メインメニュー
氣のお話

5月10日の新月

  GW どのように過ごされましたか?

  思い切りリフレッシュした方

  連休中も お仕事だった方

  それぞれに お疲れさまでした




  みなさん体調はいかがでしょうか?

  ここ1ヶ月くらい体調を崩された方が多いと思います

  私自身もコントロールが難しく・・・

  でも 何とか乗り切りました

  それとたぶん 体調だけでなく心が乱れた方もおられると思います

  なんがか 急に過去のことやら忘れていた何かを思い出して

  心をかき乱されたり 涙したり・・・

  心の具合から 体調面に出た・・・なんてことも



  GWが終わったように その波も静かになったようです

  10日は新月です

  仕切り直し・再スタートにはベストな日ですから

  今日あたりから準備をしましょう!

  

  まずは この1ヶ月間を思い出してみて下さい

  感情面にでましたか?

  それとも体調面にでましたか?

  

  感情面が辛くなった方は そろそろ吐き出しと整理が必要ですね

  「怒り」や「悲しみ」は なかなか表現しづらく・・・

  どんどん溜め込んでしまう感情です

  でも溜め込んだ その感情は古くなればなるほど

  ガビガビに乾いて 剥がせなくなって心にこびり付いてしまう

  そして こびり付いた心は 動きが悪くなってしまう・・・

  感動できない 固まった心になる前に

  いつも フワフワのあったかいハートを取り戻しましょう!!!

  お友達に話すでもいいですし カウンセリングで整理するも良し。。

  体調面に出た方は 予防策を考えましょう

  生活リズムの改善はもちろん 自分の弱点を知り

  日々の生活で「氣を付ける」ことが大事です

  悪化したり病気になる前に 未然に対処する

  これを習慣にしましょう



  お月さまのサイクルで 心も体も健やかに・・・


  分からない事は いつでもお気軽にご相談くださいね!!
            → こちらからお問い合わせください
  

 
     



  

Posted at 2013年05月08日 17時41分59秒  /  コメント( 0 )

人生の回り道

  タイトル「人生の回り道」

  こう読んで みなさん何を考えますか?

  回り道は遠回りだから 失敗したんだと考える人もいると思う

  確かに 回り道をしたことで

  金銭を余分に使うハメになったり・・・

  労力を余計に使うハメになったり・・・

  時間を余分にロスしたりと 決して良いことではないかもしれない

  その場合 頭に描いているのは 一本のレールだと思うんです

  スタートはひとつ

  終着駅もひとつ



   

  

  果たして 人生において終着駅はひとつだけでしょうか??

  人は いくつもの可能性を秘めているんだと思うのです

  どなたも いくつもの選択肢を持っているんです

  目標を掲げるのと 自分の可能性を限定してしまうのでは

  大きな違いがあるかなって思います



  イタリア有名デザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏

  彼は医学部に進みながらも 服飾界へ入った経歴をもちます

  パートナーは建築士。。

  異色のコンビによる立ち上げです

  もし現代の日本で 自分の子にお金をかけて医学部へ入れ

  あげくに医者でなくデザイナーになりたい!なんて言われたら

  親はひっくり返ってしまいますよね・・・

  でもアルマーニは現在も世界のモードのトップに君臨しています

  建築的な美的感覚やデザインの構築

  医学的な人体ボディーのフィット感やシルエット

  他では真似の出来ない経験がアルマーニの全てなんだと思うのです

  彼らは空港でトランジットして 別の飛行機に乗り換え

  違う目的地点で優雅にバカンスを楽しんでいるかのよう・・・



  



  一本レールを進むのを止めて 乗り換えを決めても

  チケットを買うお金は必要だし

  重いトランクを受け取る労力も必要だと思う

  でも決めたら 後は覚悟を決めるだけ・・・

  フライト時間に遅れないように・・・

  

  次の飛行機に乗って 下界の景色を見たとき

  あなたは 今まで見た景色も経験も

  決して無駄ではなかったことに気付くはず

  如何様に その経験を調理してやろうか?

  楽しい人生計画を立てながら シャンパンで乾杯するんでしょうね!!




  決断力

  時に 思い切りの良さはとても大事です

  人生における時間 一瞬 一瞬を大切に・・・



  


  人生後押し 応援ソング!!

   Sergio Mendes + Brasil 66 MAS QUE NADA


  

Posted at 2013年05月06日 14時08分12秒  /  コメント( 0 )

シャクヤクの花言葉

  いま お店にはスタッフが自宅庭で育てたシャクヤクが飾られています



  


  花言葉 「優しい心」「恥じらい」「はにかみ」「内気」「清浄」


  シャクヤクの根は薬用に使われているんですよ

  鎮痛・鎮けいれん・婦人科全般・止血など

  こうしてみると気になる言葉があります

  「鎮」という文字

  例えば建物を建てる時に「地鎮祭」をしますよね

  鎮める・・・

  波を穏やかにする・・・

  「清浄」という文字

  清める・・・

  浄化する・・・


  今日 朝一番でお客様から お塩を頂いて「浄化」の話をしてたのですが

  いま思うと お塩はもちろんですが

  このシャクヤクも そういったお役目をしてくれそうなお花ですね

  とくに今年は巳年で波が出やすかったり

  また逆に リセット・再スタート・仕切り直しによい一年なので

  場や身辺を整えて スタートさせる・・・

  この時期 皆さんもシャクヤクを飾ってみてはいかがでしょうか




  お花って とても健気なんです

  お花の前で とても活気のある話をすると

  まだツボミなのにプクっっと膨れて 今にも開こうとするんですよ

  あと 仏様用に飾ったものは 枯れるのが早いですね

  まるで その場の悲しみなどを吸い取ってくれるように・・・

  お部屋の観葉植物などは みんなの疲れを吸いとって枯れたり

  場を浄化してくれたり・・・

  すごい お役目をひっそりとしてくれるんです

  だから「いつも ありがとう!」と声かけしたい存在です



  



  こうして文章にしていると

  「清く、正しく、美しく」

  最近は聞かない言葉になってしまいましたね。。

  こうして 今日もお花から教えられました

  精神性を高めるものが失われていく現代に失望を感じる今日この頃です

  みなさんはどうお考えになりますか?

  

  

  

Posted at 2013年05月04日 15時00分18秒  /  コメント( 0 )

今日の大仕事

 さてさて 今夜は満月です

 今日は朝から慌ただしい一日です

 

 母の介護や父の面倒を見てくれている姉が娘と一緒に

 実家に引っ越してきます

 朝一番で ネコの小春を連れてきたそうなんですが・・・

 これがまた一大事でして・・・

 小春はキャリーバッグに入れることもできない

 超恐がり・凶暴で ワクチン通院も断念したような子なんです

 (いつもは甘ったれの 可愛い子なんですけどね!)

 以前 キャリーバッグに入れたら暴れて壊されてしまいました

 引っ越しの気配を感じて 数日前から「フーッ!!!」と

 威嚇しまくっていたそうでして。。

 姉は40分 格闘して何とか無事に連れて行ったそうです

 で 逃げ出さないよう
 
 奥の部屋に閉じ込めたと。。

 小春 今日は頑張れして静かに耐えてちょーだいね!!(笑)



 で 私は午前9:30に父の前立腺ガンの検査結果を

 聞きに行く日でもあります

 普段の通院は 姉が付き添いますが

 今日は引っ越しもあるし

 内容的にしっかり聞かないといけない日は私が担当します

 病状をドクターから聞く時って

 本人はもちろん緊張しますよね。。

 でも以外と 家族の方が緊張して

 結果を聞いたけど さっぱり理解できずに帰ってきて

 他の家族に報告できないという場面がよくあるんですよ

 聞いたけど分かんないと・・・

 分からないまま 質問もしないで帰ってくるケースもあります

 まぁ 一方的に医学用語を並べまくってくるドクターもいますし

 5〜10分で患者をチャッチャと診なければならないわけで

 その場に余裕がないから ご家族だって聞きはぐっても当然ですが・・・

 その点 私はしつこく粘って聞きます!

 時折 素人らしからぬ質問をすると「医療関係者ですか?」と

 聞かれる事もありますが 大事な家族のことですから

 責任もって把握するのは当たり前の義務なんで動じません

 かりにカウンセリングで病院の付き添いをするならドクターに遠慮は

 できませんので・・・不親切な対応には ご家族が困らないように

 私がハッキリと質問しないとなりませんしね



 父を迎えに行き 車を走らせ 

 ラッキー車「8888」ナンバーを見て

 混雑する駐車場で すんなり車を停めて

 待たされる事なく 診察室に呼ばれ・・・

 ここまで 流れはとても良い

 そして結果は 4ヶ月のホルモン治療で腫瘍マーカーは

 40から0,23まで下がりました

 腎臓・肝臓・その他 異常所見はなく

 6月に画像検査の予約をいれてもらい

 ドクターも「薬がすごく効いてるね〜!検査が楽しみだね!!」と言われました

 父もホッとした表情です




 最近のブログでの記事は こういった家族の内容が多いのですが

 あえて 私個人的な問題を お話しするのは訳があります



 私はカウンセリングをしていますが パワーストーンなども取り扱っているので

 占い的な もしくはスピリチュアルリーディング的なものを

 求めてくる方もおります

 実際は その方その方により お話は様々ですが

 体調の状態をリーディングして 気功のように「氣」を

 直接いれる場合もありますし

 その方を お守りしている仏様からのメッセージを伝える場合もあります

 でも一番大事な事は 今をどう生きるか?なんだと思うんですね

 そうなると現実的な対処方法を お伝えしないと生活にならないんです

 「感謝」や「愛」「氣付き」は もちろん大切なことですが

 この社会で現実に生きる術・解決方法を伝えないと苦しくなります

 私が自身で乗り越えてきた事は 現実の生きた言葉であり

 ノウハウにもなると確信しています

 以前に 膠原病と向き合ってきた数年の話をブログにしましたが

 家族の問題は 少し抵抗がありました

 でも自分の目の前に起きた事は 社会の縮図でもあるので

 どう立ち向かってきたかを伝えるのは 今同じ悩みを持った方の

 サポートになると思うんです



 現実としっかり向き合って行くと 自然とトラウマが浮き上がってきます

 ただ単に トラウマからの心の傷をほじくり出すのではなく

 少しずつでもいいから自分らしく強く生きながら 

 実生活の中で克服していくことが大事だと思っています



 Eighty-Eight(カウンセリングルーム)のHPには

 「生き抜く力を養う為に・・・」という文字があります

 お店をオープンして 4ヶ月後に震災だったので

 イグアスの滝の画像と その言葉も一旦下げようかと悩んだ日もありました

 でも 私が伝えたい全てが その言葉にはあるので今もそのままです

 若い女性向きに もっと優しいお洒落な言葉の方がウケがいいかも

 しれませんが変えられませんでした




 相談者の方は私の見た目のチャラっとさと 話す内容のギャップに

 驚かれる事もありますが・・・

 それも私なので ご了解いただきたい(笑)

 しばらく個人的内容の記事が多いとおもいますが

 よろしかったらご覧になって下さい

 でも間に ハーフタイムで風助ネタはさみますのでご安心を・・・

 


 過去ブログ・・・「氣」で生かされた私の話 その1 リウマチ
          
         「氣」で生かされた私の話 その2 リウマチ

         「氣」で生かされた私の話 その3 敏感体質

         「氣」で生かされた私の話 その4 甲状腺

         「氣」で生かされた私の話 その5 師匠との出会い

         「氣」で生かされた私の話 その6 氣の病
         
         「氣」で生かされた私の話 その7 氣の病

         「氣」で生かされた私に話 その8 氣の病

         「氣」で生かされた私に話 その9 氣の病

         「氣」で生かされた私の話 その10 氣の病

 

Posted at 2013年04月26日 16時21分11秒  /  コメント( 0 )

明日は満月

 4月26日は 満月です

 昨日から 満月の影響で身体が(特にお腹が・・・)パンパン!!

 少しの量しか食べてなくても はち切れそう(笑)

 ここ最近の満月で 一番 溜め込んだものが多そうです

 これは 私個人の心の溜め込みというより

 地球エネルギーも影響していると思います


 今年は巳年で 波があると何度もお話していますが

 波がある・・・良い事もあれば 悪い事もあるってことで・・・

 そんな中で 溜ってしまったものは どこかで排出させたいものです

 デトックスですね

 身体のデトックスもあれば 心のデトックスもあり・・・

 便秘が続けば スッキリしたいのは当然のように

 溜ったものは 出しましょう

 机の引き出しが満杯だと 新しいものを入れるスペースはありません

 きちんと整理して いま必要な何かを入れる為の準備です

 
 出したいけど どうしていいか分からない方

 いつでも ご連絡ください

 心のデトックス サポートいたします

     カウンセリングお問い合わせはこちらから



  


  過去ブログ・・・月夜に感じること

          2013年 最初の満月

          新月と満月

 

   

Posted at 2013年04月25日 19時03分09秒  /  コメント( 0 )

母とのこと・・・精神安定剤について-2

  私が 母の異変に気付くのに さほど時間はかかりませんでした
  その頃 私は仕事で実家を離れていましたが 週に二日は実家へ戻っていました
  母が心配なのと 父の様子を見張る為でもあります
  夜 母と2人で晩酌をしていると そろそろ寝る時間だからと
  ハルシオンを飲みます
  お酒と一緒には飲んだらダメだよ!と言っても
  「そうなの?でも大丈夫・・・」と聞く耳持たずです
  で 家に帰る度に どんどんスーツやワンピースなどが増えています
  「これ いいでしょ〜!」そう見せつつも 着ません
  ただのタンスの肥が増えていくだけでした

  そのうち毎日 夜になると電話がかかってくるようになりました
  だいたい10時前後です
  私の仕事が終わって夕食をすませたのを見計らうように・・・
  そしてハルシオンとお酒で高揚し 誰かと話したい衝動を抑えきれず
  毎晩 毎晩 1時間 2時間と一方的に話します
  話の内容は ほぼパチンコの話です
  あの機械がこーであーで いくら勝ってどーだこーだと・・・
  よく分からない話を延々と・・・
  「ママ お薬飲んでるの?」と聞くと
  「よく眠れるからね〜」「大丈夫だから じゃ〜ね・・・」
  今度は 電話を一方的に切られます


  私にとって 薬を飲んでお酒も飲んで レロレロになっている母を
  見るのは あまりに堪え難い苦痛でした
  何故なら 友人が心の悩みから薬物に手を出し 死んでしまったからです
  ひとりは中学生の時 友人の彼がシンナーで嘔吐し窒息死しました
  もうひとりは ドラッグでハイになり飛び降り自殺しました
  20歳の頃から よく遊びに行ってたクラブで知り合った連中は
  ジャンキーが多く マリファナやドラッグでヘロヘロな奴らが多かったです
  数年間のうち 数人が自殺や病死しました
  警察に捕まった人間もいます

  私自身では その当時つき合っていた彼が やはりマリファナ好きで
  彼の身勝手さから私は 鬱状態になりました
  初めて精神科へいき 泣きながら症状を話し
  4種類の向精神薬やら睡眠剤やら処方され・・・
  薬を飲み始めた2日目に 友人が誘ってくれて食事に行き
  ついビールを飲み始めると・・・私はただのヘロヘロ連中と何ら
  変わらない状態になっていました
  次の日 彼に呼び出され会いに行くと その薬をくれと言われ
  私は 手首を切って自殺しようとしました・・・
  まったく切れないカミソリで 何度やっても切れないカミソリで・・・
  でも 血を見たら何かすべてバカらしくなり 薬を男に叩き付け別れました


  以来 私にとって薬物はにっくき敵のような存在で・・・
  ヤミで買おうが 医師の処方のもとであろうが許せなかったんです
  そう考えていた私が最愛の母の その姿を見て
  何とか止めさせよう 止めさせないとボロボロになってしまう
  どうにかして母を助けないと!!そう覚悟を決めたのでした


                母とのこと・・・精神安定剤について-3 に続く
  
  
   


  

Posted at 2013年04月21日 23時50分24秒  /  コメント( 0 )

母とのこと・・・精神安定剤について-1

  病院へ行き 診察をしてもらい「眠れないんです。」と言えば
  「じゃ〜安定剤を出しましょうね。」内科で当たり前のように
  処方してくれる
  「精神安定剤」字のごとく 良くなるはず的なネーミングですよね
  誰もが その落とし穴に気付かず簡単に飲んでしまう
  何故なら お医者様が出してくれるのだから良くなる以外に
  何も起きるわけがない お医者様がだしてくれたんだから・・・
  そして その夜 寝る前に「精神安定剤」を一杯の水とともに流し込む
  水色の楕円の薬・・・それはハルシオンという名前だった
  (ハルシオンは睡眠剤、抗不安剤として処方されます)


  


  

  祖父は20数年間 脳梗塞の後遺症で寝たきり生活でした
  絶対に病院も老人ホームへも行かないで俺は家で死ぬという
  祖父の固い意志のもと 母は自宅介護をしていました
  最後 家族みんなに看取られ 祖父が旅立った3ヶ月後
  母は疲労からか吐血してしまいました
  10日程 入院をし輸血まで至らずに無事に退院しました
  ただ 帰ってきても我が家には祖母がいます
  結局は介護が続くわけで・・・
  一年後にまた吐血しました
  その入院した頃に ハルシオンが処方されたのです
  「よく眠れる。」ということで・・・
  介護をしていると 夜中に気になって寝付けなくなる方が多くいます
  「よく眠れる。」という言葉は素敵な響きなんですよね

  その後 祖母も他界し介護という大仕事は終わりました

  母はとても純粋で思いやりのある人です
  いつも家族の為に一生懸命に尽くす頑張り屋さんです
  母の人生の中で この家に嫁いで義理の両親の面倒をみるのは当たり前で
  子育てをして 旦那の仕事を応援して 一家を支える
  自分のことは 後ででいい・・・そう思うような人でした
  母を一言で表すと「信念」ですかね・・・
  自分で決めたら弱音を吐かず 信じた道をまっすぐ進む
  昭和一桁生まれの 昔気質な母親でした


  しかし そんな母を裏切ることが起こりました

  
  父の愛人が発覚したのです
  その前も 遊びは多い父親でしたが それは違いました
  母も片目をつぶるでは 済まされないようなことでした
  一生懸命に介護をした挙句の目の前の状況は母が思っていたものとは
  全く違う 泥沼のような世界だったのです
  
  母は失った何かを求めるように 淋しさを埋めるように
  買い物とパチンコ そしてハルシオンに依存していきました


            母とのこと・・・精神安定剤について-2 に続く
  

Posted at 2013年04月19日 23時58分05秒  /  コメント( 0 )

母とのこと・・・介護について

  私の母は80歳になります
  先月 体調を崩し(軽い脳梗塞)入院となりました
  救急車で運んだ時は 意識が朦朧としていて
  ドクターからは最悪の場合の延命措置の書類を記入するよう渡されました
  家族で話し合い 父の精神的不安をサポートしながら看病を続けました
  みんなの祈りが通じたのか 母は大きな麻痺もなく現在も入院しながら
  経過をみています

  一ヶ月前は 家の中での歩行は出来ていましたが 入院を機に寝たっきり状態に
  なってしまい現在 少しずつリハビリを始めています
  お年寄りは骨折などして入院をすると 「一気にボケがすすんだ」という声を
  ご家族からよく聞きますが 母も年々「忘れちゃったわ・・・」が口癖で
  お料理の作り方や名前を忘れてしまったり 何度か見聞きしたものも
  「これ初めて!」と記憶が曖昧になっていました
  また一昨年の暮れあたりから バランスが悪くなり転びやすくなりました
  家事はできないし 無理はさせたくないし 父の生活(前立腺ガンの闘病中)も
  あるので去年秋から 私のお店で働いていた姉が仕事を辞めて
  実家の全てをやってくれています
  
  ただここで大きな問題があるのです
  家族の誰かが 親の面倒を看る・・・とてもいい言葉ですよね
  でも 介護は一日中しかも休みなしです
  なぜならそれは生活だから

  姉は独り身なので 自分で働いて生活していました
  介護をするということは お給料がなくなる・自分の老後の蓄えが稼げない
  ことでもあるんですよね・・・

  兄は父の跡を継いで社会福祉法人の理事長をしていて
  老人ホームや障害者施設などを運営しています
  私は小さな会社を経営しながらカウンセリングをしています
  どちらも世のため人のための仕事をしていながら
  実際の介護は姉だより・・・何とも情けない有様です

  姉が両親の介護は私がやりたいと言ってくれたことに
  ただただ頭がさがる思いで感謝しています
  でも現実問題は「ありがとう!よろしくね!!」ではありません
  姉の生活の保障をしなければならないからです
  並大抵でない労力に対する お手当でもあるんです


  現在 法律が変わる前に財産分与や自宅の名義変更などの問題が
  クローズアップされています
  認知症や家族間の問題で 一生懸命に介護をした人が何もしてない兄弟に
  親の財産を乗っ取られるなどの トラブルを耳にすることがあります
  我が家では 何度も家族会議をしながら
  姉に対する保証・協力の仕方・財産等の金銭に関わる問題等
  いろいろと話し合ってきました


  その他では 姉がひとりで抱え込んでストレスをためないように
  サポートするということもあります
  週二回の定休日は 私も看病や父の相手をします
  また 毎日その日あったことを話す
  考え込む前に クリアにするということは姉の負担軽減には
  大きいことと考えているからです
  母は入院してからは 幻覚のような症状がでてきました
  天井を見ながら ネコがいるとか 犬がいるとか 誰かがいると
  挨拶している日もあります
  でも普通の会話をする日もあって
  「火曜はお宝拝見の日ね!」と大好きなお宝鑑定のテレビの話もします
  母が壊れていくような不安にショックで胸が苦しくなる日には
  私が姉と話すことが 姉にとってのストレス発散だと思うんです
  姉妹で話せば 笑い話にできることもあるからです
  自宅にいる錯覚をおこしたり 家族が帰るとなると
  「靴をとって!」と一緒に帰りたがります
  毎日 後ろ髪を引かれながら家路につくのは悲しいことです
  帰れば 今度は父の食事の用意をするわけで・・・
  だから姉は一日中 フル回転で家族の世話をしてるんです
  
  昔 母が祖父母の自宅介護をしている手伝いをしましたが
  今 姉が両親の世話をしている姿をみて
  10代の時とは 私も考えることは違います

  祖父母の時は 母が具合悪くならないように・・・
  それだけの思いで手伝っていました
  真夜中に じいちゃんブザーが鳴ると飛び起きて階段を下りて
  じいちゃん部屋へ駆け込む!
  夜くらい 母をゆっくり寝させたい そんな毎日でした
  今は もちろん姉は我が家の大事な大きなお母さん的な存在なので
  倒れられたら我が家は大変です
  でも これは社会の縮図でもあるんですよね・・・
  これからの老人問題のあり方や
  家族のあり方
  日本の福祉制度のあり方
  人として どう年老いていくか・・・
  人間の尊厳とは?

  

  毎日の家族のことで いま私はあらためて考えるチャンスを頂いています

  私と姉の強力タッグで日々 支え合い奮闘しながら
  同じように悩んでるみなさんに 何かお伝えできるように
  しっかりと経験しながら 一日も早く母と実家で話せるよう願う毎日です



  


  べガスで遊ぶのをいつも楽しみにしていた母
  今でも べガスの話はハッキリと覚えています(笑)


  ベラッジオホテルの噴水ショー
  

Posted at 2013年04月18日 18時00分36秒  /  コメント( 0 )

月夜に感じること

  今夜は満月です

  東京はあいにくの雨で 桜の合間に浮かぶ満月を見れないのが残念です


   

  

  3月に卒業 4月に入学または入社

  3月にすでに 会社で移動になった方もおられます

  この時期は 新たな旅立ち・仕切り直しの時期ですね


  せっかくの仕切り直しですから

  今までの流れを断ち切って 希望の明日へと向かうチャンスでもあります



  当店でもパワーストーンを取り扱っておりますが

  このブームのなか 皆さんのお宅に

  使わなくなったブレスが ゴロゴロしていませんか?

  買ったときは 何かご利益を!!と思いながら

  しばらくすると放置されている石達・・・

  そしてまたご利益を求めて 新しい石を買う

  もちろん私も買って頂ければ売り上げになるわけですから

  有り難いです

  でも ブラジルや中国の水晶産地ではどんどん地面が

  掘り起こされています

  
  そこで ちょっと待ったぁー!!!

  
  今お使いの もしくは使わなくなったブレスを

  リメイクしてみませんか?



  ゴム直しをする!!・・・¥800

    ユルユル 切れかかったゴムのままじゃダメですよ!!

    ゴムのゆるみは 心のゆるみ

    切れそうなゴムで 頑張れるわけがない!!

    ゴムにハサミを入れて 悪いサイクルを断ち切りましょう!!

       

  石を復活・再生させる!!・・・¥1.800〜

    汗をかいたまま 一度も洗わずベトベトだってーっ!?

    邪気は気になるけど どうしたらいいもんか・・・

    まずは 古いゴムを断ち切る

    こちらで石の状態を見て メンテナンスします

    できれば 新しい風をいれる為に

    当店の石を2〜3粒足すことをお勧めします(1粒¥50〜)



     



   ご縁あって手元にきた石ですから 大事にしてあげて下さいね

   石の効能とかに振り回されず 自然を楽しみましょう!!

   気に入ったものを身につけることは

   「氣」が入る パワーを頂くに繋がるんです



   4月10日は新月ですので その前にメンテナンスをして

   新しい一歩を踏み出してみましょう!!

   元気のサポートいたします!!!

    

Posted at 2013年03月27日 15時10分29秒  /  コメント( 0 )

白龍の夢

 以前より 寝ている間に様々なメッセージを受け取るという話を
 過去ブログでお話ししたことがありますが・・・

 今朝3〜4時位に見た夢が あまりにリアルだったので記事にしようと
 思いました


 そこは とても明るい場所でした
 気付くと 主人と手をつないで山に登っており頂上に到着

 雲が真っ白に モクモクとあたり一面を覆い・・・



  

 
 すると真っ白い龍が現れ 雲間を泳ぎ始めました
 ウロコのひとつひとつまで ハッキリと見えます
 すーっと雲に隠れ見えなくなると
 別のもっと大きな白い龍が現れ ダイナミックに泳いでいます
 とても立派な髭をたくわえています

 大きな龍も雲の中へ・・・

 すると辺りが真っ青の晴天になり
 真正面から青緑の龍が こちらへやってきました

 その龍は突如 人の形になり・・・

 「卑弥呼さまの使いのものである
 卑弥呼さまより選ばれし 天女を迎えにきた
 そなたが そうであるか?
 いや違う・・・天女は処女であるはず
 そなたは そう見えぬ」

 いきなり現れて そんな失礼なことを言われても!!!
 しかしその時の私は白装束で 着物ドレスのようなものを身にまとっていました
 でも私は知らん顔して その使いをジッと睨みつけました
 すると 使いのものは諦めたのか納得したのか
 私を案内し始め 空へと続く細い橋を渡り始め
 私も後について 橋を渡ったところで目が覚めました



 さて・・・まだ暗い中 
 あれはいったい何のメッセージだったのか?
 誰かにお伝えしないといけないメッセージなのか?
 考えても考えても 検討がつきません


 
 もし私へのメッセージであるのならば
 お笑い芸人ハイキングウォーキングの「卑弥呼さま〜!」
 でないことを 切に願います・・・


   


 
 

Posted at 2013年03月21日 13時08分22秒  /  コメント( 0 )

前へ |  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  | 次へ