長の発言が問題となっています

  「福島第一原発で事故はあったが、それによって死亡者はでている

  状況ではない。」と・・・

  それはあくまで あなた達が都合上 公表している数字であって

  それを公の場でペラペラしゃべって 何様なんだと言いたい!!

  福島の立ち入り禁止区域では 収容できないご遺体がまだまだ

  あるといいます

  それは 放射能の数値が高いから運べないご遺体なんです

  そのご遺体が 地震によって亡くなったのか

  津波で亡くなったのか

  被爆で亡くなったのか

  誰が確認したのですか

  確認できたのなら なぜ 今現在も そのままなんですか

  そういった失われた命があるのに

  死亡者はでていない!???

  ふざけるな!と 大声で叫びたいです

  彼女の政治家としての資質より 人間性を疑います

  どんなにここで 怒鳴ろうと

  彼女は発言撤回で のうのうと職務についています

  国民の命を軽視する ふざけた政治家です



  日本人が政府に対して抗議しようと思えば

  いくらでも 埃は出てきます

  サッカー日本代表がワールドカップ進出を決めて

  流行の決めごとで 君が代を合唱し

  相変わらず 渋谷交差点で大騒ぎして

  DJポリスが現れて みんなを上手に誘導したと表彰される

  それはそれで いいけど

  そういったアイディアを デモにも活用できるんじゃないかな

  若い人達の おもしろアイディアで

  今の時代の 自分たちに合った 意見する場を作れると思うんです

  


  トルコの沈黙の抗議が 今後どのような影響を与えていくのか

  見守っていきたいと思います

  25日は さまざまな権力と戦った マイケルの命日ですね・・・



  Michael Jackson 『Man in The Mirror
  

  

  

  

  

   

  

  

Posted at 2013年06月24日 11時03分15秒  /  コメント( 0 )

マザー・テレサの言葉 5

 私が尊敬するマザー・テレサの言葉をご紹介します

 マザー・テレサはカトリック教会の修道女にして「神の愛の宣教者会」の
 創立者である
 同会の目的は「飢えた人、裸の人、家のない人、身体の不自由な人、
 病気の人、必要とされることの無い全ての人、誰からも世話されない人の為に
 働く」ことであった
 「死を待つ人々の家」を開設、以降ホスピスや児童養護施設を開設した




   



   今 この瞬間を 幸せでいましょう

   それで 十分です

   その瞬間 瞬間が

   私たちの求めているもの全てであって

   他には何もいらないのです

                           マザー・テレサ




   GWの蔵前(お店のある台東区蔵前)は とても静かです

   大型連休といっても いつも仕事、仕事

   今年に入って 自分の時間ってあったかな?と考えてみた

   休みは疲れて寝てるか

   両親の看病・介護・・・

   自分の為の時間がなかった気がする

   
   ふと 昔の自分を思い出してみた



   

   
   20代の頃 お天気のよいGWに表参道へブラッと行き

   大好きだった「バンブー」サンドイッチハウスへ・・・

   ビールを飲みながらテラスでリラックス

   まだ肌寒いけど 初夏の訪れを感じる暖かい日差し

   今はなき 「バンブー」での思い出

   現在は こ洒落たフレンチレストランになっちゃった



   その頃 よく聞いていた曲をYouTubeで探してみた

   音楽って不思議・・・

   メロディーにのって タイムカプセルのように

   あの頃へ連れて行ってくれる

   ゆっくり 音楽を聴く時間もない日々

   せめて 静かな今日くらい のんびりしてみようかな




   Julie London - Fly me to the moon 

Posted at 2013年05月02日 12時05分24秒  /  コメント( 0 )

ダライ・ラマ14世の言葉 4

 
 私が尊敬するダライ・ラマ14世の言葉をご紹介します

 ダライ・ラマ14世は インドに拠点を置くチベット亡命政府の長であり
 チベット仏教の最高指導者でもある


   
   


   誰もが生まれつきの敵であったり

   友であったわけではありません

   「敵」も「友」も

   自分が人々とどう接するかで生まれるのです

                       ダライ・ラマ14世


  久しぶりに家でボーッとしながら大好きなSEX AND THE CITYの
  再放送を観ていました
  主人公のキャリーは大切な思い出が詰まったパソコンが壊れてしまい
  そんな時に親友のお母さんが亡くなり・・・
  辛い状況になります
  となりには恋人が寄り添ってくれています

  でもキャリーは恋人にその辛さを委ねることができないのです
  お通夜に来る必要はないと彼を遠ざけ・・・
  彼もそんな彼女を不思議に思います
  新しいMacをプレゼントしようとサプライズを演出しても
  キャリーは喜びません
  
  彼は どんなに家の鍵を交換し合って行き来しても
  心の中に入れてもらえないことに腹をたて鍵を置いて出て行きました

  キャリーは何を怖れたのでしょうか・・・
  どんな怖れが 彼女を結果 孤立させたのでしょうか・・・

  30代後半の独身女性
  自立して仕事をして
  自由に生きる
  たくさんの恋愛をしたけど たくさん別れもした
  寂しいと思う時もあるけど ひとりが楽だとも思う

  もう深く傷つくのが恐かったのでしょうか
  裏切られるのが恐かったのでしょうか
  自分のスペースに立ち入られるのが嫌だったのでしょうか
  自分のペースを乱されるのが嫌だったのでしょうか

  彼女はお通夜へ向かう前に 彼に電話をいれました
  「もし甘えることを覚えて
  なのにあなたと別れたり あなたが死んだり
  私の前からいなくなったら・・・
  私はどう生きていけばいいか分からなくなる」


  お通夜の会場 最後に後ろを振り返ると
  そこには彼の姿が・・・

  私はこのストーリーが好きです
  いかに人間が自分の心に共有スペースを持つことが難しいか
  分かりやすいストーリーだからです
  彼女が弱さを隠す
  彼が突き放す
  彼女が弱さを告白する
  彼が受け入れる
  シーソーみたいですよね

  誰もが心の中に15%でいいから 共有スペースを持っていたら
  価値観の違いでスピード離婚はなくなるんじゃないかな?と思います


  
  

  
  

  

  

Posted at 2012年12月19日 18時33分32秒  /  コメント( 0 )

マザー・テレサの言葉 4

 私が尊敬するマザー・テレサの言葉をご紹介します

 マザー・テレサはカトリック教会の修道女にして「神の愛の宣教者会」の
 創立者である
 同会の目的は「飢えた人、裸の人、家のない人、身体の不自由な人、
 病気の人、必要とされることの無い全ての人、誰からも世話されない人の為に
 働く」ことであった
 「死を待つ人々の家」を開設、以降ホスピスや児童養護施設を開設した




   


   わたしたち1人1人が

     自分の玄関の前を掃除するだけで

       全世界はきれいになるでしょう

                      マザー・テレサ


   社会はひとりひとりの個人を合わせて 成り立っています
   日本の社会において 私達はそれぞれが1億2000万分の1です

   小・中学生の頃 クラスを良くしたいと皆で意見を出し合い
   多数決で何をしていくか決めて実行した経験はありませんか?
   例えば クラスの平均点を上げるにはどうするか?
   文化祭で新しい取り組みをしたい とか・・・
   皆の協力で とても良い変化が起き
   他のクラスからも見習いたいと言われ
   さらに他の学年からもお手本にしたいと言われる

   そうすると今度は他の学校からも見学させて下さいと言われ・・・
   もっと広がれば 都道府県からも見学がきて・・・
   何かの模範校になるなんてこともある

   社会においては ある企業が効率の良い方法により
   一気に黒字になり インタビューが殺到して企業見学が相次ぎ 
   海外からも視察団がくるようになった なんてこともある

   普段の日常に戻して考えると
   お隣さんが ガーデニングで季節のお花を植えた
   とってもキレイなので 自分も植木を並べてみた
   するとそのお隣さんも・・・またお隣さんも・・・
   マンションだったら ベランダのあちこちにキレイなお花が揺れていて
   下を通る人の目を和ませる事でしょう

   良い事が広がっていく・・・
   とても気持ちのいい事です
   最初は数人から始まったとしても広がるときは広がるんです
   そういった良い流行・風潮・社会現象を作るのも
   私たち1人1人なんです



   


   12月にはいると 大掃除の季節です
   一年の汚れを落し きれいピカピカで新しい年を迎える準備です
   家族みんなで お子さんにもお手伝いしてもらって
   家中ピカピカにしましょう!!
   光る物は ちゃんと光らせてあげてくださいね!
   独身の方!!良いご縁を呼び込む為にも
   キッチン周り・寝具 そして玄関を徹底的にお掃除を!!

   日本の古くからの大事な習慣を大切にしましょう






   
   
   
   

Posted at 2012年11月18日 18時34分18秒  /  コメント( 0 )

ガンジーの言葉 4

 私が尊敬するガンジーの言葉をご紹介します

 ガンジーは 「非暴力、非服従」の思想のもとインドを独立させ
 植民地解放運動や人権運動において平和主義的手法として
 世界中におおきな影響を与えた


   


     暴力によって得られた勝利は敗北に等しい

          一瞬でしかないのだから

                        マハトマ・ガンジー


   世界の永い歴史の中で
   戦争はどの時代でもあり
   人々が戦い 殺し合い
   勝った 負けた
   そんなことばかり繰り返して来た

   時がたち 2012年のいま
   その歴史を繰り返して来て いったい何の得があっただろう
   相変わらず 戦争を繰り返し
   勝った自分たちは偉い
   負けたお前たちは従え
   
   問題はどんどん複雑化して
   誰が敵で味方かも分からなくなっている
   今日の味方は 明日の敵かもしれない
   お互いを信じるには ほどとおい
   信じたらバカをみる
   ずる賢いものが ひたすら笑う

   正直に生きる美学は とっくに無くなっている
   いまは 正直者が馬鹿を見る
   そんな時代になってしまった

   こんな世の中のまま 同じ繰り返しを続け
   
   いつ 誰が目を覚ますのだろうか・・・

   こんな世の中で 我が子の成長を願えますか?


   


   この子たちの10年後 20年後は 今から作られています
   家庭を持ち 子育てをしているかもしれません
   それは どんな世の中でしょうか?
   毎日 食事ができる社会でしょうか
   みんなが教育を受けられる社会でしょうか
   夢や希望をもてる社会でしょうか・・・

   今から 私達が作るのです
   そうあってほしい世の中になるように・・・
   
   
   

Posted at 2012年11月17日 18時34分52秒  /  コメント( 0 )

ダライ・ラマ14世の言葉 3

 
 私が尊敬するダライ・ラマ14世の言葉をご紹介します

 ダライ・ラマ14世は インドに拠点を置くチベット亡命政府の長であり
 チベット仏教の最高指導者でもある


   
   


   家庭の暖かさは

     あなたの暮らしの基盤となります

                      ダライ・ラマ14世


   動物園で育児放棄された赤ちゃんが大きくなり
   実際 自分が出産した時に同様に育児放棄したと
   ニュースで耳にすることがあります

   人間においても 幼い時に親から虐待を受けた子どもが
   大人になり 他者へ暴力をふるうというケースがあります

   しかし 真逆のケースもあり
   愛ある方に保護され 愛情深く育てられ
   愛を知った事で 反面教師で親のようにはならないと悟り
   自分の生き方を見つめ
   感謝の気持ちで 他者へ愛のおすそわけをしながら
   同じ境遇の子どもたちを守る活動をされている方もいます

   家庭という場所は ただの家ではないのです
   寝て ご飯を食べるだけの場所ではないのです

   外でイヤな事があっても 家庭は守られる場所でもあります
   反対に 怒られる場所でもあります
   泣いたり 笑ったり 怒ったり・・・
   安心して感情を出せる場所なんです
   感情のバランスをとる為に 必要な場所なんです

   家族で食卓をかこみ 今日あった事を話す
   そんな当たり前の家庭のあり方を もう一度考えてみましょう・・・


   


   我が家は 父が食にうるさいので
   お米は「あきたこまち」
   お味噌は秋田の「手作りみそ」と決まっています
   今では そのお味噌でないと お味噌汁じゃない気がします
   姪の家庭にも影響をあたえ そのお味噌でないとイヤだと言います

   お味噌汁は日本人のソウルフーです
   父のこだわりは時にうるさく感じますが
   代々 親子四世代にわたり 同じお味噌をいただく幸せ
   なんとも ほっこりします
   そんな小さな事かもしれませんが これが家庭なんだと思うのです


  
   
   

   

   
   
   
   

Posted at 2012年11月10日 18時36分22秒  /  コメント( 0 )

マザー・テレサの言葉 3

 私が尊敬するマザー・テレサの言葉をご紹介します

 マザー・テレサはカトリック教会の修道女にして「神の愛の宣教者会」の
 創立者である
 同会の目的は「飢えた人、裸の人、家のない人、身体の不自由な人、
 病気の人、必要とされることの無い全ての人、誰からも世話されない人の為に
 働く」ことであった
 「死を待つ人々の家」を開設、以降ホスピスや児童養護施設を開設した




   


   神様は私たちに

     成功してほしいなんて思っていません

       ただ、挑戦することを望んでいるだけよ

                       マザー・テレサ


  今年はオリンピックイヤーでしたね
  なんか 去年だったような錯覚をおこしてしまうけど・・・

  水泳の北嶋選手
  二度も金メダルを取ったら たいていは引退するよね
  でも彼は 被災地の子ども達に約束をして
  さらに泳ぎ続ける決断をし オリンピックへの切符を手にし
  個人ではメダル獲得はできなかったけれど
  団体戦で見事な「これぞ北嶋!」の泳ぎをみせた
  チームも彼を手ぶらで帰させるわけにはいかないと健闘し
  そして彼らは表彰台の上で最高の笑顔をみせてくれた

  スポーツ選手は ある意味 明確な目標があるから
  「挑戦」ということが分かりやすいと思う

  でも私達ひとりひとりも 自分の人生において戦っている
  大げさに思うかもしれないけど・・・
  自分の成長と戦っているんだと思う

  人生に対して 明確な目標を定められたら
  そこへ向かうということは 同じく「挑戦」なんだよ!

  ほら!金メダルじゃなくても 皆さん感動したよね!?
  私達も 成功の確率ばかり考えて楽な選択ばかりしないで
  なんか 魂が熱くなるような・・・
  「よっしゃ〜!やるぞーっ!!」的な 「挑戦」をしてみようよ!!!



   


   この笑顔が また次の挑戦者を生む原動になるんだよね!
   見てると こちらも笑顔になる!!
   
   さ〜て やってみるか〜!!


  
   

Posted at 2012年10月21日 18時36分56秒  /  コメント( 0 )

ガンジーの言葉 3

 私が尊敬するガンジーの言葉をご紹介します

 ガンジーは 「非暴力、非服従」の思想のもとインドを独立させ
 植民地解放運動や人権運動において平和主義的手法として
 世界中におおきな影響を与えた


   


   幸せとは、
     あなたが考えることと、
       あなたが言うことと
         あなたがすることの、
           調和がとれている状態であ

                         マハトマ・ガンジー


  この3つは いつも時差があるように思いませんか?

  何となく 頭の中でイメージして考えたつもり・・・

  実際に言葉にしたら 何かまとまり感がない・・・
  相手に伝わってない・・・
  自分でも何を言いたいか 分からなくなってしまった

  でも やってみた・・・
  ピントがずれたことをしている・・・
  あれ?何がしたいんだっけ??

  苦笑いをしている方!でもこれ よくある話です(笑)

  
  みなさん なりたい自分像、幸せの絵図、幸せのストーリー、夢、希望、、
  どのくらい想像できていますか??
  もっともっと想像してください
  具体的に想像してください
  作文にして提出させませんから 恥ずかしがらずにイメージしてみて!!!

  イメージがまとまらないと企画書は書けませんよね?
  人生も同じです

  イメージがしっかりしてきたら
  そこへ向かう為の 行動を起こせば良いのです
  煮詰めて煮詰めて 企画書を完成させるのです
  失敗したら どんどん訂正しましょう!
  ひらめいた事をどんどん言葉にしましょう!
  
  第一段階から企画書は完璧であるはずがないのです!
  頑張って くじけずに 完成させましょう!!!

  さて 重い腰を上げた人・・・この指と〜まれ!!



   

   当店自慢のカウンセリングルーム

   今まで たくさんの方達とお話をさせて頂きながら
   涙あり、笑いあり、嬉しい現象が起きたり、、

   ただの部屋ではありませんよ!
   何かが起こる そんな部屋なんです
   ついつい話したくなってしまう告白の部屋でもあり・・・
   忘れていた記憶が突如 思い出されたり・・・

   何度も通ってください!
   いろんな体験をしてください!

   これからも 宜しくお願いしま〜す!!!


   

   


    
  
  

Posted at 2012年10月11日 18時37分24秒  /  コメント( 0 )

ダライ・ラマ14世の言葉 2

 
 私が尊敬するダライ・ラマ14世の言葉をご紹介します

 ダライ・ラマ14世は インドに拠点を置くチベット亡命政府の長であり
 チベット仏教の最高指導者でもある


   
   


   1年に1度は
   これまであなたが行ったことのない場所に
   行くようにしなさ

                      ダライ・ラマ14世


  若い時は あそこへ行きたい!次はここへ!と
  休みの度に疲れも考えず 出かけていませんでしたか?

  大人になり 仕事も忙しくなり 家庭を持つと
  日々がルーティンのごとく 似たような毎日を過ごすようになりがち

  例えば この言葉を耳にして・・・
  「あ〜 今年どこどこへ行ったよ!」と答えた人 
  すでにルーティンになっています!!!

  この言葉の意味するところは 「体験」「出会い」「意識改革
  だと思うのです
  「行った」そして「帰って来た」は 単なる時間の流れでしかないわけで・・・

  そこで 何を見て、何を感じて、何を話して、、
  小さなことでも 得たことが重要!気付いたことが重要
  特別に 海外旅行じゃなくていいんです
  日帰り旅行でいいんです

  日々の生活で視野を広げるって なかなか難しい・・・
  だから 行ったことない場所で たくさん感激してほしいな〜

  子育て中の方は いろんな景色、生き物、植物
  いっぱいいっぱい お子さんに見せてあげてくださいね!!!
  そして 一緒に感動しましょう!!

  いがいと そんな旅の途中で重要な人生のキーワードを見ず知らずの方から
  聞かされたりするもなんですよ
  だから 人との出会いが楽しいのです!!!


   


   思い切って旅に出る時 私はよく新しい靴を買います
   でも 靴擦れは絶対イヤだから 何度も試して選びます

   新しい靴は 私をどこか今までと違う場所へ連れて行ってくれそうで
   そんな靴をトランクに入れる瞬間が大好きなんです♥

   みなさんも 自分流の旅の仕方を見つけてみてくださいね!



   追伸 昨日このブログを完成させた後に男性のお客様が来られました
      お話をしていると 今夜、旅行へ行くのでブレスを買おうかと
      お店に来店されたそうです
      いろいろ悩みながら 二つのブレスを購入され これから成田へ
      行きますと 出かけられました
      私は靴でしたが お客様は新しいブレスを持って旅にでる・・・
      楽しいシンクロのご縁をいただき有り難うございました!!!

      
      





   


   




  

Posted at 2012年10月10日 18時37分57秒  /  コメント( 0 )

マザー・テレサの言葉 2

 私が尊敬するマザー・テレサの言葉をご紹介します

 マザー・テレサはカトリック教会の修道女にして「神の愛の宣教者会」の
 創立者である
 同会の目的は「飢えた人、裸の人、家のない人、身体の不自由な人、
 病気の人、必要とされることの無い全ての人、誰からも世話されない人の為に
 働く」ことであった
 「死を待つ人々の家」を開設、以降ホスピスや児童養護施設を開設した




   


   導いてくれる人を待っていてはいけませ

   あなたが人々を導いていくので

                         マザー・テレサ


  どうしても人は 正しいか?間違ってるか?で行動する癖を持ってます
  やってみないと分からない事は たくさんあるのに・・・
  
  どちらか分からない時も もし間違っていたらと
  二の足を踏むことありませんか?

  その答えを待っていても いつ誰が教えてくれるかは分からないのです
  たったひとつの答えを得る為に 何年も待っていたら時間が勿体ない!!
  だったら チャレンジしてみて 良かったか?良くなかったか?
  自分自身で確かめてみた方が いいと思いませんか?

  良かったら自信につながるし
  良くなかったら反省点を見つけて 誰かに教えてあげられるよ

  失敗を恐れずに 
  失敗は努力のひとつの通過点だと思って
  前みて 進んでいこうね!!!


    

    ハリウッドセレブのアンジェリーナ・ジョリー
    彼女は今ではブラッド・ピットと共に たくさんの恵まれない子ども達を
    養子縁組をして子育てをしている慈善活動家である
    しかし彼女自身 父親との確執、同性愛、薬物、不倫、精神的に不安定な
    時期もあり さまざまなゴシップで世を騒がせてきたのも事実です
    葛藤があったからこそ さまよい続けたからこそ見えた世界があるのです
    私は今後も彼女が世界に愛を導いてくれる天使だと信じています


    
    
     

Posted at 2012年10月04日 18時38分29秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ