メインメニュー
氣のお話

風助と地震のおはなし

 

 今朝5時18分ころ東京都千代田区で

 震度5弱の地震がありました。

 私の住むエリアも久しぶりに揺れたなという

 感じでした。

 皆さん、怪我などされていませんか?

 しばらくの間は余震に気をつけて、

 防災グッズの再確認をしましょう。

 とくに先日ブログにてお話ししたように、

 西日本の方、お水のストック本数など

 改めて検討し直すよう促したいと思います。

 こういった機会ですから、念には念を!!


 
 詳しくは
 5/2『地域別に防災意識を考えてみると』
 


 今日は風助のお誕生日ですが、

 風助は311の後、余震が続く中でノラちゃんで生まれ、

 母ネコはまだろくに動けない子猫を連れて

 何度も住処を移動し続けました。

 それは地震を察知する動物の本能として止める事はできず、

 カラスに追われながら必死で生きていました。

 そんななか、体調を崩して母ネコから取り残された風助を

 我が家で保護することとなりました。



 我が家に来た頃の風助は、活発に遊んでいても

 眠くなると目をまっ赤にしながら「キーっ!」と

 私の手や足を噛む子でした。

 それは、赤ちゃんの頃のPTSDで

 眠いイコール恐怖だったんですね。


 ほんとに見ていて悲しくなるくらいでした。

 「怖かったんだろうな。辛かっただろうな。」と。

 なので「安心して寝れるんだ」ということを

 教えてあげるのが第一でしたね。


 そういった恐怖心が今後、対人間との生活に

 大きく影響してしまいますから。


 おかげ様で、今は本来の気質を取り戻し、

 我が物顔で、ここはオレの家だ!と大威張りです。



 でも今朝の地震はさすがに風助も怖かったらしく、

 地震後1時間半くらい、落ち着きなく、

 身をかがめて歩いていました。

 地震後にしばらく残っている余波を感じていたのかな。

 動物は、地震の前にも電磁波を察知して異常行動を

 おこしたりします。

 今年に入り、今までまったく敏感体質でなかった方も

 地震前のいわゆる頭痛や耳鳴りといった体感を経験されている

 という報告を数多く受けています。


 その感じる事を楽しむ人もいれば、

 怖がる方もおられるわけです。

 私においては4月に入り、体温調節がきかず、

 シンドイ時期が続きました。

 朝4度9分だった熱が夕方には7度にあがるという

 ジェットコースターのような体温です。

 そういう時は、風助もイマイチですね。



 巷には、地震予知なる予言などありますが、

 当たったところで、それを回避する事はできません。

 自然災害は時に残酷であり、

 人間の想像をはるかに超えます。

 例えば、仏様からのメッセージなどもそうですが、

 ただ単に「当てっこゲーム」じゃ意味がないんです。


 そのメッセージなり、

 そろそろ地震が起きるんじゃないか・・・

 私は予知とか予言とかだけでブログにのせるなら、

 そこからどう身を守る事に繋げていくか

 そのメッセージをお伝えしたいと思うんです。

 体感する事が怖いとおっしゃる方に、

 安心できるアドバイスをする方が大事だと。





 そういった中で、近頃どうしても「地下水」「水道水」が

 気になるので、特に西日本は井戸からそのまま水道利用

 されていることが多いエリア
ということで、

 ペットボトルのストックを改めて促しているわけです。

 地震や火山などの地殻変化にともない、

 水質が変化することは多々あります。


 311の後にも温泉地などで水質が変わったり、

 水量が変わったり、、

 お水は生き物にとって基本中の基本です。

 ですので地震がくるから水を買いだめしろ!!という

 脅しだけではなく、地球の変化を考慮して

 今できる事を、準備していこうねというお話です。

 なにもない事を祈りますが、

 備えあれば憂いなし。

 いつも万全の状態をキープしてほしいなと・・・

 それが家族を守る気遣いとして受け止めてほしいです。




 私たち一般市民がこうして試行錯誤している最中、

 政府は原発再稼働ありきの外遊で、

 たくさんの税金を使っています。

 福島の原発事故による汚染は何も解決していません。

 今年あたりから、もっとリアルな被害状況が次々と

 報告されるでしょう。

 健康についてもう人任せではない時代です。

 でも、放射能との因果関係はないと切り捨てられ。

 私たちの身の安全を確保すると言う事は、

 政治が大きく関わっている事も知って下さいね。

 無関心は終わりにしましょう。


 
 

Posted at 2014年05月07日 14時57分58秒  /  コメント( 0 )

喉元過ぎれば熱さを忘れる

 人間って不思議な生き物。

 とても苦労して乗り切ったこと、

 とても悲しい想いをして多くの気付きを得たこと、

 とても危険な目にあっても救われた恩、

 その時は、ホントに有り難いと

 まわりの人々に、ご先祖様に感謝して、

 これからはもっと良い生き方をすると言葉にする。



 
 数ヶ月が経ち、数年が経ち、

 人間はいつもの物質社会の人間界に戻り、

 また荒波の中でもがき始める。

 同じ繰り返しをする。

 思うようにならないことを誰かのせいにする。

 


 『心』を知ったはずなのに・・・

 『心』に刻めなかった。

 『脳』で考えることしかできずに、

 『脳』から記憶が消えていく。




 空っぽの『心』に右往左往する。

 空っぽの『心』に欲望を詰め込んでいく。

 そしてまた振り回されていく。

 そしてまた誰かを傷つけていく。




 世の中には至る所に情報がばらまかれている。

 でも人間は刺激だけを求めて、

 ただ興奮させられて、

 一歩づつ、また一歩づつ、

 ひたむきに歩むことの大切さを見ようとしない。




 どれだけの犠牲をはらえば気付くんだろう。

 


 今日からでも遅くない。

 変わるのは、まずは自分から。







 故マイケル・ジャクソンからのメッセージ
  (死後、発表された「This is it」より)



 『自然は必死になっている

  人間の不始末を埋め合わせようと

  地球は病んでいて 熱があるんだ

  今でなければ もう治せない

  今が最後のチャンスなんだ

  僕らは暴走列車 今こそ その時なんだ

  
  みんなこう言う

  “誰かがやってくれる”と

  “誰かって?”

  僕らから始めよう

  でないと なしえない』


 

 

  Michael Jackson Man in the mirror《日本語字幕》 

  http://youtu.be/W5W_uin5CDA






          

Posted at 2014年05月04日 14時40分29秒  /  コメント( 0 )

地域別に防災意識を考えてみると

 先日、次々と捕獲されている深海魚のなかで

 サメに焦点をあてて記事にしました。


  『深海サメは危険な香り?』
  http://cplus.if-n.biz/5002951/article/0429406.html

 
 ただ単に、人々に恐怖を与えるだけの地震の話題ではなく

 そこから、こんなことも考えられるよ!

 そういった視野を広めるという観点

 今日は防災について、お話ししようと思います。




 そこで!!

 この段階で読むことを止めたくなったアナタ!!!

 読むことで恐くなっちゃうから・・・

 考えるのがイヤだから・・・

 何もかにも災害のことは触れてほしくない・・・

 誰しも考えたくないですよね。。

 私たち日本人は、何度も何度も恐い思いをしてきました。

 もうこれ以上、何も起きないと思いたいのは当たり前です。

 もし、そういった拒絶があるのなら

 誰かまわりの家族にでも「これ、読んどいて!」

 誰かにお願いしてみましょう!




 こういった拒絶は地域に差はあまりないように思います。

 ただし詳しくは個々のメンタルの影響が多いことなので

 あえてここでお話はしません。

 ですが何も防災意識をもたない人を

 やみくもに「オマエ馬鹿じゃねーの?」

 な〜んて攻撃しないでくださいね。

 ホントに能天気な方もいるし、その横にはそこまで

 心に余裕を持てず葛藤している方、例えばお子さんを

 交通事故や病気で亡くされたばかりとか、今も看病中とか

 色んな苦しみの方がおられることを

 決して忘れないで下さい。



 さて、今なお東北の皆さんは不自由な生活の中で

 進まぬ復興の中で、必死に生きていらっしゃいます。

 あれから3年が経って、大切な方を亡くされ、

 家族の団らんの場である家を奪われ、

 時が経って、もう忘れたよ!なんてあるはずもなく。

 今なお、緊張感は続いているのではと思います。

 そういった中で、緊急の災害時には

 経験をもとに素早く行動できると信じております。




 さて、では東京近郊の場合はどうでしょうか?

 あの日、全ての交通機関がストップして

 何時間もかけて徒歩で岐路につきました。

 何十時間も車の中で、全く進まず、それでも何とか

 家に辿り着きました。

 携帯は繋がらず、家族の安否も分からないまま

 不安の中で家路を急ぎました。

 福島原発の爆発の影響で計画停電もありました。

 的確な報道がなされないまま、

 とにかく水の確保を!食料確保を!電池のストックを!

 懐中電灯を!ラジオを!卓上コンロのガスボンベを!

 すこしでも車にガソリンを入れないと!!

 かけずり回って買い出しをし、情報を集め、

 しかし日常生活はそこにあったわけで、

 いつもより早めに家を出て会社へ行き、

 帰りはさっさと家へ帰る。

 そんな毎日でしたね。

 夜はニュースを観ながら、こりゃぁ大変なことに

 なってると東北の方々の安否を心配し、

 時折やってくる余震に震えながら緊張による

 肩こりで吐き気がしそうでした。

 やはりそこには経験があります。

 お風呂のお湯は捨てずに貯めておくことなど。

 多少、思い出したくなくても必要に応じて

 まだ思い出せると思います。





 そこで・・・西日本の方。

 阪神淡路大震災を経験しているから大丈夫!!

 はたしてそうでしょうか?

 中国地方は?四国は?九州は?

 あれから19年が経ちました。

 よちよち歩きだった子が

 家庭を持っているかもしれません。

 震災後に引っ越して来た方もいます。

 人間の脳による記憶力を考えてみると、

 19年は遠い昔なんですね。

 リアル感に乏しいといいますか・・・

 もちろん、被災され悲しみの中で生きてこられた方は

 忘れようがない記憶です。

 でも現代人の脳の使い方を考慮すると

 ちょっと気になります。

 また、3.11の時に一番TVでリアルタイムに

 しかもガッツリTVに釘付けになったのは

 西日本にお住まいの方々ではないでしょうか?

 自分たちは離れているから、少しでも知ってあげないと

 そういった優しさから観たくない映像もしっかりと
 
 ご覧になられたのでは?と心配になります。


 その頃、関東より北の地域では余裕がなかったですからね。

 そうすると先にお話ししたように

 恐すぎて拒絶感が出てしまうケースもあると思います。

 また備えようと思っても検討がつかない方も多いのでは?


 4人家族でどの位の準備が必要なの??というように。

 お水に関して言うと、井戸水などを利用されている

 ご家庭が多いのでは?と・・・


  

 
 そうすると水があって当たり前だと思うのです。

 もし万が一、地下水・井戸水が汚染されて使えない!

 そういう時にペットボトルを利用するという

 東京近郊では当たり前のことが想像つかないのでは?


 どれだけストックすればいいのか?

 さっぱり検討がつかないと。。



 ネットを検索すれば、たくさんの情報がでてきます。

 その情報を出す側も、こういった背景を考慮して

 100人全員に分かる内容だけでなく、

 ケースバイケースの様々な情報がアップされると

 さらにネット情報が活きてくると思うんです。


 うちの場合はこうだったよ〜!

 十人十色の様々な情報。

 この情報が当り!ハズレ!でなく、

 必要な方の手に届く、必要な情報。


 そんな思いやりのある情報・アドバイスが溢れると

 もう少し、世の中優しさが出てくるんじゃないかな。

 なんて思いました。



 我が家のオリジナル防災なんて記事が

 もっともっと出てくると素敵ですね!!

 

Posted at 2014年05月02日 16時44分58秒  /  コメント( 0 )

天国の大切なあなたへ

 




遠い 空の むこうへ 旅立った

  

大切なあなたへ

  

いま 何をしていますか?

  

寒くないですか?

  

淋しくないですか?

  

そこは どんな場所ですか?

  

ゆっくり休めていますか?

  

誰かと一緒にいますか?

  

笑えていますか?











私ですか?



目の前の 全てが 消えてしまった



そんな日々を 過ごしていました



どうしていいか わからない



そんな日々を 過ごしていました



歌をわすれたカナリアのようでした


  
笑うことを忘れそうになりました



じぶんの身体が なくなった氣がしました



そこは すべて「無」の世界でした



でも すこし歩けそうな氣になりました



うん 歩き出そうと思うようになりました




 

  

 



こころが 空っぽすぎて 淋しいので



こころに お花のたねを まいてみようと思います



お花が たくさん咲くまで



まだ 時間がひつようだと思います



でも 楽しみができました



まいにち お水をあげようと思います



大事に育てようと思います



お花が たくさん たくさん 咲いたら



一緒に見れるよね



一緒にみようね



最後のつぼみまで みんな咲かせてあげようね







    

Posted at 2014年05月01日 18時50分34秒  /  コメント( 0 )

深海サメって危険の香り??

  近頃、日本列島のまわりで深海魚が捕獲されたというニュースが

  大変多く聞かれるようになりましたね。

  ダイオウイカは何度もトピックスで紹介されています。

  4月24日には「リュウグウノツカイ」が長崎市沖の橘湾で

  定置網にかかっていたそうです。

  

  詳しくはこちらのブログで紹介されています。
   『真実を探すブログ』さまより
   http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2388.html
   長崎の橘湾で初めてリュウグウノツカイが捕獲される!
   静岡県で捕獲されたメガマウス。今まで90%を超える確率で
   大地震を的中させていた!





  上のブログにも書かれておりますが、

  4月17日に静岡県で深海サメ「メガマウス」が発見されています。

  大地震が起きるのでは?と皆さん不安になられているかもしれません。

  確かに通常は深〜い、深〜い海の底にいる生物が

  何で上へと上がって来ちゃったの?

  海底で、地球で何が起きているの??心配ですね。。



  ちょうど先月にお会いした方からサメの話しを聞いていました。

  よくクジラやイルカなども地震の前に狭い湾から動けなくなった

  などのニュースもあり、お知らせの役割があったように思いますが、

  サメの生態が解明できると様々な発見に繋がるようです。

  たぶん静岡県だったと思いますが、そこにだけ何故か多数の種類のサメが

  生息する海域があるそうです。


  とてもたくさんの種が生息しているので、有名な研究者の方々は

  そこを拠点に調べられているようです。

  そんなお話を聞いた矢先の「メガマウス」だったのでビックリです。




  では「メガマウス」ってどんな深海サメなんでしょうか?

  
   『サメ図鑑』より
   http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/4515/archiv.htm#megamouth



  一部引用

  発信器を用いた追跡調査から、本種の遊泳水深は昼間には120から170メートル
  付近の中層域にとどまっているが、夜間には水深10から20メートルの表層付近
  まで浮上してくることが分かり、このような垂直移動は餌生物の移動に関連して
  いることが示唆されている。

  引用終了



  あれ?餌食べに海底から上がってくることもあるんだ。。

  そーなんだ。。そん時、捕まっちゃったんかな〜?

  じゃー、超珍しくないなら大地震に繋がるとは限んないじゃん!!

  まーったく!ビビって損したよっ!!

  おっと!ちょっと、待っておくれやす〜、

  せっかくだから、もう少しお勉強しましょう!




   『サメの生態』より
   http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/4515/biology.htm#lorencini



  一部引用

  ロレンチーニ瓶(ロレンチーニ瓶)

  サメだけしか持っていない、この全く特殊な器官は、海の電磁波を感知する
  ためのものです。
  (略)
  これは動物が動く時にだす弱い電力を感知するためのもので、地球上に存在する
  動物のなかで最も優れています。
  (略)
  またこの器官は磁気も感知することができ、これが何の目印もない外洋の中で
  磁石の役割をはたし、正確な方角を知ることが出来るといわれています。

  また、最近発表された学説によると、サメはロレンチーニ瓶で弱い電流を知覚
  するだけでなく、水温も知ることができるかもしれないそうです。水温の変化は
  ロレンチーニ瓶に電気的な緊張を起こし、これによってサメは水温の変化を感じ
  とることができるのではないかと考えられています。ロレンチーニ瓶のなかに
  含まれているゼリー状物質の特殊なところは、イオン周波を介さずに、温度を
  電気的な情報に直接変換することができるということで、サメは摂氏1000分の1度
  まで感知することが可能であるといいます。

  もしロンチーニ瓶でサメが水温を知ることができれば、水温の変化によって生息
  する場所や震度を変える獲物の位置を正確につきとめることも可能かもしれませ
  ん。しかしながら、この学説が本当に正しいかどうかは、決定的な証拠がないの
  でまだはっきりと分かっていません。

  引用終了

  

  私は全くの素人ですし、ここから何か言える立場にはないですが、、

  この地球上、私たち人間が何でも分かっているはずがありませんし、

  だからこそ、大事に扱わないといけないんだと思うのです。

  ダイオウイカもリュウグウノツカイもサメ達も、もしかすると

  好き勝手し放題の人間の被害者かもしれません。


  いま、私たちができることがあるとすれば、

  地球に感謝し、生きとし生けるもの、

  共に生きる心を養うことが大切だと思います。


  でも地震が恐いと思うならば、

  備えあれば憂い無し。

  防災の準備をしましょう!!


  
  
  次回は、地域別にみる防災についてお話ししたいと思います。
  


  
  


  「オ〜レの出番はないんか〜い!!」



  

  

Posted at 2014年04月30日 19時25分03秒  /  コメント( 0 )

永い沈黙を経て・・・

 

 とても、とてもお久しぶりです

 どのくらいの時間が経ったでしょうか

 1ヶ月くらいの気がしますが

 もう秋がやってくるんじゃないか?

 そんな錯覚をおこしたりもします

 実際には二ヶ月半以上の時間が流れていたんですね






 私事ではありますが・・・

 2月1日、最愛の母がこの世を去りました

 脳出血で緊急搬送され

 27時間、家族皆で看病をしながら

 たくさんの方々が最後に会いに来て下さり

 そして最期は父、私たち子ども、孫に囲まれ

 穏やかに旅立ちました






 この二ヶ月半の長い時間

 精一杯、全身全霊で母を看取ったこと

 その余韻と

 現実の狭間の中で

 様々なことを内観し続けていました

 言葉にならない想いが溢れて

 言葉を失ってしまったようでした

 へその緒

 母乳

 母性愛

 過去世

 縁

 恐怖

 運命

 天命

 色んなことを毎日毎日、考えていましたね

 




 もともと母も敏感な人でしたので

 いつもお互い離れていても

 夢の中で交信し合っていたり

 こちらが氣を送ると敏感にキャッチしてくれる人でした

 今はより交信しあっている状況ではあります

 でも手の届くところで

 声を聞きながら会話をして

 触れ合うことができないのは

 何とも悲しいことですね。。

 




 気持ちの整理をしながら

 でもそうはいっても外の動きが慌ただしくなって来たので

 気合いを入れて歩き出しました






 お客様にも100%の対応ができずご迷惑おかけいたしました

 最期に、この大事な時間をそっと見守ってくれた

 スタッフ、主人、家族、友人に感謝するとともに

 再スタートを切りたいと思います

 今後とも宜しくお願いいたします



         2014.4.19 HIROMI(bebe)



SMILE Michael Jackson

   http://youtu.be/pyRa_ygq1nc
 

Posted at 2014年04月19日 17時24分55秒  /  コメント( 0 )

卒業旅行でアゲアゲ・テンション

  この時期 子ども達にとっての楽しみは卒業旅行

  高校生活を終えて

  大学生活を終えて

  仲良し仲間と記念の思い出旅行

  海外旅行に行くケースも増えています

  始めての海外旅行の子もいるでしょう

  家族で何度も行ったことがある子もいます

  短期留学した経験のある子もいますね

  海外行ったことあるよーっ!と言っても

  国が違えば文化も違う

  危険度も違うんです

  そのことをどこまで認識しているでしょうか?

  どこまで親御さんは教えているでしょうか?




  

  

  ちょっと気になる話しを耳にしたので

  今日は「海外に潜む危険」についてお話ししたいと思います

  これは卒業旅行に限ったことではないので

  これから海外旅行へ行かれる方もぜひ読んで頂きたいと思います




  日本人は平和ボケしていると何かにつけ言われます

  私もそう思います

  世界では 日本人=お金を持っている

  この認識は変わらず スリのターゲットです


  ヨーロッパなどではジプシーの子ども達に囲まれ

  大きな紙を目の前で広げられ その紙の下でササッとバッグから

  お財布やパスポートを抜き取られる

  すぐさま その盗んだものは仲間内で渡していくので

  あっという間に 少し離れたところにいる大人に渡ってしまいます

  盗まれたことにも気付かず

  あの子達は何なんだろう?なんて笑っている日本人が未だにいます

  まして平気で尻ポケットにお財布を入れている人もいます

  その子ども達は大人もグルになっている

  スリ軍団以外の何者でもありません

  年々 手口はボランティアを装ったり変わっているようですが

  子どもをダシに使うしくみ自体は相変わらずのようです




  じゃー子どもに囲まれたら注意すればいいんでしょ!?

  いやいや そーじゃなくてね・・・

  目的地に着いて荷物を取りにターンテーブルへ

  日本人はなぜか早くにトランクを取ろうとして

  カートに貴重品の入ったバッグを置いたまま

  我れ先にターンテーブルへ・・・


  「盗まれちゃうよーっ!!!」

  ロンドンの空港内のカウンターで

  置き引きにあった友人もいましたっけ・・・

  主人はブラジルからの帰りに預けたスーツケースから

  高級カメラだけが無くなるという珍事件にあいました

  貴重品は機内持ち込みすべきってことですね。。

  でも高級品じゃなかったけど

  何故か預けたバッグから お菓子が無くなってたという

  少し笑える話しもあります

  作業員が飛行機に荷物を入れながら「あ〜腹へった〜。これ食っちゃえ!」

  何故 食ったのか?そこにお菓子があったから・・・

  国が違えばモラルも違う。。

  


  ではスリだけがトラブルでしょうか?

  いえいえ!!

  これがラテン系の国だったり アメリカなどでは

  運が悪ければ 取られた挙句「バンッ!!」です


  最近 マカオやシンガポールの陰になってしまったラスベガスですが

  一流ホテルが立ち並ぶストリップ通り

  危険度が低く 親子連れも目立ちますが

  それは限られた場所だけの話しです

  その目と鼻の先にある質屋街

  そのあたりにBBQレストランなどもありますが

  夜そのエリアに立ち入る時は「ドアtoドア」が基本です

  お店の前で車を降りて お店を出たら車に乗る

  流しのタクシーを待つなんて 有り得ない話です

  暗くなったら歩いてはいけない場所

  近寄ってはいけない場所があるんです


  現地の友人は常に護身用のピストルを車に積んでいました

  ブラジルでは夜間や郊外など 赤信号で安全確認がとれていれば

  青信号と同じく進んでも構わないんです

  何故って!?赤信号で停止中にギャングに金品を取られ

  「バンッ!!!」されるからです

  走行中は安全だと言うこと。。

  終電で夜中の12時過ぎに駅から歩きながら帰宅する

  そんな日本ではちょっと想像がつきませんね

  でも事実なんです



  そんな話し知ってるよ!!

  そう言われる方もいると思います

  でも近頃の社会情勢をみていると

  日本人の「危機管理能力」の無さにヒヤヒヤします


  昨日 耳にしたお話ですが・・・

  親子で度々 ハワイを訪れていた家族の入国時

  何故か?長男(高校生)だけ入国審査で別室へ連れて行かれたそうです

  お父様はビックリされ 別室の前で大声をあげました

  係員は無視を続け 長男に質問を続けています

  日本の航空会社の方も来られて説明をしようとしたら

  「あなたも こちらの業務を妨害したことになりますよ!」

  そうとう手厳しかったようです

  何故 子ども相手にそんなことが起きたのでしょうか?

  以前 私も友人の結婚式でグアムに入国する際

  そのお式に参加する男性が別室に連れて行かれたことがありました

  ただし その男性は麻薬系の疑いをかけられやすいタイプだったので

  回りも「まーた やられてるよ!」と半分笑い話でしたが・・・

  税関や入国審査など いわゆる見せしめ的なことって

  残念なことにあるような気がします

  でも今回のこの男子の件は「見せしめ」とは違うようです

  勿論この男子は無実です

  しかし そういった家族で目をつけられないような形で

  麻薬を持ち込むケースがあるからこそ

  入国管理が厳しくなっているようです


  確かにワイキキあたり、私も「マリファナいる?」と

  真っ昼間に声をかけられました

  国によっても麻薬の刑は違います

  またアメリカから日本へ帰る出国の際

  ある女子がボディーチェックの後にブーツを没収されたそうです

  靴底が怪しいからと・・・

  これも麻薬系の疑いですね。。

  徹底的に調べるわけでもなく ブーツ没収ってなんなの??

  その女性は靴が何もない状態にもかかわらず

  係員は「ネクスト!(次!)」と自分の仕事を続けたそうです

  靴がないんですよ!!

  てことは空港内で何かしら履物を買わなければいけないんです

  こういう時 もしあなたなら どうしますか?

  私?私はいつも抗議します(笑)

  英語が通じてなくても抗議します(笑)


  それと・・・フェラガモの靴はいいですが

  ピーッと鳴りやすいので旅の行き帰りは履きません。。




  さて・・・次回は旅にまつわるお話〜テロ・事件編〜です

  

  

  

  




  

Posted at 2014年01月30日 18時08分04秒  /  コメント( 0 )

ノロウィルスって何なんだ!?

  毎日、毎日ノロウィルスの話題が多いですが・・・

  もともと風邪を引くって

   扁桃腺が真っ赤っかになって高熱がでるタイプ

   高熱はでないけど咳がひどくて気管支炎のようなタイプ

   下痢と吐き気で消化器にでるタイプ

  いくつか種類はありますよね

  安静にして とにかく睡眠とって

  そうやって治していたんですがね・・・

  



  過去にも急に出てきた名前でブームとともに

  あれっ?消えた?謎のウィルス騒ぎ。。

  毎年騒ぐのはインフルエンザ。

  我が家に関して言えば誰もワクチンを打たないし

  老人含めて誰ひとり発病したことがありません

  普通の風邪もひかないですね。。

  風邪をひくと私に「風邪は邪気から!!」と言われるのがイヤで

  気合いでひかないのかもしれません(笑)

  ただしワクチンは医療関係・施設関係は何か起きてでは遅いので

  接種する方は多いですし それはお仕事上 仕方ないなと思います

  その他 大腸菌O157も大騒ぎでしたよね

  SARSな〜んてのもありました

  鳥インフルエンザ・・・etc

  以前ブログでもお話ししましたが

  成人T型細胞白血病はウィルス感染で発病する白血病

  その3年後くらいに発見されたAIDS

  調べたら不思議な感染症はたくさんあります


  海外へ行く時に 日本ではほぼ報道されてないけど

  現地では話題になっている症状なんて〜のもあります

  どこそこあたりの空港はちょっと質の違う咳がでるウィルス

  流行ってるよ・・・みたいな。。

  日本において今年はノロウィルス

  毎日TVをつければノロウィルスの話題です

  どこどこで集団感染!!とか

  学校給食を休止!とか 

  ご両親はお子様の学校給食は大丈夫か?とても心配されています

  が、、ネットでも話題になっていますが

  去年ノロウィルスワクチンが開発されているそうです

  あ〜じゃぁ 来年はワクチン打った方がいいね!!

  な〜んて話しではなく



  ワクチンが先か?

  ウィルスが先か?



  そうです。。鶏の論理です

  卵が先か?

  鶏が先か?




  まったくオカシな世の中ですね。。

  

  暖かくして しっかり寝て ニンニク梅漬け食べて
        http://cplus.if-n.biz/5002951/article/0421384.html

  健康に過ごしましょう^^

  

  

  

Posted at 2014年01月26日 16時01分37秒  /  コメント( 0 )

奇跡の巨大アメジストドーム

 お正月の疲れと寒さで

 何だかなぁ〜と お感じの皆さん!!

 昨日今日 悪戦苦闘しながら

 当店自慢のアメジストドームの動画をアップしました!

 見るだけでエネルギーチャージできる

 そんなパワー炸裂の石です!!




  

 


 アメジストは中国産がほとんどですが

 日本に来て どんどん色が抜けてしまう

 そういう石って多いんですよね

 でも当店のブラジル産の石は常にご機嫌伺いをしてるので(笑)

 とても元気な子達ばかりです

 お客様は まるでストーブにあたるように

 腰や膝や 痛い場所を

 アメジストの前でさすって行きます

 なんだかとげ抜き地蔵のようですね



 このアメジストに氣をおくと

 手のひらが赤くなって

 白いてんてんが出てきます

 しばらくするとピンク色の健康色に・・・

 実物ではないので確実に変化は難しいかもしれませんが

 敏感な方は動画でも感じると思いますよ

 また途中で出てくる手は私です

 その手のひらからの氣も感じてみて下さい

 ぜひ 意識してご覧になってくださいね

 報告お待ちしております




 エネルギーの高いものを見て

 この寒さを乗り切りましょう!!

 では うちの可愛い子をどうぞっ

 

  動画:奇跡のアメジストドーム
  http://www.youtube.com/watch?v=KDaxIiSmB9Q

Posted at 2014年01月10日 18時37分01秒  /  コメント( 0 )

2014はどんな年?

  



  昨日から本格的にお仕事が始まるEighty-Eightです

  さて お待たせしました

  2013から2014へ・・・

  その時のお話をしたいと思います

  

  大晦日はお正月料理の準備をしながら

  来客なしで静かに過ごしていました

  風助は く〜く〜リラックスして寝ています(笑)

  途中 年末に急遽はいったご相談を済ませ

  年越蕎麦を食べて

  のんびりと除夜の鐘を聞きました

  我が家は とても静かです

  でもその静かさが年末の緊急車両がけたたましく行き交う

  慌ただしい動きとはまるで真逆で・・・

  気になり 外へ出てみました




  静まり返る。。こういうことだなと思わせる位に

  不気味に静かだったんです

  それはある意味 自分が真空パックにされたよう・・・

  去年はベールに包まれている感触でした

  でも今年はもっと隔離されたような感じです

  ということは自分が守られているその外で

  いったい何が起きてるの??という感じ。。

  それはまさしく「気味が悪い」

  他に形容する言葉が見つからない・・・

  ただただ「気味が悪い」


  




  まずは年末にブログ等でもお伝えしたキーワードですが

   「ふるいにかける」
     真珠のお話
     http://cplus.if-n.biz/5002951/article/0418179.html

   「気持ち良く繋がる」
     楽しく幸せの連鎖をおこす!!
     http://cplus.if-n.biz/5002951/article/0418968.html





  これらのキーワードとは別にあまりご説明していないワードがあります

  もう少し様子を見てからと思っていましたが・・・

  「飲み込まれないように」

  昨年 何度もお伝えした

  「巻き込まれないように」

  それよりもワンランクアップした警戒モードです

  でも怖がらないで下さい

  そうならないように先にお伝えしていたワードが

  「ふるいにかける」「気持ち良く繋がる」なんです







  2013年は波が出た

  そんな中で 混乱している人達に巻き込まれないよう

  繰り返しお伝えしました

  いま2014年を迎え今後を考えると

  混乱している人達に巻き込まれた上に

  そちら側の影響に飲み込まれてしまう・・・

  悪い流れに引っ張られてしまう可能性を感じます


  ですので先にお伝えしていたのが

  「ふるいにかける」なんです


   

  
  人を切り捨てるようには受け取らないでくださいね

  物でも人間関係でもイメージが大事です

  

  

  「縁」という素敵な言葉があります

  でも「ご縁」には様々な「縁」があり

  「良縁」あれば「悪縁」あり。。

  「縁」は一生続くと思いがちですが

  自分に気付きを与える為の 一回だけの「ご縁」もあります


  そういった「ご縁」に感謝しながら

  これから自分はどういう未来を描きたいか?

  そんなことを感じながら「ふるいにかける」ことを

  意識してほしいんです

  引き出しだって 物がパンパン状態で

  奥に何が入っているか分からないんじゃ

  新しいセーターをしまう場所はないですからね〜





  
  なにか身の回りを「ふるいにかけて」

  空いたスペースに ポ〜ンと飛び込んできた現象

  それが とても心地よいものだったら

  「ふるいかけ」成功!!ですね

  人と人が繋がる

  気持ちよく繋がる


  あ〜なんか この人って安心するな〜

  そんな気持ちよく繋がるは

  「氣」を「持った」人々の集まりですから

  人間パワースポットなんです


  そうすると幸せの連鎖で また気持ちのよい「ご縁」が訪れてきます

  どんどんお互い楽しいことが起きてきます

  そこにまた幸せの連鎖が起こるんです

  誰が得した損をしたではなく

  持ちつ持たれつ


  み〜んなで 良かったね〜!そう言える

  そんな繋がりを持つことが

  混乱に飲み込まれない 身を守ることにも繋がると思います



  
  

  さぁどんな一年にしましょうか

  また気になるワードが出てきましたら

  「氣のお話」で順次お伝えしていきたいと思います

  
  

  

Posted at 2014年01月09日 12時05分17秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ