メインメニュー
氣のお話

大自然に抱かれて

  先日 スタッフがお母様とご一緒にフィンランドへオーロラを見に
  行きました

  私も一生のうち一度はオーロラを見るのが夢です


  
   


   
  帰国後 彼女にどうだった〜?と聞くと
  「オーロラって肉眼で見ると 緑色とかのカーテンじゃないんだよ!
  光ってるのは分かるけど・・・写真に写して初めて自分が知ってる
  オーロラになるんだ」と・・・
  えーっ!?そうなの!??
  ビックリしました

  で、、「じゃ〜がっかりだった?」と聞くと
  「そんなことはないけど 夜オーロラを見に行くのに
  スノーモービルで一面真っ白の中を走って行くのね!
  何もないんだけど まるで妖精に出会えた気分だった!!
  そう言って彼女は目を輝かせていた


  私たち人間は 都会のビル群に囲まれ
  雑然とした喧噪の中で日々過ごしている
  そこは 建物がある
      たくさんの人間がいる
      たくさんの物がある
      たくさんの音がある
  何かがあって当たり前になってる

  大自然に身を置くと 
  そこは 建物がない
      人があまりいない
      必要最低限のものしかない
      音がしない
  彼女の言う「何もない」になってしまう


  では ホントに何もないのか??

  そこには 雪がある
       月明かりがある
       月に照らされた光がある
       凛とした空気感がある
       木々がある
       雪解けのあとには草花がある
       虫がいる
       鳥がいる
       小動物がいる
       妖精がいる
       そこに存在する生命の音がある
  そして何よりも大自然のエネルギーがある


  私たちは目に見えるものを「ある」とし
  目に見えないものを「ない」と言葉上とらえるクセがある
  数字の「0」は 「ない」であり「ある」である
  ゼロ地場はエネルギーの高いパワースポットとなる


  「ない」 というと話は終わってしまう
  でもそれを「ある」と捉えるならば あなたの右脳は動き出し
  たくさんの想像力と たくさんの感覚を使い始めるだろう


  現代人が生き残るには 右脳をもっと使い
  大自然にある全てのエネルギーと共存することが
  唯一の手段なのではないでしょうか



   



   

  

  



  

Posted at 2013年02月24日 16時09分03秒  /  コメント( 0 )

過去と現在が繋がる日

 昨日 いつも健康に関する情報を下さる薬局やさんへ
 久しぶりに行きました

 いくつか皆さんにお勧めしたいものをチョイスしながら
 なんか物足りず・・・
 最近よくご相談をうける「身体のあちこちが痛い」の症状緩和に
 つながるものがないかな〜と 直感力の優れた奥様に伺うと・・・

 これなんかどうかしら?カルシウムなんだけど・・・
 出された商品は!!!
 20数年前に ストレスで何度も十二指腸潰瘍に悩まされていた時に
 主人と共に飲んで完治させた あの「電解カルシウム」だったのです!
 あの時は代官山の薬局やさんで 「これ効きますよ」と言われ
 胃を治す為だけに飲んでいました

 しかし医学に詳しいご主人から説明を受けると・・・
 これは 自然治癒力を上げる為の土台作りに適していると確信!!

 
  


 20数年ぶりの再会でした

 今後は おひとりおひとりに合った選び方・飲み方を
 カウンセリングでお伝えして行こうと思います
            →体調のご相談等のお問い合わせはこちらからどうぞ!


 午後から台東区のお店に戻り 仕事をかたづけていると
 男性3名のお客様がいらっしゃいました
 当店自慢の黄金の草「カッピンドゥラード」を気に入られ
 卸しはしてもらえますか?と・・・
 商品はほぼ手作りなので 大量生産はできません
 でもある数量でよろしければ卸売りもしています

 3月に横浜中華街で新規プロジェクトでお店をオープンするそうで
 で会社名をお聞きすると民族系雑貨で有名な「チャイハネ」さんでした

 家に帰り主人に話すと・・・
 あれ!?チャイハネのオーナーって俺の高校の恩師だよ!
 本郷高校のデザイン科の美術の先生だって・・・

 そういえば電解カルシウムを飲んでた頃
 主人が一冊の本を買ってきて これ俺の先生がだしたんだよ!と
 民族雑貨の本を渡されたのを思い出しました
 

 過去と現在が新たな形でつながった楽しい一日でした

 
 ご縁って 一度途切れたら終わりみたいなイメージありますよね?
 もちろん一度限りの ご縁もあります
 でも ひとつのサイクルで巡ってくるご縁もあるのです

 そーいえば あの人って忘れた頃にばったり会うな〜という方
 その出会いで何か気付かされて また会わなくなる
 でまた10年後とかに またばったり会う・・・

 
 電解カルシウムが繋げてくれた ご縁に感謝です!!
 
 
 
 

Posted at 2013年02月21日 15時15分47秒  /  コメント( 1 )

気になっていた15日

  先日 氣が集まっている日として2/15の話をしました

  今日 通勤の町中
  お店からの 外の眺め・・・

  雨降りなのに 消防車が多いです
  昨晩から 救急車も多いです
  消防車はサイレンを鳴らしていないのが幸いですが・・・


  なんか今日は緊急車両をよく見るな〜という日は
  「氣をつける」「氣をつけてね〜」はとても良い言葉です
  その言葉は 言霊となります

  自分自身で「氣」を身体にペタペタ貼って氣を身につける
  それは 身を守ることに繋がります
  昔話の「耳なし芳一」みたいですね

  日常 何気なく使っている日本語のかくれた意味を意識してみると
  とても理にかなっていると感心しますよ!!!

  もっともっと 日本語の美しさを大切にしましょう!!

  
  
  
  

Posted at 2013年02月15日 16時28分25秒  /  コメント( 0 )

気になる数字-1

 
 気になっている数字があります

 「917」
 
 これは9月17日なのか 9時17分なのか 917番なのか分かりませんが・・・
 気になっています
 その お誕生日の方から ご予約がはいるのかな?

 見すぎている数字 「1107」

 
 今週 人の氣が集中している日があります

   2月15日(金)

 楽しい日になるといいですね!


 ちなみに私のこういった直感はプラス思考でキャッチして下さいね!!!
 くれぐれも 怖いことを考えないように!!!
 
 そして いつもベールで包まれている安心感を意識して下さい!!

 楽しい三連休をお過ごし下さい


 

Posted at 2013年02月10日 16時50分55秒  /  コメント( 0 )

今日は新月

 2月10日 今日は旧暦の1月1日

 お正月です

 旧暦だと元旦は必ず新月になるそうです

 新月はなにかスタートさせたりするには最高の日です

 新たな決意を持って 力強く進める

 もしくは ま〜始めてみようかな?で 後押しされる日です


 今年にはいり 頑張ろうと思っていたらインフルエンザにかかり
 体調を崩していた・・・そんなアナタ!!
 なんか今イチ やる気のでなかったアナタ!!
 今日が元旦とリセットして 再スタートしましょ!!!


 どんな1年にしたいですか?

 希望をいっぱいリストにしましょう!

 無理かな〜 ダメかな〜 なんて言わないで!!

 さぁ!さぁ!!始めますよ!!!

 まだ オシリの重い人は 赤いものを身につけて
 エネルギッシュに行きますよ!!!

 それでも まだダラーっとしてる人は
 私のところに来て下さい!!!
 私があなたの背中をドーンっ!と押しますから(笑)


 今年は巳年ですから
 蛇に飲み込まれないように 気合いを入れて行きますよー!!!

 

Posted at 2013年02月10日 00時05分45秒  /  コメント( 0 )

「怒り」と「失望」

  ここ数日 「失望感」の氣を感じます

  それは私に限らず・・・

  とくにネットは電波を通して想念が飛び交うので一番分かりやすいです

  
  なぜ今 「失望」の氣を感じるのかなと考えました


  暦のうえでは立春を迎えました
  まだまだ冬真っ盛りの気温ですが・・・

  二年前のあの日 太陽の日差しがぽかぽか暖かかったと記憶しています
  そんな午後と打って変わって 大地が大きく揺れました
  追い打ちをかけるように また大地が大きく揺れ
  そして テレビでは血の気が引くような光景が映し出されました
  携帯が繋がらず 大事な人の安否を心配しました
  いたるところで動けず足止めをくらいました
  首都圏においても 次の日から スーパーは品薄状態
  人が押し寄せ 我れ先にお米やお水、電池を抱え
  ガソリンスタンドには長蛇の列
  そして さらに最悪なことが起こりました
  福島第一原発の爆発事故

  これでもか!これでもか!と押しつぶされたような気持ちでした
  被災地の方々は私などが簡単に言葉にできないほどの
  厳しい環境のなか 必死に生き抜かなければならない状況でした

  
  太陽のあかるさ
  肌で感じる気温と日差し
  乾いた空気の匂い
  
  いま少しずつ 二年目の同じ季節が近づいています
  頭で考えるより 身体はあの日のことを五感でよく覚えています
  頭で考えるより 心はあの日のことを深く感じていたのです

  
  あれから被災者の皆さんは必死で生きてきました
  その被災者の方々を支援する人々も必死で頑張ってきました
  子どもを守るため 立ち上がった多くの方々もいます
  あんな事故を起こしたのに何故 原発ありきなのか
  デモに参加し訴え続けた人々もいます
  この利権にまみれた世の中を追求し続けた人たちもいます

  「怒り」は時に行動する原動力になります
  正義の「怒り」で戦い続けた人が たくさんいます
  誰もが見返りなんて求めていません



  この二年で何が変わったかな?と考えるとため息が出る日もあります
  私もそうですが 「怒り」と「失望」のバランスが
  今「失望」に少し傾いているのかもしれません
  ここ数日 お店のBGMをお琴クラシックに変えたのも
  そんな心境を癒すためだったのかもしれません
  そんな時は無理をせず ショパンの英雄ポロネーズをお琴の音色で聞きながら
  メラメラと闘志が湧くのを待ちましょうかね・・・

  

  たとえ小さな光でも 見えている光は決して消えないから・・・
  だからまた明日から その光に向かって歩き始めるだけ・・・
  
  
  
 

Posted at 2013年02月07日 13時19分03秒  /  コメント( 0 )

節分の前に・・・

 2月3日は節分です

 今年はとくに運気に波がでているというお話をしているので
 季節の変わり目である節分を前にして ご予約をとる方が多いです

 変わり目は変化なので 邪気を払うにはベストですね。
 豆まきも そういった意味で行われています

 まぁ 邪気が・・・といって驚かせているわけではなく
 滞ったものを キレイに掃除するって感じですかね!
 流れの悪い水道管を パイプマンできれいにするようなものです

 日本は農耕民族ですので 四季折々の自然と共存してきました
 豊作を願い 子どもの成長を願い 八百万の神に日々感謝して生きてきました  
 それは今でも変わらないと思うのです
 たとえ私たちすべてが農業に従事してなくても
 日本人の「氣質」の部分なんだと思います
 
 多くの日本人がお正月に神社に参拝に行きますよね
 1年の計は元旦にあり
 襟をただし 無事にこの1年を過ごせるように ご挨拶に行く
 
 節分には 悪霊払い 無病息災を願い 豆をまく
 
 女子の成長を願い 女性の象徴の陽の果物である桃の季節で
 桃の節句を祝う

 桜の季節には お花見をする

 男子の成長を願い 病気に負けず育つように
 大きな鯉のぼりや かぶとなど強さの象徴を飾り
 夜は邪気を払うとされる菖蒲湯にはいる

 6月30日には 1年の折り返しで神社の「茅の輪」をくぐる

 七夕に願いをこめ 空を眺める

 お盆には 飾り付けをしてご先祖様をお迎えする

 十五夜に お月さまを眺め

 敬老の日に 祖父母に感謝する

 春と秋 お彼岸には家族でお墓参りをする

 子どもの成長を感謝して 七五三のお祝いをする

 今年1年を振り返り お世話になった方々へ年賀状を書き
 1年のほこりをとって 大掃除をして
 年神様をお迎えする準備をする


 時代はどんどん変わっていきます
 いいのか?悪いのか?刻々と変わっています
 でも この日本人らしさは 忘れられることなく大事にしたい
 日本人にとって重要なことだと考えています

 また今の若いお母さん方が それをお子さんに伝えられる
 世の中であってほしいと願います

 私たち日本人は 八百万の神に守られてきたのですから


   

 
 
 
 

Posted at 2013年01月31日 10時47分40秒  /  コメント( 0 )

ペットは分身

  当店Eighty-Eightでは ペット同伴でカウンセリングを受けられます

  なぜかというと ペットはよくご主人様のことを知っているからです
  ご本人が忘れていたり 気付いていないことも
  ペットはよ〜く理解しています
  先に ご主人の状態を訴えてくる子もいるんですよ
  ご予約前日の夜に 「氣」を飛ばしてくる子は多いです
  私はそれを画像やキーワードでキャッチしますが 
  その送信内容は お見事です!
 
  カウンセリング中 ご主人が感情の吐き出しを上手にできていると
  おとなしく寝ています
  すこし邪気を感じる話になると ソワソワしたり
  ひどいとテーブルから離れる子もいます

  カウンセリングは個人情報ですので お話しすることはできませんが
  日曜にご予約ではいられたお客様の愛犬があまりに可笑しかったので
  ご本人の許可を得て ご紹介させていただきます

  ある程度 話をさかのぼり整理した後で
  未来の夢や希望の部分のお話にはいった途端・・・


   


  私が相談者です!のごとく 身を乗り出して話を聞いています
  テーブルに上がるとかでなく
  テーブルに両手をついて「そうしましょ!はい!そうしましょ!」
  やる気満々で カウンセリングに参加してるのです
  さぁ!私についてきてちょうだい!とご主人を引っ張っているよう

  ペットは大好きなご主人の心の状況を瞬時に感じ取ります
  まさに「分身」
  自分の身を分けた存在なんですね

  ホントに愛すべき存在だな〜と 幸せな気分になりました

  

Posted at 2013年01月29日 00時11分58秒  /  コメント( 0 )

2013年 最初の満月

 

   



  今夜は満月

  2013年 最初の満月

  新しい年を迎えて・・・

  まだ心の中にもやもやしたものがある方

  お月さまの力をかりましょう

  気になる誰かと話してみましょう

  思わずでてきた言葉

  あふれでた感情

  じっくりみてみましょう

  手のひらで 受け止めてあげましょう

  それも あなたの大事な一部分

  あなたが生きてきた証

  もう いらない感情だと思ったら水に流してあげましょう

  春を迎える 心の準備をしましょう

Posted at 2013年01月27日 12時33分45秒  /  コメント( 0 )

ミッション(使命)

 福島県南相馬市
 震災後も自ら癌と戦いながら 屋内退避の住民を支え続けた医師
 高橋亨平さんが22日 お亡くなりになりました

 高橋医師は原町中央産婦人科医院の院長です

 南相馬市は原発事故で広い範囲が避難区域に指定され
 医療関係者も多くが避難しました
 高橋医師も一旦は避難されましたが 町に人々がいて
 医師の必要があるとわかり 病院へ戻られました
 それは 自分の使命だと思われたそうです

 しかしその後 癌が見つかりました

 町には頼れる病院がないので 患者さんは高橋医師のもとを訪れます
 自分も高橋医師にとりあげてもらったから 我が子もこの南相馬で
 高橋医師のもとで産みたいという妊婦さんもいました
 
 自分の大腸がんによる体調より 町の人々の為に・・・
 妊婦さんや幼児のいるお宅には 手弁当で除染もしました
 震災後70人の子をとりあげましたが
 最後まで除染との戦いだったようです
 それでも高橋医師は人生最後のミッションなんだと・・・

 「子どもと妊婦を大事にしない国に未来はない」

 怒りを込めて そう繰り返しおっしゃったそうです



 本当の福島の姿をメディアは放送しようとしません
 安全宣言をし 終わったことのような風潮を作り上げています
 私もカウンセリングにおいて大きな悩みを抱えています
 放射能被害は福島で起こったことで
 それはもう過去のことになってしまっているからです
 病気になってからでは遅いので 日々のケアのお話をしても
 聞きたくない方が非常に多いです
 だからといって不安感をあおるつもりはありませんが
 未病の段階での予防という方法があるのです

 子ども達を守るのは私たち大人の役目です
 それは大人の使命なのではないでしょうか
 未来を託す子どもが育たなかったら 未来はないのです


 私たちは また尊い命を失ってしまいました
 高橋医師のご冥福をお祈りいたします
 

Posted at 2013年01月26日 17時08分53秒  /  コメント( 0 )

前へ |  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  | 次へ